*

ダイナミック琉球はサッカーの応援にも使えるぞ!

夏真っ盛り。夏と言えば・・・?はい。やっぱり旧い我々「おっさん世代」は、夏の甲子園やね。もう見るだけで目がクラクラするというか、目眩がするぐらいの灼熱のグラウンドで白球を追う姿は、もう眩し過ぎて・・・ビール片手に見ないと倒れてしまいそう(←意味不明ーー苦笑)。

 

で、そんな甲子園を少しだけ垣間見るというか、垣間聞くときに、このごろよく聞こえてくるのがあのメロディ。

 

♪うみよ~~、いのりのうみよ~~、なみの~こえ、ひ~びくそらよ~~♪

 

♪だいち~ふみな~らしたたく、しまのてーくのひびき~~♪

 

これ、僕ら「狙い撃ち」で育った世代からするとメチャメチャ新鮮。でもメチャメチャええ感じやね。

 

いつごろからこの応援が拡がったのか。「昨年の夏の仙台育英から」というのが定説らしいが、とにかくこの応援スタイル、今までの応援とは少し違ってるよね。

 

まずソロが雄大に、そしてじっくりと、熱唱し、ファーストフレインが終わったあとに、全員がそろい踏みで熱唱・・・というか文字通りなだれ込んでいくスタイル。このなだれ込む寸前の数秒間が、なんとも言えずええ感じです。

 

で、太鼓がついてくるんですが、それもどちらかというとサンバのリズムに近い。昔々、あの長友が明治大学で怪我のために選手ではなくて応援団を務めており、その太鼓を打ち鳴らすリズムが抜群だったと聞いたことがあるけれど、その長友も顔負けのサンバのリズムがこのダイナミック琉球という応援にまさにバッチリと合ってます。

 

いいものはいい。オリジナルにリスペクトの念を払えば、別にそれを真似ても誰も文句は言えねぇ。

 

こちらは「イクマあきら」版。勇壮なPVです。最初一瞬「世良公則」かと思ったぜ(笑)

 

こちらは成底ゆうこ版(応援バージョン)。こっちもええよなぁ~。こりゃ、好みやね。

 

というわけでここで提案。

 

これ、誰かどこかでサッカーのスタジアムでもやりませんか?

 

タイミング的には・・・そうやねぇ~。パスばっかり廻してなかなかタテにボールが入らない、いつもの「廻し廻し病」が発病しかかる代表の試合のちょっとダラける25分~35分とか、60分~70分とか。

 

また、「ここぞ!」というコーナーキックでボールをゆっくりスポットに置いたときとか。

 

ぺナコの外5~7メートルの絶好のフリーキックを得たときのタイミングとか。

 

あるいは、キックオフ直前の全員が静まり返るまさにその時、やおら一人がスクっと立ちあがってソロで始めるとか。

 

いろんなパターンがあると思うんよね。

 

<Sponsered Link>



 

 

え?そういうんなら読裏さんがまず先頭に立ってソロやってよ!って?

 

うん。僕も声は通るほうだし、ソロで歌うのも全然やぶさかではないんやけど、スタジアムで観るより、ビール片手に採点している方が、歌うよりも好きなんで、今回は遠慮しとくわ(爆)

 

それにしても、最近の若い子は、センスええよなぁ~。よくもこの曲をこんな風に応援スタイルに仕上げたよ。たぶんこれ、しばらく続くというか、かなりの定番に、もっと言えばロングセラー応援歌になるような気がするなぁ~。

 

僕らなんかいまだに甲子園の応援といえば「狙い撃ち」やもん。んでもって、その「狙い撃ち」のメロディを聞いても、頭の中で浮かぶセリフは

 

「♪げー〇ー、〇ーりー、ホームラン~~!♪」 やもんなぁ~。(爆泣)

MoMA STORE

サイドバナー




関連記事

クリスティアーノ・ロナウドってなんやかんや言うて、メチャメチャ凄いんとちゃうのん?と、今思ってしまった理由。

17-18のチャンピオンズリーグは、グループリーグのステージが終わり、いよいよノックアウトステージへ

記事を読む

東西の2大ブロガーがビッグ対談!・・・2018ロシアワールドカップを大いに語る!の巻

2018ロシアワールドカップも4強が出揃い、残すところ準決勝と決勝のみ。ま、「3位決定戦」というお茶

記事を読む

地元ブラジルでノーゴール判定!?命知らずな審判にある疑いが

ブラジルのゴールが3度も取り消し!という事がコパ・アメリカのベネズエラ戦で起きました。 &nb

記事を読む

大杉漣さん逝く。サッカー界の名バイプレーヤーよ永遠に!

「大杉漣さん死去」。それは突然の訃報だった。「え?」っと思わず絶句した人もホントに多かったのでは?

記事を読む

僕らは連戦になるとこの選手の名前を叫んでいた。

レンセンブリンクが亡くなったらしい。クライフもいなくなり、また一人、あの時代のオランダの選手がこの世

記事を読む

南野は悪くない!?ドフリーは外れるものなのです!その根拠とは?

先日のアジアカップの1次リーグの第2戦。何とか日本は1-0で勝利をもぎ取りましたが、翌日の仕事場での

記事を読む

サウジ、敗戦後のロッカーでの会話。「強いものが勝つのではない~~」という言葉を知っているかい?

アジアカップのノックアウトステージ、ラウンド16で、サウジアラビアは日本に0-1で負けました。

記事を読む

謹賀新年 2020年も「サッカー」+「小ネタ」で勝負しまっせ!

  皆さん、明けましておめでとうございます。2020年が明けました!考えてみれば2008年

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

イニエスタよ!もうちょっとだけ、もうちょっとだけ、我慢してくれよん!

暑い。とにかくこの暑さは尋常でない。ほとんど毎日のように「熱中症」というフレーズが飛び交っている。先

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




入院のベッドで知った「6つの偉大なる質問の答え」

この数カ月、何かにとり憑かれたかのように、かなりの自分を追い込みながら

コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

→もっと見る

  • 2020年11月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券