*

ダイナミック琉球はサッカーの応援にも使えるぞ!

夏真っ盛り。夏と言えば・・・?はい。やっぱり旧い我々「おっさん世代」は、夏の甲子園やね。もう見るだけで目がクラクラするというか、目眩がするぐらいの灼熱のグラウンドで白球を追う姿は、もう眩し過ぎて・・・ビール片手に見ないと倒れてしまいそう(←意味不明ーー苦笑)。

 

で、そんな甲子園を少しだけ垣間見るというか、垣間聞くときに、このごろよく聞こえてくるのがあのメロディ。

 

♪うみよ~~、いのりのうみよ~~、なみの~こえ、ひ~びくそらよ~~♪

 

♪だいち~ふみな~らしたたく、しまのてーくのひびき~~♪

 

これ、僕ら「狙い撃ち」で育った世代からするとメチャメチャ新鮮。でもメチャメチャええ感じやね。

 

いつごろからこの応援が拡がったのか。「昨年の夏の仙台育英から」というのが定説らしいが、とにかくこの応援スタイル、今までの応援とは少し違ってるよね。

 

まずソロが雄大に、そしてじっくりと、熱唱し、ファーストフレインが終わったあとに、全員がそろい踏みで熱唱・・・というか文字通りなだれ込んでいくスタイル。このなだれ込む寸前の数秒間が、なんとも言えずええ感じです。

 

で、太鼓がついてくるんですが、それもどちらかというとサンバのリズムに近い。昔々、あの長友が明治大学で怪我のために選手ではなくて応援団を務めており、その太鼓を打ち鳴らすリズムが抜群だったと聞いたことがあるけれど、その長友も顔負けのサンバのリズムがこのダイナミック琉球という応援にまさにバッチリと合ってます。

 

いいものはいい。オリジナルにリスペクトの念を払えば、別にそれを真似ても誰も文句は言えねぇ。

 

こちらは「イクマあきら」版。勇壮なPVです。最初一瞬「世良公則」かと思ったぜ(笑)

 

こちらは成底ゆうこ版(応援バージョン)。こっちもええよなぁ~。こりゃ、好みやね。

 

というわけでここで提案。

 

これ、誰かどこかでサッカーのスタジアムでもやりませんか?

 

タイミング的には・・・そうやねぇ~。パスばっかり廻してなかなかタテにボールが入らない、いつもの「廻し廻し病」が発病しかかる代表の試合のちょっとダラける25分~35分とか、60分~70分とか。

 

また、「ここぞ!」というコーナーキックでボールをゆっくりスポットに置いたときとか。

 

ぺナコの外5~7メートルの絶好のフリーキックを得たときのタイミングとか。

 

あるいは、キックオフ直前の全員が静まり返るまさにその時、やおら一人がスクっと立ちあがってソロで始めるとか。

 

いろんなパターンがあると思うんよね。

 

<Sponsered Link>



 

 

え?そういうんなら読裏さんがまず先頭に立ってソロやってよ!って?

 

うん。僕も声は通るほうだし、ソロで歌うのも全然やぶさかではないんやけど、スタジアムで観るより、ビール片手に採点している方が、歌うよりも好きなんで、今回は遠慮しとくわ(爆)

 

それにしても、最近の若い子は、センスええよなぁ~。よくもこの曲をこんな風に応援スタイルに仕上げたよ。たぶんこれ、しばらく続くというか、かなりの定番に、もっと言えばロングセラー応援歌になるような気がするなぁ~。

 

僕らなんかいまだに甲子園の応援といえば「狙い撃ち」やもん。んでもって、その「狙い撃ち」のメロディを聞いても、頭の中で浮かぶセリフは

 

「♪げー〇ー、〇ーりー、ホームラン~~!♪」 やもんなぁ~。(爆泣)

MoMA STORE

サイドバナー




関連記事

ポイチジャパン船出のメンバー選出に一人肝入りの選手が!

ポイチジャパンの船出となるキリン・チャレンジ用の代表が選出されました。   そ

記事を読む

ドイツvsメキシコ戦の所感。やっぱ守備やなぁ~。もう一度アギーレを呼ぶ?

人はよくスペインのことを「無敵艦隊」と呼んでいるが、僕から言わせるとホンマの無敵艦隊こそドイツ。ドイ

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

ロシアW杯組分け決定!一番早い8つのグループ評価

ロシアW杯の抽選会が、モスクワ宮殿で厳かに行われ、我々日本代表は最終のH組、の、

記事を読む

遠藤保仁(ヤット)よ!君の夢と僕の夢を叶えるために、この移籍を実現してくれないか?

Jリーグが再開して、いよいよあの「イニエスタ」が神戸のピッチに登場した。ただ、そのプレーは、まだまだ

記事を読む

ストッキングをずらして似合う選手ベスト5の発表!

日本人は番付が大好き。お相撲さんの世界はもちろんのこと、毎年行われる「ヒット商品」だってしっかり番付

記事を読む

レアル・マドリ―移籍に選択肢は3つ存在!この気持ちわかるなぁ~。

レアル・マドリーにまた一人の男が移籍したようです。このクラブには、いったいどれだけのサッカー選手が、

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【タ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

ガンバ大阪の遠藤保仁、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が秒読みへ?

本日驚愕のニュースが我々の元に飛び込んできた(★)     あ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




1月17日、鎮魂の歌。「満月の夕」を

今年も1月17日がやってきました。あれから24回目。24年目となります

アジアカップのグループリーグ突破について(僕も)一言

2019年のアジアカップが始まってます。   日

日本のGK 仮面ライダー1号・2号 同時引退!

突然ですが・・・「ゴールキーパーってつくづく因果な商売やなぁ~」って、

自分が自分につながる道。カミーノ。

今回はスペインのお話しです。スペインと言ってもリーガー・エスパニョーラ

jリーグ初の女性監督誕生!

知ってる人は知っていますが、知らない人は全然知らないので、とりあえず「

→もっと見る

  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑