*

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

 

が、しかし、ばっと、ハウエバー!

 

サッカーは何もフリークだけのものではございやせん。子ども達もサッカーは大好きだし、そしてもちろん女性の方々だって。その女性だって誰もかれもが「小柳ルミ子さん」並みの知識があるとは限りません。はっきり言って「小柳ルミ子さん」は別格です。僕も彼女には到底追いつけない(汗)

 

そんな小柳ルミ子さんじゃない普通の人の中には、「今年から子どもがサッカーをやりはじめたので・・・」とか、「今度の彼氏がサッカー好きで・・・」などという「サッカー初心者」だってきっといるでしょう。「ワールドカップって見たことがないけれど、今度初めて見るワールドカップって凄く楽しみ!ドキドキ、ワクワク!」という人もきっといるでしょう。

 

というわけで、以前はスポナビさんにて「読裏クラブのワンツー通し」としてアップしていたこのブログも、新しくこの場所でアップすることになった以上、老若男女を問わず、サッカーに興味をお持ちの方以外も含めて「サッカーの面白さ」「サッカーの奥深さ」を改めてご紹介、ご披露させていただこうと思っています。でも、ちょっと「灰汁(アク)」は強いけどね(爆)

 

永久保存版!サッカー用語辞典

 

で、そんな新しい「読裏クラブ」のブログでは、サッカー用語を詳しく説明するシリーズを連載します。名付けて「小柳ルミ子さんじゃない、普通の主婦でも今日から解る!永久保存版サッカー用語辞典!!」

 

え?タイトルが長い?はい。スンマセンなぁ~。こういうベタさは新しいブログの場所になっても変わりまへんねん。なんせ、書いてる人間が同じでっさかい(爆)

 

と、いう長い掴みはこの辺にして。。。もっとサッカーを知るために!もっとサッカーを楽しむために!よりサッカーを味わうために!「聞きたくても聞けなかった言葉」や「よく聞くけど意味がまだよく解らないという言葉」を「わかりやす~~~~~く」解説していきます。

 

もうこの「読裏サッカー用語辞典」さえあれば、今年のJリーグも、今年のワールドカップも、今年のブンデスリーガも、今年のリーガ・エスパニョーラも・・・え?長い?はい。すんまへん!

 

では参りましょう!今回は【ヤ】【ワ】【ン】の巻きデス。

 

<Sponsered Link>



 

【ヤ】ヤット

ご存知ない方がおられるかもしれないので、改めてご紹介すると、私(読裏)は遠藤保仁のファンである。そして、遠藤の愛称(あだ名)が「ヤット」なのである。語源というか、由来は、彼の名前である遠藤【保仁】から来たようである。

 

 

関西(大阪)方面では「ガチャピン」なんてのもあるが、選手間では「ヤット」が昔からの呼び名であったらしい。今後サッカーを見たり聞いたりする方々、あるいはサッカー選手を目指す方々で、各選手や関係者から「ヤットさん」とか「ヤット」とかのフレーズが出たらそれは「遠藤」選手のことを言っていると思ってもらったらよいだろう。

 

 

「ヤットのようになれ!」とか「ヤットを目指せ!」と言うのも同様に「遠藤のようになれ!」や「遠藤を目指せ!」ということになる。ただし「何ヤットんねん!ヤットこさヤットらしく練習をヤットると思ったら!」というのは「何遠藤ねん!遠藤遠藤らしく練習を遠藤ると思ったら!」とはならない。正しい意味は・・・解かるよね?

【ユ】ユース

実はこのユースという言葉これはもう死語の世界になっています。今は味も素っ気もない「U-15」とか「U-17」とか。つまり何歳以下という表現方法です。でもまぁサッカーの世界独特の年代の区切りの中で「ユース」というのは独特の響きを持っているので、死語然となっているのを承知でご紹介しましょう。

 

 

基本的には「20歳以下」を指している言葉が「ユース」。あのユースホステルのユースですわね。あ、ユースホステルも死語か?(爆)日本で言うと「大学2年生」に相当する。日本は「高校」や「大学」あるいは「社会人」単位でサッカーチームは組織されるが、海外では「クラブ」であり、「クラブ」は単一なので、各カテゴリーを「年齢」で分けているわけ。

 

 

通常「トップチーム」が年齢無制限で、「若い選手のチーム」を「ユース」と称している。例えば「バルセロナ・ユース」とか「バイエルン・ユース」という呼称なら、チームは「20歳以下の選手だけで構成している」ことを言う。日本代表にも「高校」「大学」「クラブ」の枠を超えて「ユース(日本代表)」がある。「20歳以下」の選手なので、必然的に「若い有望選手」がその対象となり、世間的には「アイツはユースだ」というのは「彼はメチャメチャ巧い」という代名詞となり、「あのチームにはユースが3人もいる!」というのは「あのチームはごっつぃ強い!」とかの代名詞となる。

 

 

ただ本人はあまり自分が「ユース」であることを言わない方がよい。「俺、明日はユースの練習があるから、こっちの練習に出るのは無理や!」とか「今度の日曜は俺、ユースの試合があるから、こっちの試合には出られへんわ!」なんて言うと、同僚から激しく嫌われる。何故そう言い切れるか?というと、嫌った本人がこの辞書を作成しているからです。

【ヨ】予備動作

これはサッカーにおいては非常に重要な要素である。「事前に~~~しておく」という意味で「ルック・ビフォー」と類似しているが、予備動作は、より具体的な動作、アクションを指す。

 

 

例えば「前でもらいたければ、後ろへ行く振りをしてから(2~3ステップ後ろにダッシュしてから反転して前に出る)」や「右でもらいたければ、左へ2~3歩動いてから右へ動く」などが代表例。コーナーキックでせめぎ合うのは、狭い密集区域で予備動作そのものの動きを止めようとするからである。

 

 

TVで「いつもボールをフリーで貰っている」ように思う選手は、必ずその前に予備動作をいれており、そういう予備動作の巧拙などは、「現場」で見たりしないとなかなか解からない。「一流選手」であるかどうか?の判断の一つが予備動作であることは間違いない。

 

 

尚、私が現役時代に使っていた「後半にも体力が持つ(体力を【予】め【備】蓄する)ような前半の動き=別の言い方ではサボるとも言う」のことを予備動作とは言わないので注意が必要。

【ワ】ワールドクラス

最近の報道などではあまり使われていないが、これはサッカー界では有名な名詞、フレーズであり、洋の東西を問わず、かなりの場面で使われている一般用語。

 

 

またフットボーラーとしての最高栄誉のフレーズでもある。「ワールドカップで完全に通用するクラス」という意味であるが、一般的には「世界のどこに行っても通用する選手、プレー」のことを指す。使用例としては「あの前半22分に撃ったシュートは完全にワールドクラス」とか「あの選手は去年から既にワールドクラスであった」がある。

 

 

逆に「彼はまだワールドクラスではない」とか「ワールドクラスのプレーは少なかった」などの場面でも使う非常に重要な用語である。しかしながら、具体的に「何の何がワールドクラスであればワールドクラスと呼ばれるか?」という基準が海外も含めて多様であるところが面白い。読裏的に今回のW杯で言えば「メッシ」や「クリロナ」や「ネイマール」はワールドクラス、「エジル」や「ミュラー」はワールドクラス寸前、「本田」はあのFKだけが「ワールドクラス」である。人それぞれに「貴方の今回のワールドクラスは?」と問いかけるのも、その人のサッカー観や基準が垣間見れて面白いかもしれない。

 

【ヲ】ヲェ~~

選手の叫び声、奇声の一種。特に「ファウルを貰った」選手が審判にアピールする際に使う。類似語で「オェ~~!」があるが、それではアッピール度が弱い。「ヲェ~~!」は、「今の見た?俺のあの切り返し、完璧やったから、こいつ(DFのこと)は俺を止めるためには足を引っ掛けて止めるしかないってわけよ!?どうよ?そんな俺ってちょっと巧いやろ?」的な「自慢」と「得意げ」が「ヲ」には含まれる。

 

 

「オ」ではその「誇り」と「自負」が弱いわけである。ちなみに「ヲェ~!」のあとにセットで使われる用語に「ヤッテルやんけぇ~!」というのがあるが、これも正確には「ちゃんと見てくださいよぉ~!反則をやってるじゃないですかぁ~!?」というアピールだが、それでは前述の「自慢具合」が足りないので、この用語をセットするのが「一般的」。ただ日本全国共通かどうか?は定かでない。あまり「良い子」には奨められない「用語」ではあるが、「戦うことが本能」である選手がこの手の用語を使うことを筆者は認める立場を今後もとりたい。

 

【ン】ンな・・・アホな・・・

正確にはサッカー用語ではないが、【ン】では用語がないので、サッカーに関連する用語として出典。この表現は「信じられない」出来事や事柄やプレーが起きた際に使用する。

 

 

「ゴールキックがワンバウンドでそのまま敵ゴールに入ってしまう」とか「40メートルのロングパスがそのままゴールに入ってしまう」とか、「偶然の賜物」のようなプレー。

 

 

また信じられないようなスピードで敵を3~4人ゴボウ抜きするサイドプレーや、4人に囲まれているのに、一瞬のステップで4人全員を抜き去るドリブルなどが発生した場合に使う。

 

 

しかし、この場合「選手当事者」が言うセリフではなく、あくまで「観戦」していたり「ベンチ」に座っている選手、監督の立場が言うセリフである。茫然自失をよりリアリティーを出すために編み出された用語と思ってもらえばよい。

 

 

ちなみに【ア】行の巻もあります

で、こちらは【カ】行の巻です。

そして【サ】行もしっかりとお勉強できます。

【タ】行も盛りだくさんで充実しています。

この前は【ナ】行をご紹介しました。

【ハ行】をお勉強したいのならこちら。

【マ】を読みたくなったらこっちへどうぞ



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

12月1日、W杯抽選の時はポットとポッド。どっちが正しいのか?

W杯の出場を決めている国の人たちにとって、その前年の12月1日は我々サッカーフリ

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【タ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

ハリー・ケインが止まらない!それでも新記録の4年連続プレミア得点王にはなれない理由とは?

ハリー・ケインがまた点を獲った。というニュースを見ても、もう何も誰も驚かない。どちらかというと「へぇ

記事を読む

「読裏クラブのワンツー通し」が遂に書籍化決定へ!?

スポナビさんにて、2008年から始めたブログ「読裏クラブのワンツー通し」が、この春になんと!「本」に

記事を読む

フェリペ・コウチーニョのバルサ移籍を誰よりも先に知っていたのは誰だ?

とうとうというか、いよいよというか、やっぱりというか、ついにというか。。。  

記事を読む

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」と聞いて直ぐに思い浮かべるのは

記事を読む

日本代表の問題点を一気に解決する方法を知ってるんやけど、知りたいですか?

今回のネタは、このタイトルそのものです。日本代表は先の欧州遠征で1分1敗の結果に終わりました。ただ、

記事を読む

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かすれば世間はGWだ。あ、GWとい

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おう

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かす

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」

後任は西野さん?ハリルホジッチ電撃解任で遠藤復帰も!?

ハリルホジッチ解任!の一報が携帯の速報で朝一番に飛び込んできました。ち

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑