*

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

 

が、しかし、ばっと、ハウエバー!

 

サッカーは何もフリークだけのものではございやせん。子ども達もサッカーは大好きだし、そしてもちろん女性の方々だって。その女性だって誰もかれもが「小柳ルミ子さん」並みの知識があるとは限りません。はっきり言って「小柳ルミ子さん」は別格です。僕も彼女には到底追いつけない(汗)

 

そんな小柳ルミ子さんじゃない普通の人の中には、「今年から子どもがサッカーをやりはじめたので・・・」とか、「今度の彼氏がサッカー好きで・・・」などという「サッカー初心者」だってきっといるでしょう。「ワールドカップって見たことがないけれど、今度初めて見るワールドカップって凄く楽しみ!ドキドキ、ワクワク!」という人もきっといるでしょう。

 

というわけで、以前はスポナビさんにて「読裏クラブのワンツー通し」としてアップしていたこのブログも、新しくこの場所でアップすることになった以上、老若男女を問わず、サッカーに興味をお持ちの方以外も含めて「サッカーの面白さ」「サッカーの奥深さ」を改めてご紹介、ご披露させていただこうと思っています。でも、ちょっと「灰汁(アク)」は強いけどね(爆)

 

永久保存版!サッカー用語辞典

 

で、そんな新しい「読裏クラブ」のブログでは、サッカー用語を詳しく説明するシリーズを連載します。名付けて「小柳ルミ子さんじゃない、普通の主婦でも今日から解る!永久保存版サッカー用語辞典!!」

 

え?タイトルが長い?はい。スンマセンなぁ~。こういうベタさは新しいブログの場所になっても変わりまへんねん。なんせ、書いてる人間が同じでっさかい(爆)

 

と、いう長い掴みはこの辺にして。。。もっとサッカーを知るために!もっとサッカーを楽しむために!よりサッカーを味わうために!「聞きたくても聞けなかった言葉」や「よく聞くけど意味がまだよく解らないという言葉」を「わかりやす~~~~~く」解説していきます。

 

もうこの「読裏サッカー用語辞典」さえあれば、今年のJリーグも、今年のワールドカップも、今年のブンデスリーガも、今年のリーガ・エスパニョーラも・・・え?長い?はい。すんまへん!

 

では参りましょう!今回は【サ行】の巻き。

 

<Sponsered Link>



 

【サ】サイドチェンジ

文字通りサイドを替えること。つまり、右から攻めると見せかけて左から。左から攻めると見せかけて右から攻める。「あっちがダメならこっちから」「そっちがダメならこっちもあるデヨ」という戦術。

 

一般的には一本の大きなロングパスを使って、サイドをチェンジするわけだけれど、たまに何本もパスを使ってようやくサイドを替えるということもある。某アジアの某青いユニフォームの某代表チームなどは、その傾向が強く、「各駅停車のようだ」と、今はもう故郷に帰ってしまった「オシム師」からその遅さを指摘されたりもした。

 

ヨーロッパのサッカーとアジアのサッカーの最も大きな違いの一つがサイドチェンジのボールの速さと正確さだと言われている。ちなみに速度を替えるのはギア・チェンジ。でも最近はオートマやから替わる瞬間もようワカランようになってきてるけどね。

 

【シ】シュートレンジ

シュートをレンジでチン!することではない(誰もそんなことはしないが・・・)。一般的に使われるのは、「シュートを撃てる距離」とか「シュートが撃てる範囲」とかを表わす。

 

「あいつならもうここがシュートレンジや!」という表現をする。この場合、人よりも遠い距離から撃てるという称号の意味を含む。

 

解り易い例を使うと、ルーニーやフェルナンド・トーレス、ドログバなどのシュートレンジは約25メートル~30メートルぐらい。松井や憲剛で15メートル~20メートル。岡崎や大久保で5メートル?で、ソウタは?因みに「イブラ様」のシュートレンジは無限大です。

 

【ス】スルー

パスを貰うふりをして、まったくボールに触らずに、後ろの選手にボールを渡すこと。このプレー、案外に意外性を持つので、ぺナコ(ペナルティエリアのことをココ、「読裏クラブのワンツー通し」ではペナコと呼んでいます。覚えておいてね!)で決まるとかなり有効。

 

基本的には後ろの選手がボールを貰えるかどうか?を判断できるので、前の選手に触って欲しくない場合は「スル~~~!」と、大きな声で叫ぶ(指示をする)。すると自分にボールが渡ってくる。

 

現役当時に、練習試合で、マークすべき敵の先輩選手がボールを貰う瞬間に「スル~~!」と叫んでマンマとマイボールにした選手がいた。僕は・・・あ、いや、その選手は、その先輩からあとであとでこっぴどく怒られ、こっぴどく叱られ、それからもネチネチとそのプレーの事で嫌味を連発された。

 

ので、くれぐれも良い子のちびっ子達は、そんな真似はしないように。「スルー!」の言葉を掛けるのは、味方だけにしよう!

 

【セ】セットプレー

ボールが止まった状態から始めることが出来るプレー。一般的にはゴールキック、コーナーキック、フリーキックがある。いずれもボールは静止しており、蹴りたい時に蹴りたいように(誰にも妨害を受けずに)蹴ることが出来るので、得点に非常に結びつきやすい。

 

近代サッカーでは「得点の3~5割はセットプレーから」とも言われる。もちろんPKもセットプレーの一つであるが、PKをセットプレーとは普通は呼ばないので注意すること。

 

また、当然のように、「二人で一人前」のようなプレー、「三人でようやく一人分の仕事しかできない」ようなプレー、つまり「セット組」のプレーのことではないので、注意すること。また、「一人で二人前の仕事をこなす大変お得なセット」的なプレーのことでもないので、それも注意すること。注意すること、多いよ!(爆)

 

え?「誰もそんなん思ってへん!」って?いや、一応、なんかオチをつけんと落ち着かない性格なもんで(苦笑)。

 

【ソ】ゾーンディフェンス

独特の専門用語。守り方の種類の名前。ゾーンディフェンスに対してマンツーマンディフェンスがある。マンツーマンが「一人に一人」という人を対象に守るのに対して、ゾーンは「地域」「場所」「ポジション」を担当する。

 

「お前のゾーンやろ!」と言われる場合は「この場所に入ってくるパスやドリブルはお前が止めるんやぞ!」ということで怒られていると思っていい。その時の反論は「こんだけフリー(の選手)がボコボコ入ってきて、ゾーン見れるかぁ!」というのが模範解答となる。

 

一般的にはマンツーマンは頭脳より体力を使い、ゾーンは体力よりも頭脳を使う。

ただ、「自分の受け持ち担当場所以外で危険な状態(点を入れられそうな状態)になった時にどうするか?」という、ゾーン特有の悩ましい問題が発生する。

自分の持ち場(ゾーン)を離れて、ボールを獲りに行ったり、FWをマークしたりするのか?それとも担当するゾーンを守るのか?多くの経験と素早い判断と冷静な反応が必要になってくる。そういう意味ではマンツーマンの方が楽だが、近代サッカーでは1対1ではほとんど負けてしまうので、基本はゾーンで守ることが多い。

マンツーマンを「一人(マン)で二人(ツーマン)を見るディフェンス」と思っている選手がいるとしたら、その頭脳(おつむ)ではゾーンディフェンスには向かない。

 

いかがでしたか?今回の【サ】行の巻。お勉強になりましたか?「こういう辞書が出るのを待ってたんですぅ~~」と、絶賛されている方がどれだけいらっしゃるかは解りませんが、コメントをいただくとまた励みになりますので、是非ご感想や、「この用語も説明してください!」てなリクエストも入れてくださいね。

 

※何か「この用語辞典、結局ネタ?」と思っておられる方がいたら、かなりの誤解です。あくまで主婦の方々にも解っていただこうと、ウィットに富んだ表現を心掛けているだけですんで。

 

ちなみに【ア】行の巻もあります

で、こちらは【カ】行の巻です。

 

 

 

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね。

サイドバナー




関連記事

スコアレスドローの「魅力と美しさ」をもっと知って欲しいです!サッカーは点が入らないから面白い!

スコアレスドロー。この言葉を聞いて何を想像されるだろう?    

記事を読む

ワールドカップの醍醐味!それは一にも二にも「星取り」である!

さあ!いよいよだ。いよいよあと数日でワールドカップが始まる。   「うん!そう

記事を読む

バルセロナがシメオネを一蹴。終わってみればやっぱりメッシ。

リーガエスパニョーラもいよいよ終盤に差し掛かってきて、首位バルセロナがこのままゴールのテープを切るの

記事を読む

フランス、気の抜けたシャンパン!まったく違う味で優勝。

ロシアワールドカップが終わりました。優勝はフランス。ま、今回のフランスは優勝候補の一角に名を連ねてい

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

「逃げれば狙われる」「立ち止まれば食べられる」クルピの言葉にあの師を思い出しました。

Jリーグも開幕して2節を終了しました。で、3節を迎えるこの週からはルヴァンカップがスタートします。

記事を読む

ヤンマーディーゼル化する?パナソニック

2017年シーズンでJリーグ制覇には届かなかったものの、ルヴァン・カップと天皇杯の2大カップを制覇し

記事を読む

コロンビア戦直前!歴代監督緊急座談会

ついにワールドカップが開幕した。そして『グループH』の初戦がもうそこに、本当にもうすぐそこ!に、やっ

記事を読む

最後の球回しはお見事!ポーランド戦の採点です

それではポーランド戦の採点です。 GK 川島 7.5 ようやく出ました!カワシ~マ、ビッグセービ

記事を読む

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かすれば世間はGWだ。あ、GWとい

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




秋は引退の季節。一人の男が引退を決めた理由に「それ、わかるな~」。

秋です。秋といえば?まぁ、いろいろありますが、これでもアスリートの端く

試合に負けて勝負に勝った!FC石破。次こそリベンジだ!

自民党総裁選が終わりました。結果は、「安倍晋三」現首相の3選。前評判通

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表さ

no image
パンペキ!ディミッタ~ル・ベルヴァ~ットフ!

僕の好きなプレーヤー。   「遠藤」・・・に、

天皇杯で見られる夢

日本サッカー最大のオープン大会、天皇杯。先週の週末から天皇杯が始まりま

→もっと見る

  • 2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑