*

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ナ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

 

が、しかし、ばっと、ハウエバー!

 

サッカーは何もフリークだけのものではございやせん。子ども達もサッカーは大好きだし、そしてもちろん女性の方々だって。その女性だって誰もかれもが「小柳ルミ子さん」並みの知識があるとは限りません。はっきり言って「小柳ルミ子さん」は別格です。僕も彼女には到底追いつけない(汗)

 

そんな小柳ルミ子さんじゃない普通の人の中には、「今年から子どもがサッカーをやりはじめたので・・・」とか、「今度の彼氏がサッカー好きで・・・」などという「サッカー初心者」だってきっといるでしょう。「ワールドカップって見たことがないけれど、今度初めて見るワールドカップって凄く楽しみ!ドキドキ、ワクワク!」という人もきっといるでしょう。

 

というわけで、以前はスポナビさんにて「読裏クラブのワンツー通し」としてアップしていたこのブログも、新しくこの場所でアップすることになった以上、老若男女を問わず、サッカーに興味をお持ちの方以外も含めて「サッカーの面白さ」「サッカーの奥深さ」を改めてご紹介、ご披露させていただこうと思っています。でも、ちょっと「灰汁(アク)」は強いけどね(爆)

 

永久保存版!サッカー用語辞典

 

で、そんな新しい「読裏クラブ」のブログでは、サッカー用語を詳しく説明するシリーズを連載します。名付けて「小柳ルミ子さんじゃない、普通の主婦でも今日から解る!永久保存版サッカー用語辞典!!」

 

え?タイトルが長い?はい。スンマセンなぁ~。こういうベタさは新しいブログの場所になっても変わりまへんねん。なんせ、書いてる人間が同じでっさかい(爆)

 

と、いう長い掴みはこの辺にして。。。もっとサッカーを知るために!もっとサッカーを楽しむために!よりサッカーを味わうために!「聞きたくても聞けなかった言葉」や「よく聞くけど意味がまだよく解らないという言葉」を「わかりやす~~~~~く」解説していきます。

 

もうこの「読裏サッカー用語辞典」さえあれば、今年のJリーグも、今年のワールドカップも、今年のブンデスリーガも、今年のリーガ・エスパニョーラも・・・え?長い?はい。すんまへん!

 

では参りましょう!今回は【ナ行】の巻きデス。

 

<Sponsered Link>



 

【ナ】流す

「そのまま(パスや攻め)の流れを継続する」という時に使う。「流しとけって!」という選手の声が聞こえればそれは、「パスが来た方向のままもう一度外側の選手にパスをしておけ!」という意味で言っている場合が多い。

 

また「流してよぉ~!」という選手の声が聞こえれば、それは、「今の(相手の)ファウルは笛を吹かずにそのままプレイさせてくださいよ」という意味審判に訴えている。

 

「もう流しとけって!」という選手の声が聞こえればそれは「もう無理せんと、このまま1-0で逃げ切るために、ボールをキープしろよ!」という意味で言っている場合が多い。

 

何故そんなことが解かるかというと、「経験者は語る」というやつである。

【ニ】ニア

ゴールマウスの近い方に位置するポジション。反対語は「ファー(フォア)」。

 

ニアサイドからゴールを入れるときには「ニアをぶち抜く」というフレーズがよく使われる。ダイビングヘッドが決まるのもニアサイドが圧倒的に多い。

 

クロスを入れる時は、ニアとファーがあるが、どちらかと言うと、速くて低いボールは「ニア」、カーブが掛かって大きいクロスは「ファー」ということになる。CLなどを見たり、最近のヨーロッパのサッカーを見ると、中へ入れるボールは圧倒的にニアが多いよね。それも非常に速いボールをマイナス目でニアにピンポイントに合わす感じ。

 

これは近代サッカーのGKの守備範囲が広がって、安易に長いボール(ファー)を入れてもほとんどキーパーにキャッチされるからだろう・・・と、読裏さんは勝手に推測しております。

【ヌ】抜く

ドリブルでマークしている選手を振り切る、置き去りにして、前に進んで行くこと。

 

この「抜く」という言葉は指示の仕方によって二通りの意味を持つ特別な言葉でもある。「もう抜いてまえ~~!」という指示がピッチから聞こえれば、それは「ここまで来たらクドクドとパスを廻さずに、ボールを持ったらドリブルで突き進んでしまえ!」という意味になり、「ここで抜くなよぉぉ~~!!(怒)」という指示が聞こえれば、それは「今ここで守備の致命傷になるようなサボるプレーをするな!」という味方からの叱咤や怒号の意味になる。

 

ちなみに私は「抜いてまえ」という指示も貰ったことがあるし、「ここで抜くなよぉ~~!」という指示も貰ったことがある。どちらかと言うと圧倒的に後者が多い。

【ネ】ネドベド

チェコの代表選手で同名の金髪の選手がこの用語の語源。

 

近年では「一流の技術を持ち合わせながら、労を惜しまぬ運動量を誇り、どの出場試合にも好不調の波なく頑張り通し、味方選手からの信頼も厚い選手」のことを指して言う。

 

使用例として「柏木陽介って日本のネドベドやんなぁ~?」などがある。

 

別の使用例としては「うちのチームにはネドベドがおんねんどぉ!」という場合もあり、これは「うちのチームにはテクニックも抜群やのに、ア○みたいに動きまくって、走りまくって、ディフェンスもしっかりと毎試合必ずやってくれる、ごっつい頼りになる奴がおるねんどぉ!」という自慢と威嚇の時に使う。

 

【ノ】ノールック

蹴る方向を、狙っている所を、見ずにキックすること。ノールックパスとかノールックヒールとかが代表的な使用例。類似語に「メ○○パス(蹴り)」というのがあるが、これはノールックパスとは全く違うので要注意。○○は自主規制のため、ご想像通りのカタカナを入力してください。

 

ちなみに【ア】行の巻もあります

で、こちらは【カ】行の巻です。

そして【サ】行もしっかりとお勉強できます。

【タ】行も盛りだくさんで充実しています。

 



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

サッカー好きの彼氏にピッタリのクリスマスプレゼントをご紹介します!

彼氏がサッカー好きの彼女は今年のクリスマスプレゼント、どういうものを考えているのでしょうか?サッカー

記事を読む

アルゼンチンvsアイスランド戦の所感。まぁこれがサッカーさ。しかしメッシよ、何しとんねん!

ワールドカップ2018。これまでグループAとグループBがあっという間に終わって、いよいよ今日から我ら

記事を読む

天皇杯決勝にサッカー界の大谷翔平登場!その選手の名は!?

1月1日の元旦。サッカーを愛する人ならば、元旦イコール天皇杯決勝。これがもう身体に沁みついていること

記事を読む

イニエスタよ!もうちょっとだけ、もうちょっとだけ、我慢してくれよん!

暑い。とにかくこの暑さは尋常でない。ほとんど毎日のように「熱中症」というフレーズが飛び交っている。先

記事を読む

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループBの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

スコアレスドローの「魅力と美しさ」をもっと知って欲しいです!サッカーは点が入らないから面白い!

スコアレスドロー。この言葉を聞いて何を想像されるだろう?    

記事を読む

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かすれば世間はGWだ。あ、GWとい

記事を読む

ワールドカップの醍醐味!それは一にも二にも「星取り」である!

さあ!いよいよだ。いよいよあと数日でワールドカップが始まる。   「うん!そう

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




抱腹絶倒サッカー中継「めっちゃ風邪ひいてんねん!」

今回は、まったく、他人様(=ひとさま)からの受け売りです。オリジナリテ

「ブラックホールで死んでみる」

僕は宇宙が好きだ。そして宇宙の事を知ろうとすれば、星のことや、光のこと

何故か不思議なセブンとイレブンの話!?

今回は「7」と「11」のお話し。   で、「7」

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦

アルゼンチンの兄貴と弟分の会話

弟分1)暑いっすねぇ~。兄貴!日本ってこんなに暑いんすか? &n

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑