*

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【マ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

 

が、しかし、ばっと、ハウエバー!

 

サッカーは何もフリークだけのものではございやせん。子ども達もサッカーは大好きだし、そしてもちろん女性の方々だって。その女性だって誰もかれもが「小柳ルミ子さん」並みの知識があるとは限りません。はっきり言って「小柳ルミ子さん」は別格です。僕も彼女には到底追いつけない(汗)

 

そんな小柳ルミ子さんじゃない普通の人の中には、「今年から子どもがサッカーをやりはじめたので・・・」とか、「今度の彼氏がサッカー好きで・・・」などという「サッカー初心者」だってきっといるでしょう。「ワールドカップって見たことがないけれど、今度初めて見るワールドカップって凄く楽しみ!ドキドキ、ワクワク!」という人もきっといるでしょう。

 

というわけで、以前はスポナビさんにて「読裏クラブのワンツー通し」としてアップしていたこのブログも、新しくこの場所でアップすることになった以上、老若男女を問わず、サッカーに興味をお持ちの方以外も含めて「サッカーの面白さ」「サッカーの奥深さ」を改めてご紹介、ご披露させていただこうと思っています。でも、ちょっと「灰汁(アク)」は強いけどね(爆)

 

永久保存版!サッカー用語辞典

 

で、そんな新しい「読裏クラブ」のブログでは、サッカー用語を詳しく説明するシリーズを連載します。名付けて「小柳ルミ子さんじゃない、普通の主婦でも今日から解る!永久保存版サッカー用語辞典!!」

 

え?タイトルが長い?はい。スンマセンなぁ~。こういうベタさは新しいブログの場所になっても変わりまへんねん。なんせ、書いてる人間が同じでっさかい(爆)

 

と、いう長い掴みはこの辺にして。。。もっとサッカーを知るために!もっとサッカーを楽しむために!よりサッカーを味わうために!「聞きたくても聞けなかった言葉」や「よく聞くけど意味がまだよく解らないという言葉」を「わかりやす~~~~~く」解説していきます。

 

もうこの「読裏サッカー用語辞典」さえあれば、今年のJリーグも、今年のワールドカップも、今年のブンデスリーガも、今年のリーガ・エスパニョーラも・・・え?長い?はい。すんまへん!

 

では参りましょう!今回は【マ行】の巻きデス。

 

<Sponsered Link>



 

【マ】マリーシア

最近は少し聞かなくなってきた「マリーシア」。ポルトガル語で「ずる賢い」とか「ずるい」あるいは「老獪さ」という意味。

 

サッカーでは試合運びの巧さや審判へのアピールの仕方、時間稼ぎのプレーなど、老獪に、したたかに、試合を進めることを指す。

 

南米の選手(国)が得意なプレーで「選手交代の時は歩いて出て行く」「ちょっとしたファールを大袈裟に倒れる」「痛くもないファールに大袈裟に痛がって、審判が「担架を出せ・・・」とアピールする。でもいざ担架が用意されて、「はやくいったんはピッチから出なさい」と、審判に催促されると急に治ってピッチを走り回る」「審判の見ていないところで、悪質なファールを繰り返す」などが代表的。

 

またマリーシアはプレーだけではなく、試合に臨む際の心理戦や情報戦のことも指す。試合前に相手チームを名指しで挑発したり、試合会場の宿泊施設のシャワーが水しか出ないとか、宿泊施設の周辺で深夜まで騒音が鳴り止まないことも、広義で言えばマリーシアな状況だと言える。

 

ある意味日本人がもっとも苦手としているプレーかもしれない。ちなみに筆者はアルゼンチン人だったので、このマリーシアなプレーの研究には人一倍以上に時間を費やした。

 

【ミ】密着(マーク)

相手の攻撃を止めるために、対応することをマークというが、そのマークの方法の一つ。マンツーマンのマークの一番厳しいマークである。

 

密着マークは基本的に自分のプレースタイルを捨てて相手のプレーを妨害することのみに専念するので、見方によっては非常に消極的なプレーと言える。密着される方は「暑苦しく」「鬱陶しく」「狭苦しく」「息苦しい」感じがして、サッカーをやっている気がしない。

 

実況で「○○○は今日は密着マークされています」と解説されていれば、○○○という選手は今「暑苦しく」「鬱陶しく」「息苦しい」と感じていると思って間違いない。何故そんなことが言い切れるかというと「経験者」は語るというやつである。

 

【ム】ムービングフットボール

最近流行の近代サッカースタイルの代名詞。前日本代表監督イビチャ・オシム氏が提唱していたサッカースタイル。「人もボールも動くサッカー」という言い方もされる。

 

オシム氏本人にこのサッカースタイルを確認すると「サッカーは人とボールが動くのは当たり前で、だから世界中のサッカーは全てムービングフットボールだ」という例によって「天邪鬼」な答えが返ってきたらしい。

 

ムービングフットボールの本質は、ボールをワンタッチ、ダイレクトで動かし、ボールを出した選手は次の受け手となるために、動き、ボールを貰う選手も、その次のボールの行方を予測して動く。人の動きとボールの動きが目まぐるしいが、ボールの流れ(動き)そのものは、一つの意思があるかのように、意図を持って模様を描くような様を言う。

 

現在でもっともこのフットボールを体現しているのは、スペインリーグのバルセロナ、代表レベルではチリ、そして絶好調時のリバプールとアーセナルのそれぐらいしかなく、近代サッカー究極の理想像である。(筆者の理解ではどれだけ絶好調でもマンUとチェルシーのサッカーは、ムービング・フットボールとは言わない)

 

【メ】メンタリティー

メンタルと同意語。選手の精神的な状態、或いは精神力を言う。使用例に「あの選手はメンタリティーが強い」とか「延長では選手のメンタリティーの状態いかん・・・」というものがある。

 

類似語に「モチベーション」があるが、「モチベーション」が「やる気」とか「気合」とかの動的な意味合いが強いのに対し「メンタリティー」は「平常心」とか「最後まで諦めない精神力」とかの静的な意味合いが強い。

 

その証拠に「今日はもうモチベーションがギンギンやで!」とは言うが、「今日はメンタリティーがギンギンやで!」とは言わない。

 

ちなみに試合前に「俺、今日はメチャメチャ燃えてんねん!モチベーション上がりまくりやで!」と盛んに公言している選手がいるとしたら、そいつは危ない。そういう選手は実は「今日はどうもやる気がでない」と思っているか「今日は俺、結構ビビってるねん!」と思っている・・・その裏返しの可能性が高いからだ。

 

何故そんなことが言い切れるかと言うと「経験者」は語るというやつである。

【モ】持つ(持ちすぎ)

ドリブルすることやパスをする前にボールをトラップすること、を含め、一般的な表現で「ボールを触っている」状態を、サッカー用語では「(ボールを)持つ」と言う。

 

「ペナコに入ったら持ってもええから!」と言えば「ペナルティーに入ったらドリブルをして仕掛けてもいいから」ということを指す。

 

また「持つ(持ち過ぎる)なぁ~~」という怒号がピッチから聞こえれば「ドリブルをせずにパスを出せ!」ということを指す。

 

持つことが「悪」だという風潮が日本サッカー界全体に流れているが、「持た」なければ「抜け」ないし、「抜こう」と思えば「持た」なければならない。

 

一般に「持つ力」は「個人の力」と比例する。「持てる選手」は良い選手の前提であることをもっと日本人は再認識すべきである。ちなみに「持てる選手」と「持てる男」は正比例も反比例もせず、まったく無関係と言える。

 

ちなみに【ア】行の巻もあります

で、こちらは【カ】行の巻です。

そして【サ】行もしっかりとお勉強できます。

【タ】行も盛りだくさんで充実しています。

この前は【ナ】行をご紹介しました。

【ハ行】をお勉強したいのならこちら。

 



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば、私(読裏)が、アルゼンチン人

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

やっぱりサッカーは〇〇〇やねぇ~!

最近は新しいサッカーネタが少なくなってきてます。その中で元々あまり書かなかった「Jリーグ」ネタとなる

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ナ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

秋の夜長に読む一冊「スティーブン・ジェラード自伝」

台風の被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます。 そんな挨拶が通常になる、台風

記事を読む

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外

記事を読む

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろんキリン・チャレンジカップでもな

記事を読む

ワールドカップ開幕直前!スイス戦の採点です

それではスイス戦の採点です。 GK 川島 6.0 そう言えば最近君のトレードマークの「どや顔」っ

記事を読む

阪急電車で聞いた「日本もここまで来たか」感の話

いやぁ~~、日本もえらい国になったもんです!! というのが本日のお題。   別

記事を読む

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




久保建英はワールドカップに何回出られるか?

まったく唐突ではあるが、我々の生活の中心、フットボールの世界の中心、W

勢いって何?勢いという名の生き物っているの?

どんなスポーツにも出てくる言葉があります。「勢い」って言葉。 &

FIFA会長の恐ろしい発言

「選手が別の場所でプレーすることを望んでいるのであれば、そうする方法を

バックパスは必要です!

今回は「バックパス」について触れてみたい。  

「よしなに」って何?

コトバは生き物。いろいろなコトバを見聞きするたびに、この事を痛感します

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券