*

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

公開日: : サッカー

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普通なら「ホームのマドリー」に軍配が・・・てな手はずなんだけど、今回は予想に反して、アウェーのバルセロナが3点差をつけて完璧なる勝利を飾った。

 

と、言うのが、凡その試合評だ。そらまぁ、得点だけを見ればその通りだろう。退場者を出したレアルは、最後は捨て身の怒涛をくり返すものの、そうなれば、広大に広がった裏のスペースをバルサに突かれるわけで、3点目はまさにそんな感じで、レアルにとってみれば「やられた」感はハンパない。

 

しかし、前半は、完全にレアルペース。コバチッチがメッシをがんじがらめにしようと、ピッタリマーク。その上、レアル全員がまるで10対10のマンマークマッチを練習するかのようにビッチリと密着して、あの華麗なるバルサのティキ・タカを封じ込めた。

 

出し手がなくなったバルサにレアルが襲い掛かる。ボールカット時は、バルサのパスミスのように見えるが、これもレアルの抜群の連携と距離感を保った守備網がなせるワザ。まさにホームのレアルがバッチリとゲームを支配した。もしクリロナの空振りがなかったら・・・。もしベンゼマのヘッドがもう少し中に入っていればた・・・。もちろん勝負ごとに「たら」「れば」は禁物ではあるものの、レアル先制というのも時間の問題かと思われた。

 

完全にジダンの戦略は、コバチッチシステムは機能していた。ただ、この中でちょっと異様なシーンを3回バルサに見せつけてしまった。実はこれが命取りになる。それはコバチッチが、なんとボールに行かずにメッシに付いたのである。サッカーのイロハのイ。DFのイロナのイ。それはボールにまず対応するということ。フリーの相手が自分に向かってきたら、自分のマーク相手は一旦放り出し手もその相対する相手に反応しなければならない。

 

もちろん超が付くほどのエリート軍団であるレアルの選手がそれを知らないわけがない。それでもコバチッキはメッシに付いたのだ。

 

ラキティッチはきっとこう思っただろう「こいつ・・・マジか?」と。「俺がドフリーでもメッシに付くのか?」と。そしてメッシもこう思っただろう。「もし俺がサイドラインの上でじっとしてても、こいつは俺にピッタリと付くのか?」と。

 

ちょうど、74年のW杯で、西ドイツのDF、フォクツが、オランダのクライフに完全密着マークをして、クライフがサイドラインを出て靴紐を結び直していたときも、なんとその靴紐を結ぶクライフをじっとそばでマンマークしていた・・・あんな感じだ。

 

<Sponsered Link>



 

後半になって、この前半の小さな発見が、大きなゴールを生むことになる。後半になってメッシの動きが明らかに変わった。最前線に入ってそのまま動きを止めたのだ。メッシに密着するコバチッチは、これで自然と最終ラインに重なり、埋もれる(中盤から消える)ようになる。メッシも消えるがコバチッチも消えた。そのお陰でカゼミーロとコバッチッチの間に今まで絶対になかった「大空間」が発生した。その大きな空間を、まるで大通りのようなぽっかり空いたスペースを、ラキティッチが独走で邁進する。

 

「おいおい、ホンマに俺に付かんとメッシに付くのかよ?オレ、もうここまで来てるんだぜ?ここからならドフリーでミドルだって撃てるんだぜ?」と言わんばかりにペナコまで一人でフリードリブル。さすがにラキティッチに付こうとした瞬間に、速攻での綺麗な得点が決まった。

 

今までのレアルでは考えられないような崩れようだった。この間、メッシは見てるだけ。でも、その見てるだけのプレーが予想外のスペースを作り出していた。

 

今まで僕はメッシというのはとにかくボールを触っている時だけがその威力を発揮する選手であり、システムやゲームプランや駆け引きや、そんなもんはほとんど考慮していない、そんな選手だと思っていた。もっと言うなら「ボール持ってるときだけやん」という・・・ちょっと見くびっていたのかもしれない。

 

このプレーがメッシ本人の判断なのか、監督の指示なのかは解らない。おそらくその両方なのだろう。それでもメッシという選手の底知れぬセンスを見せつけられた、そんな試合だった。この試合ではメッシがあの伝説のクライフになったかのように見えた。そう思うのは私だけだろうか?

 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

人口が減らない!「新潟・聖籠町」のヒミツはサッカーにあった!

先日のカーリング女子の「吉田知」選手の凱旋コメント「何もない町だよね?でも~~~」を聞いたときにはか

記事を読む

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

秋の夜長に読む一冊「スティーブン・ジェラード自伝」

台風の被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます。 そんな挨拶が通常になる、台風

記事を読む

4月を前に、知っておいて欲しい話です。「継続こそ力なり」。

もうすぐ4月です。   4月は新学期、新社会人、新生活の季節。いろいろ環境が変

記事を読む

CLの準々決勝カードが決定!さぁ、ここからがホンマのCLだ!

17-18チャンピオンズリーグの準々決勝カードが抽選の結果決まりました!改めてここでその4カードをご

記事を読む

『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おうおう、またガセかよ?」「ほぅ~

記事を読む

ストッキングをずらして似合う選手ベスト5の発表!

日本人は番付が大好き。お相撲さんの世界はもちろんのこと、毎年行われる「ヒット商品」だってしっかり番付

記事を読む

日本代表欧州メンバー発表!宇佐美、お帰り。中島、初めまして!そして、え?え?宇賀神!?

ロシアワールドカップの日本代表の最終調整の試合である欧州遠征のメンバー26人が発表された。 &

記事を読む

天皇杯決勝にサッカー界の大谷翔平登場!その選手の名は!?

1月1日の元旦。サッカーを愛する人ならば、元旦イコール天皇杯決勝。これがもう身体に沁みついていること

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おう

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かす

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」

後任は西野さん?ハリルホジッチ電撃解任で遠藤復帰も!?

ハリルホジッチ解任!の一報が携帯の速報で朝一番に飛び込んできました。ち

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑