*

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

公開日: : サッカー

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普通なら「ホームのマドリー」に軍配が・・・てな手はずなんだけど、今回は予想に反して、アウェーのバルセロナが3点差をつけて完璧なる勝利を飾った。

 

と、言うのが、凡その試合評だ。そらまぁ、得点だけを見ればその通りだろう。退場者を出したレアルは、最後は捨て身の怒涛をくり返すものの、そうなれば、広大に広がった裏のスペースをバルサに突かれるわけで、3点目はまさにそんな感じで、レアルにとってみれば「やられた」感はハンパない。

 

しかし、前半は、完全にレアルペース。コバチッチがメッシをがんじがらめにしようと、ピッタリマーク。その上、レアル全員がまるで10対10のマンマークマッチを練習するかのようにビッチリと密着して、あの華麗なるバルサのティキ・タカを封じ込めた。

 

出し手がなくなったバルサにレアルが襲い掛かる。ボールカット時は、バルサのパスミスのように見えるが、これもレアルの抜群の連携と距離感を保った守備網がなせるワザ。まさにホームのレアルがバッチリとゲームを支配した。もしクリロナの空振りがなかったら・・・。もしベンゼマのヘッドがもう少し中に入っていればた・・・。もちろん勝負ごとに「たら」「れば」は禁物ではあるものの、レアル先制というのも時間の問題かと思われた。

 

完全にジダンの戦略は、コバチッチシステムは機能していた。ただ、この中でちょっと異様なシーンを3回バルサに見せつけてしまった。実はこれが命取りになる。それはコバチッチが、なんとボールに行かずにメッシに付いたのである。サッカーのイロハのイ。DFのイロナのイ。それはボールにまず対応するということ。フリーの相手が自分に向かってきたら、自分のマーク相手は一旦放り出し手もその相対する相手に反応しなければならない。

 

もちろん超が付くほどのエリート軍団であるレアルの選手がそれを知らないわけがない。それでもコバチッキはメッシに付いたのだ。

 

ラキティッチはきっとこう思っただろう「こいつ・・・マジか?」と。「俺がドフリーでもメッシに付くのか?」と。そしてメッシもこう思っただろう。「もし俺がサイドラインの上でじっとしてても、こいつは俺にピッタリと付くのか?」と。

 

ちょうど、74年のW杯で、西ドイツのDF、フォクツが、オランダのクライフに完全密着マークをして、クライフがサイドラインを出て靴紐を結び直していたときも、なんとその靴紐を結ぶクライフをじっとそばでマンマークしていた・・・あんな感じだ。

 

<Sponsered Link>



 

後半になって、この前半の小さな発見が、大きなゴールを生むことになる。後半になってメッシの動きが明らかに変わった。最前線に入ってそのまま動きを止めたのだ。メッシに密着するコバチッチは、これで自然と最終ラインに重なり、埋もれる(中盤から消える)ようになる。メッシも消えるがコバチッチも消えた。そのお陰でカゼミーロとコバッチッチの間に今まで絶対になかった「大空間」が発生した。その大きな空間を、まるで大通りのようなぽっかり空いたスペースを、ラキティッチが独走で邁進する。

 

「おいおい、ホンマに俺に付かんとメッシに付くのかよ?オレ、もうここまで来てるんだぜ?ここからならドフリーでミドルだって撃てるんだぜ?」と言わんばかりにペナコまで一人でフリードリブル。さすがにラキティッチに付こうとした瞬間に、速攻での綺麗な得点が決まった。

 

今までのレアルでは考えられないような崩れようだった。この間、メッシは見てるだけ。でも、その見てるだけのプレーが予想外のスペースを作り出していた。

 

今まで僕はメッシというのはとにかくボールを触っている時だけがその威力を発揮する選手であり、システムやゲームプランや駆け引きや、そんなもんはほとんど考慮していない、そんな選手だと思っていた。もっと言うなら「ボール持ってるときだけやん」という・・・ちょっと見くびっていたのかもしれない。

 

このプレーがメッシ本人の判断なのか、監督の指示なのかは解らない。おそらくその両方なのだろう。それでもメッシという選手の底知れぬセンスを見せつけられた、そんな試合だった。この試合ではメッシがあの伝説のクライフになったかのように見えた。そう思うのは私だけだろうか?

 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

西野ブランド赤丸急上昇!セネガル戦の採点

それではセネガル戦(WC)の採点です。   GK 川島 5.5 出た出た出た出た~~

記事を読む

天皇杯決勝にサッカー界の大谷翔平登場!その選手の名は!?

1月1日の元旦。サッカーを愛する人ならば、元旦イコール天皇杯決勝。これがもう身体に沁みついていること

記事を読む

アルゼンチンvsナイジェリア戦の所感 でかした!ジャイアント・ロホ!ラスト5分のボレーシュート!勝った!勝ったでぇ~!?

アルゼンチンvsナイジェリアの所感。というタイトルですが。。。所感というよりは、歓喜という方が正しい

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

アジアカップで解った南米の人たちの気持ち

アジアカップが開催されて、大いに!?盛り上がろうとしている感じがしないでもない。そんな感じです。

記事を読む

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

強い勝ち方のスコアって?ポイチ・ジャパンは強いのか?

ここで突然の問題です。   皆さんはサッカーの試合において「5対2」で勝つチー

記事を読む

ヤンマーディーゼル化する?パナソニック

2017年シーズンでJリーグ制覇には届かなかったものの、ルヴァン・カップと天皇杯の2大カップを制覇し

記事を読む

怪物くん。引退を表明。ドリフ大爆笑のあの鉄板フレーズはもう使えないのか?

アナタは「怪物くん」と聞いたら何を思い浮かべますか?   「♪おれは、かいぶつ

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【カ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑