*

8年ぶりのJリーグ、鹿島復帰の内田篤人が凄い!実は今頃気づきました。

内田篤人が鹿島に復帰しました。8年ぶりのJリーグらしいです。シャルケに7年、ウニオン・ベルリンに1年。「そうかぁ~、8年ぶりかぁ~ウッチー、Jに戻ってくるのかあぁ~。そういや彼ももうそれなりのキャリアだもんなぁ~」と思って彼の年齢を見てみると!

 

な、なんと!まだ「29歳」だって?(3月27日が来れば晴れて30歳だけど)そらもうてっきり30歳は超えてると思ってたけどまだ29歳なん?

 

8年ぶりのJ復帰で29歳って、ほんならいくつの時にドイツに渡ったわけ?と、叫ばなくても計算すればすぐに解る。

 

しかし、内田がドイツに行ったときに、正直「まだ早いんじゃないの?」とか「武者修行かぁ~」なんて感覚はまったくなかったような。誰とは言わないが「●●君や」「■■君」のように新聞誌上を賑わせるだけ賑わせて、向こうに行ったらほとんどゲームに出られなくて、ほんでもって、ふと気付くと「え?帰ってきたん?」みたいな若手選手がいるでしょ?そんな感覚が当時の内田は全く無くて、純粋に「使えそうだから呼ばれている」みたいな感覚でした。

 

それに彼ってDFやからね。サイドやから。見た目は男前。身体だってそんなにガッシリタイプでもない。そんな内田なのに、きっちりばっちりシャルケでレギュラーを張ってさ、チャンピオンズリーグにも出たし、あのロッベンを完封!なんてことも結構平気でやってたし。

 

戦術やスキルにおいて、イタリアに負けずとも劣らない厳しさのドイツ・ブンデスリーガの中で「アツト」はクレバーなサイドバックとしてその地位を自クラブだけではなく、敵のクラブに対しても確立したのだからそれも当然と言えば当然かもしれないけれど。

 

チームメイトからは「ウッシー」と愛され、監督からは「アツトは桁外れな自制心の持ち主で戦略指示を100%実行する」と言わしめるほどの信頼を得るまでの選手になるとは、正直当時は思ってみなかったっす。ゴメンね。ウッチー。

 

<Sponsered Link>



 

確かに高校時代(清水東)からその将来性は高く評価されていたけれど、そんな選手はある意味「毎年」出てくるわけでさ。

 

ディレンダーで、将来有望と言われ、Jリーグ初年度から常勝鹿島でレギュラーを張り、4年目にドイツに行って、そこでもレギュラーを張りまくって、んでもって鹿島に戻ってきてもまだ29歳。あと4~5年はバリバリの選手でいけるのも間違いないでしょ。あとは怪我だけ。

 

いや、ほんと、改めて、内田篤人という選手の偉大さ、スケールのデカさ、そして凄さを、今回の移籍(復帰)で思い知りました。

 

「読裏さん、今頃ウッチーの凄さに気付いたの?」って仰る鹿島サポ、並びにウッチーファンの皆さま。

 

はい、申し訳ありません。「今頃気付きました」。でも、「気付いたらしっかりと認める」「自分が知らなかったことを正直に表明する」「悔い改めることはばかることなかれ!」それが僕の信条ですので、以後よろしくおたの申しやす。(爆)

 

 

サイドバナー




関連記事

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

決勝戦はウェンブリーで、ワールドカップはイングランドの永久開催に。

今回のネタは、私(読裏)と、ある人(Kさん)との会話から生まれました。その会話をちょっと再現すると・

記事を読む

最後の球回しはお見事!ポーランド戦の採点です

それではポーランド戦の採点です。 GK 川島 7.5 ようやく出ました!カワシ~マ、ビッグセービ

記事を読む

ロペテギの後任は、ひさびさ・爽やか・アルゼンチン人、サンティアゴ・ソラーリ!

レアルのロペテギ監督が解任された。先のクラシコで1-5の大敗を喰らった時点で完全にアウト!やったね。

記事を読む

最後にして、初めての元旦

皆様、明けましておめでとうございます。 2008年にスポナビブログにて書き始めた「読裏クラブの

記事を読む

秋の夜長に読む一冊「スティーブン・ジェラード自伝」

台風の被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます。 そんな挨拶が通常になる、台風

記事を読む

CWCは無事に!レアルが優勝。鹿島の敗戦で、ちょっと安堵している僕をお許しください。

ちょっと時間が経過しましたが、2018年のクラブ・ワールドカップも無事、大いに盛り上がり(って誰も思

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

人口が減らない!「新潟・聖籠町」のヒミツはサッカーにあった!

先日のカーリング女子の「吉田知」選手の凱旋コメント「何もない町だよね?でも~~~」を聞いたときにはか

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




Jリーグ開幕!ビッグ3で黒星スタート!だからサッカーは面白い

平成最後の・・・あ、いや、新元号の最初の・・・Jリーグが、いよいよ始ま

オリンピックからあのマークが消える日!?

来年の事を言えば鬼が笑う・・・と言いますが、かと言って来年になってしま

ガンバレ!スルガ銀行!

皆さんは「スルガ銀行」という銀行をご存知だろうか?  

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろん

僕にも巨人軍の後輩ができました!その名は坂本!

皆さんは、出身の学校で有名人のOBや、有名人の後輩がいらっしゃるでしょ

→もっと見る

  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑