*

8年ぶりのJリーグ、鹿島復帰の内田篤人が凄い!実は今頃気づきました。

内田篤人が鹿島に復帰しました。8年ぶりのJリーグらしいです。シャルケに7年、ウニオン・ベルリンに1年。「そうかぁ~、8年ぶりかぁ~ウッチー、Jに戻ってくるのかあぁ~。そういや彼ももうそれなりのキャリアだもんなぁ~」と思って彼の年齢を見てみると!

 

な、なんと!まだ「29歳」だって?(3月27日が来れば晴れて30歳だけど)そらもうてっきり30歳は超えてると思ってたけどまだ29歳なん?

 

8年ぶりのJ復帰で29歳って、ほんならいくつの時にドイツに渡ったわけ?と、叫ばなくても計算すればすぐに解る。

 

しかし、内田がドイツに行ったときに、正直「まだ早いんじゃないの?」とか「武者修行かぁ~」なんて感覚はまったくなかったような。誰とは言わないが「●●君や」「■■君」のように新聞誌上を賑わせるだけ賑わせて、向こうに行ったらほとんどゲームに出られなくて、ほんでもって、ふと気付くと「え?帰ってきたん?」みたいな若手選手がいるでしょ?そんな感覚が当時の内田は全く無くて、純粋に「使えそうだから呼ばれている」みたいな感覚でした。

 

それに彼ってDFやからね。サイドやから。見た目は男前。身体だってそんなにガッシリタイプでもない。そんな内田なのに、きっちりばっちりシャルケでレギュラーを張ってさ、チャンピオンズリーグにも出たし、あのロッベンを完封!なんてことも結構平気でやってたし。

 

戦術やスキルにおいて、イタリアに負けずとも劣らない厳しさのドイツ・ブンデスリーガの中で「アツト」はクレバーなサイドバックとしてその地位を自クラブだけではなく、敵のクラブに対しても確立したのだからそれも当然と言えば当然かもしれないけれど。

 

チームメイトからは「ウッシー」と愛され、監督からは「アツトは桁外れな自制心の持ち主で戦略指示を100%実行する」と言わしめるほどの信頼を得るまでの選手になるとは、正直当時は思ってみなかったっす。ゴメンね。ウッチー。

 

<Sponsered Link>



 

確かに高校時代(清水東)からその将来性は高く評価されていたけれど、そんな選手はある意味「毎年」出てくるわけでさ。

 

ディレンダーで、将来有望と言われ、Jリーグ初年度から常勝鹿島でレギュラーを張り、4年目にドイツに行って、そこでもレギュラーを張りまくって、んでもって鹿島に戻ってきてもまだ29歳。あと4~5年はバリバリの選手でいけるのも間違いないでしょ。あとは怪我だけ。

 

いや、ほんと、改めて、内田篤人という選手の偉大さ、スケールのデカさ、そして凄さを、今回の移籍(復帰)で思い知りました。

 

「読裏さん、今頃ウッチーの凄さに気付いたの?」って仰る鹿島サポ、並びにウッチーファンの皆さま。

 

はい、申し訳ありません。「今頃気付きました」。でも、「気付いたらしっかりと認める」「自分が知らなかったことを正直に表明する」「悔い改めることはばかることなかれ!」それが僕の信条ですので、以後よろしくおたの申しやす。(爆)

 

 

サイドバナー




関連記事

最後の球回しはお見事!ポーランド戦の採点です

それではポーランド戦の採点です。 GK 川島 7.5 ようやく出ました!カワシ~マ、ビッグセービ

記事を読む

VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字をとったこのアルファベット3文字

記事を読む

史上最大のダサさの日本代表新ユニフォームは、アレに似てる!?

久しぶりのサッカーネタ。いろいろ書きたいことがあって「はてさて・・・何を書こうかな」と思っているので

記事を読む

決勝戦はウェンブリーで、ワールドカップはイングランドの永久開催に。

今回のネタは、私(読裏)と、ある人(Kさん)との会話から生まれました。その会話をちょっと再現すると・

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

ダイナミック琉球はサッカーの応援にも使えるぞ!

夏真っ盛り。夏と言えば・・・?はい。やっぱり旧い我々「おっさん世代」は、夏の甲子園やね。もう見るだけ

記事を読む

バレンタインデーが近づくと考える、男前論

もうすぐバレンタインデー。昔と違って最近はずいぶんと僕の周りもバレンタインデーは様変わりして、「今日

記事を読む

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば、私(読裏)が、アルゼンチン人

記事を読む

コスタ・リカvsセルビア戦の所感。巧い!セルビア!さすが東欧のブラジル!

ブラジルがいよいよ登場!というグループEの裏カードが、ブラジルvsスイスより先に行われました。コスタ

記事を読む

やったぜ!関西学院!ジャイアントキリング!こりゃ、ロシアワールドカップに向けて幸先がいいね!

ロシアワールドカップを直前に控えて、ここ日本ではひっそりと(苦笑)天皇杯が行われております。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




僕らは連戦になるとこの選手の名前を叫んでいた。

レンセンブリンクが亡くなったらしい。クライフもいなくなり、また一人、あ

クリロナのルーティーンを彼のルーティーンと比べてみた!

  スペインのメディアに、メッシとクリロナが日々行っているル

VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券