*

アジアカップで解った南米の人たちの気持ち

アジアカップが開催されて、大いに!?盛り上がろうとしている感じがしないでもない。そんな感じです。

 

え?「つまり読裏さんは盛り上がってるの?どうでないの?」と聞かれたら、答えるには複雑な気持ちではあるんですが、それでもちょっと思うところがあるのでここでご披露させていただこうと思います。

 

それは、タイトルにもあるように

 

「そっかぁ~~、南米の人たちは(ま、ヨーロッパでもええけど)こういう気持ちやったんかぁ~」ってのが少し解ったということです。

 

それは何かと申しますと・・・

 

「なんや、どこがどうなんか、ようワカラン」ということですな。

 

それではそのココロをしっかりと解説していきましょう!(苦笑)

 

アジアカップは今回から枠が拡がって24ヶ国の参加となりました。なので、これまでお馴染みの「UAE」とか「韓国」とか「オーストラリア」とか「イラン」とかだけではなくて、「何や?それ。聞いたことないで!?」という国も多く参加しています。

 

例えば我々の初戦の相手であった「トルクメニスタン」。この国の事を知っている日本人がどんだけいるでしょう?例えばレバノン。例えばイエメン。例えばバーレーン。

 

「ワールドカップのアジア予選」の時に聞いたことあるようなないような感じがするけれど、それじゃこの「ン」で終わる3つの国ではどこが一番強いのか?とか、そんな力関係をしっかりと説明できる日本のサッカーファンがどれだけいるでしょう?

 

かくいう私も全然答えられんし!

 

さらにさらに言えば「フィリピン」とか「ベトナム」とか「タイ」とか「インド」とかがグループリーグを戦っています。

 

その昔、仕事仲間に「なぁ、読裏よ(←一応事実は私の本名で呼ばれていましたが)、今度予選で日本代表があたるマレーシアとかインドネシアとかフィリピンとかってサッカー強いん?」と聞かれて「強いわけないですやん!こんなんアマチュアですわ!ま、言うたらガソリンスタンドの兄ちゃんがサッカーやってるみたいなもんです。それに対するウチらはプロでっせ?そらもう6-0とか7-0で勝たんとあきまへん!」なんて言っていました。そうですね、今から7~8年ぐらい前でしょうか。

 
 

<Sponsered Link>



 

そんなフィリピンが韓国と、ベトナムがイランやイラクと、ヨルダンがオーストラリアと、そして日本がトルクメニスタンと初戦を戦いました。結果は???

 

そらもう今までやったら「楽勝やろ」っていう感じで、韓国はフィリピンをボコボコに、オーストラリアはヨルダンを完封し、イラクはベトナムを圧倒し、そして日本はトルクメニスタンをチンチンに、3点や4点差をつけて勝つという感じでした。

 

が、結果は・・・

 

韓国はフィリピンに1-0で辛勝。オーストラリアはヨルダンに負け、イラクはベトナムに0-2まで追い込まれ(最後はロスタイムでなんとか3-2)、そしてご存知日本も3-2で何とか白星を掴むという・・

 

大会初戦は難しいとは言われるものですが、それにしても、どこもがギリギリです。オーストラリアなんてショックやろうなぁ~。あ、ちなみにザッケローニのUAEだって、ロスタイムギリギリで何とか追いついてドロー発進。

 

正直「え?」って感じっすわ。

 

みんな舐めてたんやろうか?

 

そうじゃない?

 

でも、舐めてたよね?

 

僕らも。

 

「トルクメニスタン?知らんなぁ~。なんやそれ?サッカーやってるんか?ま、フツーにやったら勝てるやろ」って。

 

よく試合前の記者会見や、談話で「相手が〇〇だからといって楽な試合など一つもない。明日は難しい戦いになるだろう」なんてコメントが漏れ伝わってきますが、本音では絶対に違うはず。

 

「ま、勝てるやろ・・・」と。

 

TVを観ている良い子のみんなも、TVを観ていた自称サッカー通も、TVを見てなかった多くの人たちも、「え?今日の相手ってなんか聞いたことない国なん?そんなら勝てるよね」って、きっと思っていたと思うんよね。

 

これ、つまり、一気に結論づけると・・・

 

往時の南米の人たちや、ヨーロッパの人たちの僕ら(日本)を見る目と同じだったんじゃないか?って。

 

「知らん国は弱い」という、超シンプルなロジック(苦笑)。

 

1998年、日本が初めてW杯に参加したフランスワールドカップ。あのとき、1次リーグの組み合わせは、アルゼンチン、クロアチア、日本、ジャマイカでした。で、その組み合わせ抽選会が終わった翌日のアルゼンチンの一般紙の朝刊は、ぶち抜きタイトルで

 

「神様、ありがとう!」

 

というものでした。

 

そっかぁ~、当時のアルゼンチン人も、ブラジル人も、ウルグアイ人も、(そしてクロアチア人やデンマーク人だって)、僕らが今、トルクメニスタンやキルギスやパレスチナを見る目で、僕ら日本を見てたんやなぁ~って。

 

いまさらながらに思い知った次第です。

 

え?「オチは?このネタにオチはないのん?」って?

 

いえいえ、そうそう毎回毎回、オチがあると思ったら叶いまへんなぁ~(苦笑)今年はオチがなくてもアップするという、「ニュー・ヨミウラ」でいきまっさかいに、そこんとこよろしくお頼申します!

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

 

サイドバナー




関連記事

ハリー・ケインが止まらない!それでも新記録の4年連続プレミア得点王にはなれない理由とは?

ハリー・ケインがまた点を獲った。というニュースを見ても、もう何も誰も驚かない。どちらかというと「へぇ

記事を読む

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

2月1日は特別な日。香川移籍!トルコ名門ベシクタシュに!

2月1日。それはサッカー界では特別な日ともいえる。正確にはその前日の1月31日なのだが、我々「日出る

記事を読む

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろんキリン・チャレンジカップでもな

記事を読む

風前のロペテギ

日本のプロ野球では、巨人の高橋監督が、阪神の金本監督が、それぞれ成績不振の責任を取って辞任を発表しま

記事を読む

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表されます」というニュースが午前中

記事を読む

藤川孝幸の魂よ永遠なれ!読売クラブ戦士が逝く

元東京ヴェルディの、いや元ヴェルディ川崎の、いや・・元読売クラブのゴールキーパー、藤川孝幸が56歳と

記事を読む

まったく何を言っているのか解らん日本代表分析を見つけました

アジアカップ決勝のカタール戦。日本は残念な結果に終わってしまったが、どことなく一人「残念ではない?」

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループEの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」と聞いて直ぐに思い浮かべるのは

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

セブン・イレブンよ。初心に帰ろうぜ!?

セブン・イレブン。   こう聞いて &nb

新記録が更新されたら連続記録は途切れるの法則

「記録は破られるためにある」   誰が最初に語っ

→もっと見る

  • 2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑