*

アジアカップのグループリーグ突破について(僕も)一言

2019年のアジアカップが始まってます。

 

日本はグループF。相手は初戦がトルクメニスタン、二つめにオマーン、そして最後にウズベキスタン。

 

日本は最後のウズベキスタン戦の前に2勝0敗で早くもグループ突破を決めました。

 

でも、その内容が・・・

 

トルクメニスタンに3-2、オマーンに1-0という、スコアだけみれば辛勝ということで。

 

この大会で一儲け(一読者や一閲覧者を、そして一視聴者を獲得)しようとする人たちは、いろいろ試合内容をほじくり、メンバーの連携をほじくり、プレーの巧拙を語り、そして「決勝トーナメントになればこうはいかない」と、語ります。

 

「このままオッケー!」「日本よ!爆進だぜ!」と言うよりも

 

危機感大好き日本人のために、いろいろマイナスポイントを挙げて、細かく細かく分析してます。

 

で、そこんところ、「読裏さんはどうなんよ?」と。

 

巷間では「読裏さん、仕事が忙し過ぎてサッカー見てないんじゃないの?」と。

 

いろいろ噂されているという噂が流れているという噂を聞きつけているという人がいるとかいないとかの、噂が出回っているので・・・

 

ちょこっとだけ所感というか、感想を、述べさせてもらいます。

 

はい。世間様が言うように、「決勝トーナメント」ではまったく変わります。

 

そうです。2015年も2011年もそうだったように、この大会は実質「決勝トーナメント」の勝負です。

 

そこではグループリーグでの内容や、選手の出来、不出来はほとんど関係ない。

 

そう言い切っていいぐらい、劇的にステージの変更によって変わります。

 

なので、グループリーグの内容とかはまったく気になりません。どんだけボコボコにドフリーを外そうが、それが決勝トーナメントで再現されるということもありませんし、逆にどんだけ素晴らしい連携を醸し出す攻撃を今出来たとしても、それが決勝トーナメントでもう一度あるか?と言えば、それは誰にも解りません。

 
 

<Sponsered Link>



 

それほどサッカーというものは、変化が激しく、今の延長線上に結果が用意されているものではないのです。

 

だから、今は、正直「結果」だけに一喜一憂という状況。それも得点差や得点数なんかではなく、勝ち点のみ。

 

2試合で勝ち点6というのは最高の結果ですよ。それ以上でもそれ以下でもないです。

 

その意味ではポイチさん、大変よくやっていると思います。

 

過去ではそこで躓いたりもしてたのでね。

 

以上です。

 

え?「それなに?それが今回の批評?」と仰る御仁。ま、そんなとこです。要はね、言い方を換えるとね。「次のステージからが本番なのだよ!」と。。。それだけを私は言いたいわけですよ。それが長年サッカーを見続けてきた読裏さんの言葉なんやから。ちょっとは聞く耳持っといたほうがいいと思うよ(爆)

 

※ 聡明なる読者さんであれば「決勝トーナメント」という表記は実は誤りであり、正しくは「ノックアウトステージ」であるというのは私も重々承知の介なのですが、何分この表現が一般化しているのでこのままこの用語を使用致しました。悪しからずご了承くださいませ。

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

サイドバナー




関連記事

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライ

記事を読む

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

アルゼンチンvsナイジェリア戦の所感 でかした!ジャイアント・ロホ!ラスト5分のボレーシュート!勝った!勝ったでぇ~!?

アルゼンチンvsナイジェリアの所感。というタイトルですが。。。所感というよりは、歓喜という方が正しい

記事を読む

ロシアW杯でテルスター復活!?歴代W杯で最高のサッカーボールとは?

サッカーで最も必要なものは何でしょうか?ゴール?審判?ユニフォーム?それとも選手でしょうか?

記事を読む

結果が大事?プロセスが大事?サッカーの実在派と実証派との間の話。

先日読んだ「物理学」の本で面白い表現がありましたので、ここでちょっと引用させていただきます。

記事を読む

ロシアワールドカップのドサとクサに紛れて。ヨシトよ。君の生き方は凄い!

それは、2018年6月25日の出来事でした。日本中(正確には日本のサッカーフリーク全員+その他サッカ

記事を読む

強い勝ち方のスコアって?ポイチ・ジャパンは強いのか?

ここで突然の問題です。   皆さんはサッカーの試合において「5対2」で勝つチー

記事を読む

ロシアW杯組分け決定!一番早い8つのグループ評価

ロシアW杯の抽選会が、モスクワ宮殿で厳かに行われ、我々日本代表は最終のH組、の、

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループEの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

J2と大富豪(大貧民)

いよいよの「J開幕」で一気に春めいた今日この頃なんですが、今回はJ2についてです。  

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




久保建英はワールドカップに何回出られるか?

まったく唐突ではあるが、我々の生活の中心、フットボールの世界の中心、W

勢いって何?勢いという名の生き物っているの?

どんなスポーツにも出てくる言葉があります。「勢い」って言葉。 &

FIFA会長の恐ろしい発言

「選手が別の場所でプレーすることを望んでいるのであれば、そうする方法を

バックパスは必要です!

今回は「バックパス」について触れてみたい。  

「よしなに」って何?

コトバは生き物。いろいろなコトバを見聞きするたびに、この事を痛感します

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券