*

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かすれば世間はGWだ。あ、GWといっても「巨人vs大洋」戦の略ではないよ。

 

 

え?大洋ってそもそも知らんし!って?ホエールズなんて見た事ないし!って?まぁまぁ、世のおじさん達は、GWというアルファベットを見ると「ゴールドウィン」か「巨人vs大洋」を思い起こしてしまうのだよ。ごめんね。

 

 

さてさて、そんなGWに向かって突き進む日本ではありますが、ヨーロッパではそろそろこの時期がシーズン終了を意味するわけで、優勝争いがありーの、消化試合がありーの、そして移籍の噂が飛び交いーの、そしてそして監督の交代もありーのという時期になるわけです。

 

 

で!なんと!ついに!毎年ビッグネームとして名を連ね「今年こそ解任」「今年こそクビ」「今年こそ退団」と噂されては、「え~~?まだやりまっかぁ~~?」と、一転留任で年を越してきた、あの監督が遂にアーセナルを退くことになったらしい。

 

 

まじか?またいつもの「飛ばし」じゃないのか?と、記事を見た瞬間は思ったけれども、こりゃどうも本当らしい。

 

 

22年だって。御年68歳だって。ということは、アーセナルの監督になったのが46歳かぁ~。若いよなぁ~。ということは、名古屋グランパスの監督をやってたときは40歳の半ばなのか・・・。何か、あの当時と今とほとんどイメージが変わらないんやけど。

 

 

しかし22年。これは凄いよね。今や5年という年月だって続けられないほど、ヨーロッパサッカーの監督業というのは過酷。戦う相手は、ピッチ上の相手クラブだけではなく、自分のクラブのオーナーさんや、自分のクラブの中心選手や、自分のクラブのサポーターや、その他もろもろ(たぶん、ヨーロッパにもキリンさんのようなメインスポンサーがいるはずだし)。

 

 

政治と権力と金と名誉欲が渦巻く、フットボールサロンにおいて、いつも一番格好の餌食になるのが「監督のクビ」なわけです。そんな「おいしいネタ」を22年間も提供しながら、一度もそのクビを取って食われたことがない、アーセン・ヴェンゲルという人物。たぶん相当な人物だろうと思います。モウリーニョとはいつも舌戦をくり返していたし、サー・アレックス・ファーガソンにだって物怖じしなかったし。

<Sponsered Link>



 

その二人からはこんなコメントが寄せられています。

 

 

対立していた者同士は最終的にはよりリスペクトしあえる仲になるだろう。衝突し合うことはあるが、同じ職種の人間同士なら、お互いに尊重し、そのキャリアを尊重し合える。起きたことは後悔はない。重要なのは私がリスペクトしているということだ:モウリーニョ

 

 

 

彼がアーセナルで残した功績に最大限の敬意を払っている。22年もの間、彼が愛する仕事をできたことは彼の才能、プロフェッショナルリズム、そして決意があった証だ。フットボールの監督はわずか1年や2年で解任される中、アーセナルのような大きなクラブでこれだけの期間仕事ができたことは十分な功績だ:アレックス・ファーガソン

 

 

これからヴェンゲルはどうするんやろうね?68歳というのはサッカー監督として決して若くないし、「このまま自宅のソファーでサッカーを見る生活」を志向しても全然おかしくないし。まぁ、しばらくサッカーから離れたいというのが一番正直な気持ちだろうね。でも、ワールドカップを経て、夏のバカンスが終わって、ヨーロッパや世界各地に新しいシーズンの薫りがしたとき、やっぱりサッカー人として「心が疼く」のではないかなぁ~。

 

 

それにヴェンゲルはまだ代表監督ってやってないしね。

 

 

うん。もう僕が何を言いたいのかわかるよね?

 

 

西野朗氏 63歳

ハリルホジッチ 65歳

なら、アーサー・ヴェンゲル 69歳

っていうのだってありなんじゃないの?

 

アーセナルのサッカーは、決して僕は嫌いやないです。スキルが高く、パスも高速なのに、バタバタ感がない。見ていて非常に楽しいサッカーです。ストイコビッチがいたとはいえ、あの時のグランパスのサッカーもそうだったし。「タテタテダイサクセン」のハリルホジッチでは絶対にあのアーセナルのサッカーはできないと思うなぁ~。

 

 

だから西野さんよ!ヴェンゲルの気持ちを奮い立たせるような、そんなサッカーを見せてよね!

 

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

西野朗監督初陣!W杯選手選考前夜試合なので・・・!ガーナ戦の採点

いやぁ~、メチャメチャ久しぶりですが、(W杯の採点練習という意味もありますが、やっぱり西野さんの初陣

記事を読む

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」と聞いて直ぐに思い浮かべるのは

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループDの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

ストッキングをずらして似合う選手ベスト5の発表!

日本人は番付が大好き。お相撲さんの世界はもちろんのこと、毎年行われる「ヒット商品」だってしっかり番付

記事を読む

コロンビア戦直前!歴代監督緊急座談会

ついにワールドカップが開幕した。そして『グループH』の初戦がもうそこに、本当にもうすぐそこ!に、やっ

記事を読む

ロシアW杯組分け決定!一番早い8つのグループ評価

ロシアW杯の抽選会が、モスクワ宮殿で厳かに行われ、我々日本代表は最終のH組、の、

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループCの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

12月1日、W杯抽選の時はポットとポッド。どっちが正しいのか?

W杯の出場を決めている国の人たちにとって、その前年の12月1日は我々サッカーフリ

記事を読む

クラブワールドカップの歴史を知ろう!そうすれば、浦和を応援したくなるよ

クラブワールドカップ2017がUAEで、12月6日に開幕。総勢7つの

記事を読む

フィッカデンティの敗戦コメント、ソクラテスも顔負けの三段論法に脱帽!

マッシモ・フィッカデンティ。イタリア人。50歳。サガン鳥栖の監督です。   &

記事を読む

サイドバナー




Comment

  1. 1971 より:

    サー・ヴェンゲル!
    まさかのトヨタパワーで名古屋に再任とか?
    そしたらヤッヒーがゼンニッポンのカントクになってくれる、かも⁉️
    それいいね‼️

  2. スナフキン より:

    いやあ、ご無沙汰です。でも、記事は読ませていただいていましたよ~
    なんか今回は、ハリルさんちょっと気の毒に思えてしまいました。(スタイルには疑問だらけでしたけどね)
    遂にヴェンゲル監督がフリーになりそうですね。高額市場で繰り広げられる、ルール無用の補強合戦に加わることなく、身の丈に合ったクラブ運営を貫き通した監督ですよね。

    是非、次期代表を任せてみたい方です。とか、今年のW杯をもう諦めたような、ことを書いてしまいました。
    サッカーは、何でも起こりうるスポーツです。かつてあのフランスを破ったセネガルと同組です。監督はあの時の選手だそうじゃないですか。
    一緒に一泡吹かせましょ!

    • yomiuraclub より:

      スナフキンさんへ

      コメント有難うございます。
      すみません、別に狙ってたわけでもなく、これを待っていたわけでもないのですが、
      昨日我が「関西学院」が、完全に「一泡吹かせ」をやってのけました!

      そうです。サッカーは何でも起こりうるスポーツです!
      ジャイアントキリング!やってやろうじゃないですか!

      西野さん、一回やってるしね!
      スタイルとかそんなんもう関係あらへん!

      でしょ?(爆)

      今後ともよろしくお願いします。

      読裏クラブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




猛暑の中のJリーグは、ここが心配!?

今日で甲子園、つまり、夏の高校野球の決勝が終了しました。ここは、「サッ

8月10日は僕の「〇〇呪縛解放記念日」になりました。

彼等はいつも僕の目の前に立ちはだかっていた。  

抱腹絶倒サッカー中継「めっちゃ風邪ひいてんねん!」

今回は、まったく、他人様(=ひとさま)からの受け売りです。オリジナリテ

「ブラックホールで死んでみる」

僕は宇宙が好きだ。そして宇宙の事を知ろうとすれば、星のことや、光のこと

何故か不思議なセブンとイレブンの話!?

今回は「7」と「11」のお話し。   で、「7」

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑