*

実は私はアルゼンチン人なのです!

皆さん、実は非常に大事なことをこのブログにてお伝えしておりませんでした。私としたことが何と言う不覚!

 

 

このようなご挨拶は、プロフィールに掲示すべきなのでしょうが、それにはちょこっと抵抗もあります。

 

 

それでも本来なら一番最初のエントリーにて記載し、皆さんに告知すべきものだったのだろうと今になって思います。

 

 

それをも失念して、今頃このようなエントリーとは・・・。

 

 

「おいおい!もったいぶらんと早よしゃべらんかい!」

 

 

というお叱りの声も聞こえてきそうなので、それでは。

 

 

「実は私はアルゼンチン人なんです!」

 

 

音を出すと「アルゼンチンジン」となります!

 

 

どうでもええっすか?音は。

 

 

私がアルゼンチン人になったのは、1978年のことでした。

 

 

リバープレートスタジアムに舞い踊っている「紙吹雪」を見て、アルゼンチン人になろう!と心に決めました。

 

 

ケンペスの歓喜の姿を見て、そう決めました。

 

 

その時はルーケになろう!と心に誓いました。

 

 

ええ。日本の高校サッカーに身を置きながらも、常に母国、アルゼンチンを意識しておりました。

 

 

日本語しかしゃべられなくても、故郷(アルゼンチン)の土を踏んだこともない、母なる川(ラプラタ川)に身を委ねたことがなくても、私

 

 

は「青×白」の血が身体に流れるようになったわけです。

 

 

それがアウトサイドのボールタッチ、密集へ突っかかっていくドリブル、チョンチョン触りのワンツー、身体を入れまくりの後の強引ヒール、ペナコ内の大袈裟なダイブ、タックルを喰らった時の足を抱えて転げまわるときの、同情を求める哀願調の表情、などなどに表れていったわけです。

 

<Sponsered Link>




特に私が愛する同郷の士は

 

金髪の左サイド=タランティーニ
堅実な労働者=ベルトーニ
いぶし銀=ルーケ
アルゼンチン魂の保持者=パッサレラ
影の優勝の立役者=ブルチャガ
必殺の左足の切り返し=ラモン・ディアス
スペースの操り人=バルダーノ
アルゼンチンの壁=ルジェリ
センターサークルの主=レドンド
兄貴=シメオネ
兄貴の舎弟=リケルメ

 

 

等等であり、彼等以外も全てが私の愛すべき戦士です!

 

 

98年フランスワールドカップ、グループHの緒戦が私にとっての踏み絵となりました!
なんと!育ての国「日本」と、サッカーの母国「アルゼンチン」とが対決!
悩みました。どっちの側でこの試合を見るのか・・・。

 

 

日本側に肩入れして「アルゼンチンをイワして欲しい!」
とは思うのですが、それはイコール

 

 

「弱小アジアの国相手に大事な計算される勝ち点3をみすみす我がアルゼンチンが失うことになる!」

 

 

ということを意味するわけで。

 

 

もう二度とあのような「二股引き裂きの刑」だけには遭いたくありません。

 

 

ただ、この対戦・・・。私の目が黒い間に「W杯の決勝」で再現できれば、その時はそれこそもう本望中の本望です!

 

 

【尚、神の子=ディエゴ・マラドーナについては、論ずるにはあまりにも存在が大き過ぎるので、今回ではその言及を割愛いたしました】



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

サイドバナー




関連記事

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく今日になって、その原因と仕組み

記事を読む

サウジ、敗戦後のロッカーでの会話。「強いものが勝つのではない~~」という言葉を知っているかい?

アジアカップのノックアウトステージ、ラウンド16で、サウジアラビアは日本に0-1で負けました。

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

ブンデスリーガ66日ぶりに再開!世界にフットボールが戻ってきた!

世界にフットボールが戻ってきた!と、大袈裟に言いたくなる気持ちをおさえて、大袈裟に言うと==(苦笑)

記事を読む

遠藤保仁(ヤット)よ!君の夢と僕の夢を叶えるために、この移籍を実現してくれないか?

Jリーグが再開して、いよいよあの「イニエスタ」が神戸のピッチに登場した。ただ、そのプレーは、まだまだ

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ハ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

やっぱりサッカーは〇〇〇やねぇ~!

最近は新しいサッカーネタが少なくなってきてます。その中で元々あまり書かなかった「Jリーグ」ネタとなる

記事を読む

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

人口が減らない!「新潟・聖籠町」のヒミツはサッカーにあった!

先日のカーリング女子の「吉田知」選手の凱旋コメント「何もない町だよね?でも~~~」を聞いたときにはか

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




入院のベッドで知った「6つの偉大なる質問の答え」

この数カ月、何かにとり憑かれたかのように、かなりの自分を追い込みながら

コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

→もっと見る

  • 2020年11月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券