*

東西の2大ブロガーがビッグ対談!・・・2018ロシアワールドカップを大いに語る!の巻

2018ロシアワールドカップも4強が出揃い、残すところ準決勝と決勝のみ。ま、「3位決定戦」というお茶の水・・・じゃなかった、お茶を濁す試合が決勝の前座みたいな感じであるけれど、いわゆる「ガチ」な試合はもうあと3つだけ。

 

最後まで残るのは果たして、フランスか、ベルギーか、イングランドか、クロアチアか。では、まずはこの時点において、私自身ワールドカップの優勝国をしっかりと予想しておこう!

 

優勝国は!「この4つの中からしか優勝国は出ません!!」と。え?しょもない?って?すんまへん。こういう掴みで入らないと禁断症状がおきますねん(苦笑)

 

ま、そんなベタな掴みは置いといて・・・

 

もうヨーロッパ選手権になってしまったこのロシアワールドカップ。先ほどの伝で言いますと、もうブラジルも、我が母国アルゼンチンも、そしてウルグアイも、優勝国にはなれません。スペインも、ドイツもね。もちろんイタリアやオランダだって優勝できません。

 

そんなロシアワールドカップ。もうすぐ終ろうとしているロシアワールドカップについて、実はとある関西の店で、実は2大ブロガーと言われた二人の大物ブロガーが、実は一人は「生」で、実は一人は「ハイボール」を片手に、大いに語り合うという、そこらへんのサッカーファンが聞いたら「涎タレタレ」もんの、「目ノ玉パチクリ」もんの、「耳がピクピク」もんの、一大トークセッションが繰り広げられたのです。実は・・・(爆)

 

え?2大ブロガーって誰よ?って?

 

そんなん決まってまんがな。一人は、ワタクシ「読裏さん」。そしてもう一人が、あの伝説のクラブ出身のこのブログの主。そう「diamondsoccer12」の管理人である「ベルントさん」であります。

 

おっと!ベルントさんをまだ知らないって?そら、知らない人は絶対に知っておいて損じゃない!というか知らんとアカン!サッカーかじるなら、知らねばならないスゲーブロガーなんで、このネタを読む前に是非一度そちらをご訪問されることをお勧めします。

 

で、そんな二人が語り合って、実は「ヒ~~~ジョ~~~~」に意気が統合・・・いや、投合したことがあったので、そこら辺りを今回のネタのお題にさせてもらおうと思います。

 

突然ですが・・・「皆さんは、今回のロシアワールドカップってどう思われてます」?

 

「とにかく寝不足だよ!」って? ふむふむ。

 

「日本がよく頑張って感動したよ!」って? そうかいそうかい。

 

「サッカーがこんなに面白いなんて知らなかった!」って? うむうむ。それはそうだろう!

 

 

 

では、ちょっと質問を替えてみようかな・・・「皆さんは、今回のワールドカップ、サッカーの変化(進化)を感じますか?」

 

「え?そんなの解んないよ!」って? ふむふむ。

 

「変化とか進化とか、そんな堅っ苦しいの、どうでもいいじゃん!面白いんだからさ!」 そうかいそうかい。

 

「そりゃ、進歩したんじゃないの?何ていっても日本があんな試合をしたんだからさ!」 うむうむ。それはそうだろう!

 

<Sponsered Link>



 

前置きが長くなってしまったが、この2大ブロガーが奇しくも行き着いた答えがこれ↓

 

「全部同じに見える」ってこと。

 

フランスもクロアチアも、そしてブラジルも、アルゼンチンも、ドイツも、もしかしたら日本もね。それはつまり、ボールを奪えば速攻で仕掛ける→ボールを失ったら速攻で奪いにいく→恐ろしいまでの攻守の切り替え→恐ろしいまでの戦術の高等化→でもやってることはどこも同じ。ってことです。

 

ベルントさん曰く

 

「兄さん(←これ読裏さんのことね。そう、ベルントさんよりも僕の方が少しだけ齢を重ねています。でも生きてきたサッカーの時代は同じ)、もうサンバも、タンゴも、フラメンコのメロディも、あそこからは聞こえてこないっすよ!」と。

 

まさにそう。

 

もっと言えば「サッカーがバスケットボール化している、ハンドボール化している」ように思うね。モドリッチのミドル、ディマリアのミドル、パヴァールのミドルに乾のミドル。みんな無回転の、そらもうスゲーの一言の・・・シュートでした。でも全部ペナコの外からなんよね(ミドルだから当たり前か。。。)。つまりバスケで言うところの、ロングスローのシュート。もしくは高速カウンター!(ベルギーの3点目は見たくないけど、見とかんとアカンよ)

 

つまり、ペナコの中に切れ込んでいくアクション、ボールの動きやさばき、アイデア、トリッキーなワンツー、えぐいヒール・・・なんてものが、もうほとんどない。ゴール前と中は戦術的に完成された組織でガチガチに城を築いているので、入りようがない。だから最後は外からクロス。よくてラインからのマイナス目。そんな攻撃は、結局ドイツも、ブラジルも、アルゼンチンも、ほとんど同じ。だったでしょ?

 

でもさ、そういう堅牢な城を、どうやって創意工夫で、リズムの変化で、テクニックの妙で崩していくのか?が、サッカーでしょ?ドリで入っていくのか?ワンツーか?それとも超狭いボール1個分のすき間を狙うスルーか?身体を入れた反転か?その連動ももちろん有りなわけです。そこに国民性の違いが生まれて、そこに奏でるメロディの違いが出てくるわけで、そこにサッカーの個性が現れるわけでしょ?それがサンバであり、タンゴであり、フラメンコであったりするわけなのにね。

 

サッカーはおそらく(怖ろしく)進歩したのでしょう。獲られれば獲られた時点ですぐに囲い込む。切り替えの早さはどんどん加速しているように思います。おそらくそれが勝利を目指す最短の道なのでしょう。もう「ゆったり回す」とか「リズムを作る」とか「タメ(間)を作る」とかの、どこか牧歌的な、どこか悠長な、そんなプレーが認められなくなってきたのでしょう。

 

そのお蔭で、ブラジルのリズム、アルゼンチンのリズム、スペインのリズムが消えてしまいました。高速の画一されたサッカー。まるでどこも同じ景色の「高速道路」を走っているみたい。信号もなければ渋滞もない、効率的で合理的な、ドライビングと言えばそれまでなんだけど、情緒も何もないんよね。景色を見る余裕もないし、海風を感じたり、山の緑の空気を感じたり、民家の街並みを見たり、田園風景を楽しんだり。そんなんあらへん。目的地(ゴールと勝利)にいかに早く近づくか?という合理性の極みが、こういうことになったんだと思います。

 

そんなこんなの2大ブロガー対談の一幕でした。

 

その上で、敢えて。。。プラスアルファを語るとしたら。。。エンバペ。

ここで次のネタの予告版。題して「エンバペを探せ!」。2大ブロガーが大いに盛り上がったお題です。次のネタをこうご期待!!

 

「ええなぁ~・・・すげーなぁ~~・・・楽しそうやなぁ~・・・俺も(私も)一緒に話したいなぁ~~!」とおっしゃる方。どうぞどうぞ!もしこの対談空間に参加したい方がおられましたら

 

住所・氏名・年齢・電話番号・ご職業・性別・好きなタレント・読裏さんとベルントさんとどちらが好みか?

などをお葉書に書かんでも、コメント欄に入れていただければ、こちらからご連絡差し上げる・・・かもよ!?(爆)

 

 



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ハ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

チャンピオンズリーグの準々決勝(ラウンド8)の結果をここで知ることが出来るとは!

4月4日は、桜の満開もピークを迎え、甲子園では選抜高校野球の決勝戦が行われ、プロ野球は開幕後の2カー

記事を読む

レアルに挑む、鹿島アントラーズというクラブの実体は?

あまり盛り上がってない(というのは僕だけか・・・)2018クラブワールドカップ。久しぶりにアジアを制

記事を読む

まったく何を言っているのか解らん日本代表分析を見つけました

アジアカップ決勝のカタール戦。日本は残念な結果に終わってしまったが、どことなく一人「残念ではない?」

記事を読む

さぁ決勝だ!さぁ韓国だ!森保監督初優勝か?ここでアジアのブラジルになろうぜ!

アジア大会で森保監督率いるU21代表が準決勝でUAEを破って見事決勝に進出しました。 &nbs

記事を読む

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

本田がなんと!カンボジア代表監督に就任!?

ロシアワールドカップが終わって、「次のカタール大会に出場しない」と、名言は避けたものの事実上の日本代

記事を読む

2月1日は特別な日。香川移籍!トルコ名門ベシクタシュに!

2月1日。それはサッカー界では特別な日ともいえる。正確にはその前日の1月31日なのだが、我々「日出る

記事を読む

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外

記事を読む

サイドバナー




Comment

  1. 小西博昭 より:

    読裏クラブ様
    この度はご配慮誠に有難うございました。
    一生に一度と思い、勢いで本などを出してしまいましたが、当方、ただの昔のスパイクオタクです。
    ベルント様はじめ、皆様のサッカー知識には日々驚くばかりで、いつも楽しませていただいております。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    • yomiuraclub より:

      小西様

      返信有難うございました。「スパイクオタク」・・・(爆)
      いいですねぇ~。そういうの。

      是非また私の方にネタ要求メッセージをくださいませ!

      最近はよる年波に勝てず、ベルントさんのように「毎日更新」なんてのが
      はるか遠い世界となってしまっていますが、身体が持つ限り
      書き続けていきますんで、どうぞよろしくお願いします。

      読裏クラブ

  2. 小西博昭 より:

    いつも楽しく拝見させていただいております。最近ベルントさんのブログにパスワードが必要となり、拝見することができなくなりました。もしご存知でしたらお教えいただけませんでしょうか。当方、たまに「プーマ好き」という名前でコメントなどもさせていただいておりました。何とぞよろしくお願いいたします。

    • yomiuraclub より:

      小西様

      コメント有難うございました。返信が大変遅くなり申し訳ありません。

      小西さんのクレーム?(笑)を、そのままベルントさんに伝えましたところ
      「あっちゃ~~~」ということで・・・

      10月末日まで、パスワード解除となって、また閲覧フリーとなりました。
      で、11月からはまた設定されるそうです。

      パスワードのヒントは、本日(9月24日)のベルントさんのブログネタで
      出されていますので、是非レジストしておいてくださいませ。

      私信レベルでベルントさんから小西さん(「プーマ好き」)のプロフを教えてもらいました。
      彼が予測するに、かなり著名なる有名なお方だとか。

      そんな方にこんな私のような「ゆるキャラブログ」にお越しいただけるとは・・・
      恐縮至極であり、大変光栄であります。

      今後とも是非またベルントさんともどもよろしくお願いします。

      読裏クラブ

  3. 1971 より:

    読裏さん、こんばんは。
    あと3試合、なんだか平成最後の夏休みがあと1週間で終わっちゃいそうな気分です。
    読裏さん・ベルントさんご指摘のとおり、私にも各国のフットボールが同じテンポに感じます。スケートとかの規定演技において完成度で優劣を付けるとか、ファストフードなら素材の善し悪しで差別化するとか…みたいな。。。
    スゲ〜んだけどなんだかちょっと味気ないっす。

  4. ベルントシュスター より:

    楽しかったねぇ~…(^-^)/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




Jリーグ開幕!ビッグ3で黒星スタート!だからサッカーは面白い

平成最後の・・・あ、いや、新元号の最初の・・・Jリーグが、いよいよ始ま

オリンピックからあのマークが消える日!?

来年の事を言えば鬼が笑う・・・と言いますが、かと言って来年になってしま

ガンバレ!スルガ銀行!

皆さんは「スルガ銀行」という銀行をご存知だろうか?  

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろん

僕にも巨人軍の後輩ができました!その名は坂本!

皆さんは、出身の学校で有名人のOBや、有名人の後輩がいらっしゃるでしょ

→もっと見る

  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑