*

いったい何のために予選を戦っているのだろう?

 
私もこの齢(よわい)になると、いろんなもんを見てきたわけです。
 
ま、ここの常連さんなら、だいたいこの私がどれぐらいの年齢か?を推察できるのでしょうが、つい最近このブログを知った方や、今日初めて読む方のために、そこそこヒントを申し上げると
 
少年期に、西ドイツW杯がありました。
 
サッカーをやり始めてそこそこした時、僕はアルゼンチン人になりました。
 
バース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発と、歓喜の優勝の瞬間は、もう社会に出て給料を貰ってました。
 
日韓W杯のときは、それなりの中堅社員になっていたので、堂々と仕事を放棄して、会社のTVでチュニジア戦を見ていました。
 
ドイツW杯のあのヒディングの憎たらしいガッツボーズと、ケーヒルのコーナーフラッグをサンドバックのようにパンチしまくるシーンはたぶん死ぬまで忘れないし。
 

<Sponsered Link>



 
それ以外にも、江川のピッチングフォームの美しさも見てきたし、オシムのサッカーの美しさも、ベルバトフのトラップの美しさも、見てきました。
 
ま、それだけいろいろなスポーツシーン(主にサッカーと野球やけど・・・爆)を見てきたし、チェックしてきたわけです。
 
その僕が今回初めて遭遇するもの。
 
それが
 
「(五輪)開催国が予選に参加する」というレギュレーション。
 
W杯も、五輪も、自国で開催される場合は、その国のサッカーチームは必ず出場できます。もっとも客を呼べて、もっとも数字を獲れるサッカーという競技において、自国のチームが出ない(もし予選に出て落ちたらエライこってす)なんて考えられないから。
 
だから、通常は「予選免除」です。
 
その弊害は確かにあるみたいで、緊迫感のある予選を通過した参加国と、ずっと予選免除で練習試合という国際親善試合しか出来ない自国開催チームは、特に1次リーグの初戦にその差が出る傾向があります。
 
でも、だからといって「予選」は出ない。だって出る意味がないから。
 
それがなんと!今回、日本が予選に参加してます。最近深いサッカー事情に詳しくないので、僕のようなトウシロにはよく理解できないのですが・・・
 
いったい、何のためにこの予選に日本は出ているのでしょう?
 
日本以外にアジアで五輪に出場できるのは、3つの国だとか。だからもし日本が準決勝以上にまで残ったら、その時点で残りの3つの国がオリンピック出場。万一日本が準決勝以前の段階で敗退した場合は、いわゆる準決勝で敗れた国同士が3位決定戦を行う(つまりこれがガチの五輪出場決定戦)というもの。
 
ま、理屈は解かるけど。。。何でこんな「ややこしい」ことをするのだろう?
 
ホンマ、疑問です。
 
でもって、この予選の初戦に敗退したU23の試合運びに、かなりマイナスコメントが集まっています。
 
でもさ、当たり前じゃん!?そんなの。こちとら、0-100で3連敗して1次リーグ敗退だって五輪に出場できるわけでさ。相手のサウジはそれこそ今から必死こいてなんとしても決勝にまで辿り着かないとアカンわけでさ(決勝に残ることイコール五輪出場)
 
それは試合後の選手の表情や態度で歴然。
 
こんな奇妙なサッカーの五輪予選って初めて見たわ。誰かこの僕に「何でこんな奇妙な予選システムが組まれているのか?」教えてくらはい・・・。
 

 
このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。
 

 

 

サイドバナー




関連記事

小笠原満男引退!また一人、ゴールデンエイジが消えていく。そしてあの男は?

日本サッカー界で、燦然と輝いた年代があります。年代=エイジ。燦然と=ゴールデンということで、この年代

記事を読む

レアルに挑む、鹿島アントラーズというクラブの実体は?

あまり盛り上がってない(というのは僕だけか・・・)2018クラブワールドカップ。久しぶりにアジアを制

記事を読む

世界で最も過酷なリーグが日本にある!?

J2が第14節を終了して、ちょうど「21試合×2=42試合」の3分の1を消化しました。 &nb

記事を読む

大杉漣さん逝く。サッカー界の名バイプレーヤーよ永遠に!

「大杉漣さん死去」。それは突然の訃報だった。「え?」っと思わず絶句した人もホントに多かったのでは?

記事を読む

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

地元ブラジルでノーゴール判定!?命知らずな審判にある疑いが

ブラジルのゴールが3度も取り消し!という事がコパ・アメリカのベネズエラ戦で起きました。 &nb

記事を読む

アジアカップ決勝、カタール戦直前!歴代監督緊急座談会

ついにアジアカップも残すところ決勝戦のみとなった。新しい代表監督である「森保一」率いる「ポイチ・ジャ

記事を読む

結果が大事?プロセスが大事?サッカーの実在派と実証派との間の話。

先日読んだ「物理学」の本で面白い表現がありましたので、ここでちょっと引用させていただきます。

記事を読む

代表がいっぱい。令和元年の6月は代表三昧!

令和になって1ヶ月強。いよいよ6月15日からは、コパ・アメリカが始まる。東日本大震災のために、辞退し

記事を読む

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




クリロナのルーティーンを彼のルーティーンと比べてみた!

  スペインのメディアに、メッシとクリロナが日々行っているル

VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券