*

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア代表の予選でもあり、自国開催で予選が不要の日本もなぜか参加。

予選落ちの恐怖もなく、負けてもOKのこの予選。気楽と言えば気楽、ノビノビとやれると言えばノビノビやれるはずやったけど・・・グループリーグの初戦のサウジに負けて、第2戦目のシリアにも負けて、早くもグループリーグの敗退が決定しました。

大昔は弱っちぃ国だった日本ならこんな結果にも驚きはしない、当たり前だけれども、プロリーグ(Jリーグ)が出来て四半世紀以上、いまや日本はオリンピックもワールドカップも出場するのは当たり前で、いかに本大会のベスト8以上を狙うか?という国になったわけで、その日本が予選のグループリーグで敗退なんて事態に、今の記者連中さんも、サポの大部分の誰もが免疫がないために、そらもう「大騒ぎ」・・・。

最後の3つ目は、予選突破がこの試合にかかるカタール。2年後のW杯開催もあるし、そらう「熱」で言えば、敗退が決まった日本とは雲泥の違い。ここでもし負けて・・・グループリーグ3連敗でもなろうもんなら・・・。

森保監督解任論が出るのは必至。いや、すでにもう森保監督解任論が噴出しております。

あの田嶋会長も、「負けていいとは思っていない」という、どこか突き放す言い方になって、「監督替えて自分の地位が守られるもんなら、そらもう何回でも監督替えまっせ」モード。

最後の3つ目は、予選突破がこの試合にかかるカタール。2年後のW杯開催もあるし、そらもう「熱」で言えば、敗退が決まった日本とは雲泥の違い。ここでもし負けて・・・グループリーグ3連敗でもなろうもんなら・・・。

その昔は「サッカーで3連敗とか4連敗しただけで監督が解任、更迭されるって酷くない?阪神タイガースなんて3連敗や4連敗なんてザラだぜ?」なんて言っていた僕の周りの人も、どうやらサッカーの世界のルール、常識が解かったみたいで、代表監督が3連敗。しかも「いいとこなし」のグループリーグ敗退となれば、「そらもうクビやろ?次は誰なん?」なんて僕に聞いてくる始末。

<Sponsered Link>



まぁ、保一がこのまま解任されるかどうか?せめてU23は辞めてA代表に専念するか?それとも一気に両方の監督が替わってしまうのか?

どっちになっても特に違和感は感じませんが、今回一番感じるのは「3連敗もしたら一気に更迭論が出る国に、とうとう日本もなったのか・・・うん。それはそれで「よしよし」という感じです。

以前からセルジオ越後氏も言っていたよね。そもそも日本は監督に甘すぎると。ブラジルでは考えられないと。ブラジルなんかたとえ親善試合でも代表が3連敗もしたらまず監督の次の指揮権はないでしょう。

それが当たり前のようなサッカーの監督業。

日本も「アジアのブラジル」と呼ばれてずいぶん経つわけだから、本場、本家さんには及ばなくても、それなりの厳しさは絶対に必要だもんね。

そんな中で、ふと思い出したのがあの「イビチャ・オシム」。

内容と結果はリンクしないと言われるサッカー。面白いけど不安定なチーム、美しいけれども勝つだけが目的のチームには見事に粉砕されるチーム、逆に勝つためにはエンターテインメントやエレガントさは消さなければならないというテーゼ。

そんな「いっぱしのセオリー」なんて関係なかったのがオシムのサッカー。

エレガントに勝つ。コレクティブに勝つ。勝つためのリスクは許容するサッカー。

オシムは、監督経験上一度も3連敗を喫しなかったのだとか。理想のサッカーを常に求めつつ、それであれだけのエレガントでコレクティブなフットボールを、どのクラブに行っても築きあげていたのだから、やっぱり凄いよね。

今の若い人たちはもしかしたらもうオシムを知らないかも。(なんせもう13年も前のことだからね)ああ・・・もう一回オシムに監督してもらいたいなぁ~~~~~。。。(泣)

このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。

サイドバナー




関連記事

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【マ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

「大型トレード」という、懐かしき夕刊の薫り

7月に入って、インターチャンピオンズカップ(別名アウディ・カップ)で、レアルやバイエルンやアーセナル

記事を読む

モウリーニョ、辞任!?解任!?マンU電撃退任!次のクラブはここ?

マンチェスター・ユナイテッドの監督であったジョゼ・モウリーニョが同クラブを退任するという。退任とはい

記事を読む

なぜ「イブラヒモヴィッチ(様)」には異常なほどの敬語を使わなければならないのか?

  先日、正確には日本時間の2020年、1月11日の(夜)11時の試合、セリエA第19節の

記事を読む

日本人でまさかの禁断の移籍! 「時代はここまで来たか?」感

コパ・アメリカが始まるまさにその直前! なんと! 久保建英のレアル・マドリー移籍の情報が飛び込んでき

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ア】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライ

記事を読む

人口が減らない!「新潟・聖籠町」のヒミツはサッカーにあった!

先日のカーリング女子の「吉田知」選手の凱旋コメント「何もない町だよね?でも~~~」を聞いたときにはか

記事を読む

決勝戦はウェンブリーで、ワールドカップはイングランドの永久開催に。

今回のネタは、私(読裏)と、ある人(Kさん)との会話から生まれました。その会話をちょっと再現すると・

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券