*

ドイツvsメキシコ戦の所感。やっぱ守備やなぁ~。もう一度アギーレを呼ぶ?

公開日: : 最終更新日:2018/06/20 サッカー , , ,

人はよくスペインのことを「無敵艦隊」と呼んでいるが、僕から言わせるとホンマの無敵艦隊こそドイツ。ドイッチェランド!いや、ゲルマン達と言ったほうがより感じが出るね。

 

あまり知られていませんが、一部の人たちには有名なこと。それは「世界中のサッカーファンのほとんどの人はドイツが嫌い」ということ。もっと言うなら忌み嫌ってるっていう方がニュアンスは近い。理由は無慈悲だから。感情を感じず、マシーンのように走り、パスを通し、ドリブルをする。それが全部嫌になるくらい正確で速くて、一対一も異様に強い。感情的に動揺したり焦ったりすることも滅多になく、たとえビハインドの状況でも、正確で速く、屈強な大男のパスワークとクロスボールとがじわりじわりと相手陣内に攻め込み、最後には追いつき、そしてそれで安堵せずに一気に逆転する。

 

もちろん先制してリードを奪えば、確実にリードを守り勝ち点を奪っていく。その代わり「クリエイティブさ」はゼロ。観ていても面白くもなんともない。

 

で、そんなドイツの試合がこれほど面白くなるとは思ってもみませんでした。前半45分が終わってハーフタイムになっても僕は全然面白いとは思ってなかったんよね。なんせドイツやから。「どうせ追いつくんやろ」ぐらいの気持ちで観てました。

 

で、60分。65分。70分。ぐらいから・・・

 

ってのも思ってませんでした。なんせドイツやから。「どうせ追いつくんやろ」と。

 

で、75分。80分。そろそろ、おいおい?大丈夫か?

 

ってのも思ってませんでした。なんせドイツやから。ゲルマン魂の持ち主たちやからね。

 

で、85分。90分。ぐらいから・・・おいおい?ってのもまだまだあんまり実は思ってなくて。

 

とうとう、いよいよ、92分ぐらいから・・・もしかしてもしかしたらこのままか?なんて思ってました。

 

で、最後の95分でドイツのコーナーキック。今までのドイツなら「ここでドスン!」と決めて何とか引き分けに――というのがお決まりのパターン。だから最後のコーナーキックになった瞬間に「あ、やっぱりね・・・もしかしてノイアーが決めたりして」ぐらいにしか思ってなかったんやけど。

 

そのコーナーがクリアされた瞬間ぐらいにようやく「え?ドイツが負けるのか?」って思ったわけですよ。それぐらいドイツとグループリーグ初戦と敗戦というフレーズが僕の中では結び付かなかった。

 

でも負けました、ドイツ。勝ったのはメキシコ。

 

最後の最後なんて、「5-4-1」。これ、4列表記なら「5-4-0-1」。もうビッシリとペナコの中に人を群がらせて、来るボール来るボールを弾き返す。そのラインの下げ方と、ボールを狩る狩りどころとの判断が芸術品のように絶妙でした。

 

このサッカーを「どん引きサッカー」とか「ドンガメサッカー」とは言えないよなぁ~。だってドイツと互角に戦っているイメージがあったからね。

 

こういうサッカーなら全然OKっすわ。守って守って、香川と乾の二人でカウンター。隙があればキッチリパスを回す力もあるけど、いつも回すとは限らない。引くところは引いて、蹴って時間稼ぎをするところは稼いで。ドリで行くときも行くときは行く。メッチャ、メリハリが効いてました。

 

一時は「体格的にも似ていて、スキルと戦術の妙で勝ち上がるメキシコスタイル」を我々日本代表も目指した時期がありました。アギーレを呼んだときもそんな背景があったはず。「もう一度アギーレ呼んだら?」と、思わず思ってしまった試合やったね。

 

<Sponsered Link>



 

それにしても・・・

 

●マルコ・ルイス

●マリオ・ゴメス

●クローズ

●トーマス・ミュラー

●エジル

●ドラクスラー

●キミッヒ

こんな恐ろしい連中が、ハンパない本気モードで、押し寄せるように怒涛のドリやパスやクロスを繰り返してるのに。

 

この相手によくもまぁ「0」点で終わらせるよな。スゲーよ、メキシコ。

 



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

発煙筒が燃える景色

時々、このブログで、ワタクシ、読裏クラブが綴る「日本もここまで来たか」シリーズ。  

記事を読む

小笠原満男引退!また一人、ゴールデンエイジが消えていく。そしてあの男は?

日本サッカー界で、燦然と輝いた年代があります。年代=エイジ。燦然と=ゴールデンということで、この年代

記事を読む

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

フェリペ・コウチーニョのバルサ移籍を誰よりも先に知っていたのは誰だ?

とうとうというか、いよいよというか、やっぱりというか、ついにというか。。。  

記事を読む

アルゼンチンvsクロアチア戦の所感 なんでこんなことになっちまったんだ?

アルゼンチンvsクロアチアの所感。というタイトルですが。。。所感というよりは、嘆きという方が正しいし

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループGの巻

【お詫び】このネタは、6月17日にアップしたつもりがアップし損ねておりました。既に結果が出かかってお

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

CLの準々決勝カードが決定!さぁ、ここからがホンマのCLだ!

17-18チャンピオンズリーグの準々決勝カードが抽選の結果決まりました!改めてここでその4カードをご

記事を読む

アルゼンチンvsアイスランド戦の所感。まぁこれがサッカーさ。しかしメッシよ、何しとんねん!

ワールドカップ2018。これまでグループAとグループBがあっという間に終わって、いよいよ今日から我ら

記事を読む

12月1日、W杯抽選の時はポットとポッド。どっちが正しいのか?

W杯の出場を決めている国の人たちにとって、その前年の12月1日は我々サッカーフリ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




崎陽軒のシウマイと似た世界はここにもあるよ。関西学院の読み方の都市伝説について

ひょんなことから話題になった「崎陽軒のシウマイ」。”ひょんなこと”とい

もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

→もっと見る

  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券