*

ドイツvsメキシコ戦の所感。やっぱ守備やなぁ~。もう一度アギーレを呼ぶ?

公開日: : 最終更新日:2018/06/20 サッカー , , ,

人はよくスペインのことを「無敵艦隊」と呼んでいるが、僕から言わせるとホンマの無敵艦隊こそドイツ。ドイッチェランド!いや、ゲルマン達と言ったほうがより感じが出るね。

 

あまり知られていませんが、一部の人たちには有名なこと。それは「世界中のサッカーファンのほとんどの人はドイツが嫌い」ということ。もっと言うなら忌み嫌ってるっていう方がニュアンスは近い。理由は無慈悲だから。感情を感じず、マシーンのように走り、パスを通し、ドリブルをする。それが全部嫌になるくらい正確で速くて、一対一も異様に強い。感情的に動揺したり焦ったりすることも滅多になく、たとえビハインドの状況でも、正確で速く、屈強な大男のパスワークとクロスボールとがじわりじわりと相手陣内に攻め込み、最後には追いつき、そしてそれで安堵せずに一気に逆転する。

 

もちろん先制してリードを奪えば、確実にリードを守り勝ち点を奪っていく。その代わり「クリエイティブさ」はゼロ。観ていても面白くもなんともない。

 

で、そんなドイツの試合がこれほど面白くなるとは思ってもみませんでした。前半45分が終わってハーフタイムになっても僕は全然面白いとは思ってなかったんよね。なんせドイツやから。「どうせ追いつくんやろ」ぐらいの気持ちで観てました。

 

で、60分。65分。70分。ぐらいから・・・

 

ってのも思ってませんでした。なんせドイツやから。「どうせ追いつくんやろ」と。

 

で、75分。80分。そろそろ、おいおい?大丈夫か?

 

ってのも思ってませんでした。なんせドイツやから。ゲルマン魂の持ち主たちやからね。

 

で、85分。90分。ぐらいから・・・おいおい?ってのもまだまだあんまり実は思ってなくて。

 

とうとう、いよいよ、92分ぐらいから・・・もしかしてもしかしたらこのままか?なんて思ってました。

 

で、最後の95分でドイツのコーナーキック。今までのドイツなら「ここでドスン!」と決めて何とか引き分けに――というのがお決まりのパターン。だから最後のコーナーキックになった瞬間に「あ、やっぱりね・・・もしかしてノイアーが決めたりして」ぐらいにしか思ってなかったんやけど。

 

そのコーナーがクリアされた瞬間ぐらいにようやく「え?ドイツが負けるのか?」って思ったわけですよ。それぐらいドイツとグループリーグ初戦と敗戦というフレーズが僕の中では結び付かなかった。

 

でも負けました、ドイツ。勝ったのはメキシコ。

 

最後の最後なんて、「5-4-1」。これ、4列表記なら「5-4-0-1」。もうビッシリとペナコの中に人を群がらせて、来るボール来るボールを弾き返す。そのラインの下げ方と、ボールを狩る狩りどころとの判断が芸術品のように絶妙でした。

 

このサッカーを「どん引きサッカー」とか「ドンガメサッカー」とは言えないよなぁ~。だってドイツと互角に戦っているイメージがあったからね。

 

こういうサッカーなら全然OKっすわ。守って守って、香川と乾の二人でカウンター。隙があればキッチリパスを回す力もあるけど、いつも回すとは限らない。引くところは引いて、蹴って時間稼ぎをするところは稼いで。ドリで行くときも行くときは行く。メッチャ、メリハリが効いてました。

 

一時は「体格的にも似ていて、スキルと戦術の妙で勝ち上がるメキシコスタイル」を我々日本代表も目指した時期がありました。アギーレを呼んだときもそんな背景があったはず。「もう一度アギーレ呼んだら?」と、思わず思ってしまった試合やったね。

 

<Sponsered Link>



 

それにしても・・・

 

●マルコ・ルイス

●マリオ・ゴメス

●クローズ

●トーマス・ミュラー

●エジル

●ドラクスラー

●キミッヒ

こんな恐ろしい連中が、ハンパない本気モードで、押し寄せるように怒涛のドリやパスやクロスを繰り返してるのに。

 

この相手によくもまぁ「0」点で終わらせるよな。スゲーよ、メキシコ。

 



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

後任は西野さん?ハリルホジッチ電撃解任で遠藤復帰も!?

ハリルホジッチ解任!の一報が携帯の速報で朝一番に飛び込んできました。ちょっと驚き。でも意外ではなかっ

記事を読む

獲りも獲ったり13点。Jリーグ新記録「13-1」で見えた(聞こえた)リーグのレベル

つい先日「6得点が入るリーグってどうよ?」というネタをあげさせてもらいました。そのネタでは「あまりに

記事を読む

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外

記事を読む

秋の夜長に読む一冊「スティーブン・ジェラード自伝」

台風の被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます。 そんな挨拶が通常になる、台風

記事を読む

東京にアルゼンチンとブラジルがやってくる!

  東京オリンピックまであと半年を切りました。カウントダウン的なニュースがこれからいよいよ

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ハ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

ロシアW杯組分け決定!一番早い8つのグループ評価

ロシアW杯の抽選会が、モスクワ宮殿で厳かに行われ、我々日本代表は最終のH組、の、

記事を読む

クリスティアーノ・ロナウドってなんやかんや言うて、メチャメチャ凄いんとちゃうのん?と、今思ってしまった理由。

17-18のチャンピオンズリーグは、グループリーグのステージが終わり、いよいよノックアウトステージへ

記事を読む

長谷川健太の同級生「さくらももこ」さん死去。頑張れ!清水エスパルス

また訃報です。今年は特にそう感じるんだけど、一報を聞いて(正確にはスマホのニュースが飛び込んでくるの

記事を読む

やったぜ!大金星!コロンビア戦の採点です。

それではコロンビア戦(WC)の採点です。   GK 川島 4.5 最近、川島が出て「

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券