*

フランス、気の抜けたシャンパン!まったく違う味で優勝。

ロシアワールドカップが終わりました。優勝はフランス。ま、今回のフランスは優勝候補の一角に名を連ねていたので、彼らが優勝したのはそれほど驚きではありません。

 

ただ、その内容は驚きでした。

 

はっきり言って、フランスのイメージは全く変わってしまったね。その昔、82年のスペイン大会で見せつけられたシャンパン・フットボールは、それはそれは美しく、見事なプレースタイルでした。

 

ミシェル・プラティニ、アラン・ジレス、ジャン・ティガナ、そしてベルナール・ジャンジニ(名前もすっげーフランスっぽいし、口髭も印象的やったし、それに左利きなのがまたオシャレ)。彼らがダイレクトでポンポンとパスを廻す体は、まさしくシャンパンのコルクがポンポンと飛び交うような、シャンパンのような爽やかで甘く、美しいものでした。

 

フランスと言えばシャンパン・サッカー。シャンパン・サッカーと言えばフランス。そのボールの軌跡は、スペインとバルセロナの黄金期だったティキ・タカとは微妙にその距離感や、コースや、ボールの速さや角度が違っていて、また「青・白・赤」のユニのバランスも、すっげ~、お洒落で、恰好よくて。。。フランスサッカーには一種の憧憬さえ感じておりました。

 

が、しかし、ばっと、はうえばー・・・。

 

それももう消え去ったね。某国営放送の解説を務めた人なんかは、「もう感動でした!その言葉しかありません!感動的な決勝戦でした!」なんて、そらもう陳腐な感動という言葉を、それこそ何十回も叫んで、自分なりにこの決勝を、勝手に感じている高揚感で表現しようとしえいたけど、この決勝は、そらサッカーのクオリティで言えば間違いなくクロアチアでした。

 

フランスは、もうミエミエのカウンター狙い。ゴールをあげるのは速攻カウンターか、そこで拾えるセットプレー。そこで点を入れたらあとはもうガッチリ守って、ボールをカットすればエムバペの前に蹴って「走って点獲ってこいやぁ~~」。。。の繰り返し。

 

もうシャンパンのかけらもない。気の抜けたシャンパン?いや、それでもない、もう別の飲み物になっちまいました。

 

 

 

<Sponsered Link>



 

そら、無理もないわ。監督はデシャンやもん。某国営放送は、「フランスが優勝すれば、選手と監督で優勝を経験する史上3人目となり、デシャンの偉業」なんて持ちあげておりました。が、その20年前に優勝したフランスも、実はもうシャンパンサッカーからかなり姿を変えていたように思います。

 

それを気づかせなかったのは、ジダンという稀代の天才がいたから。ジダンのプレーを見るだけで楽しく、酔わせてくれたので、それをシャンパンの味だと勘違いしていたのかもしれない。そこには「ガチィ~~~」と守るデシャンが、それこそ走り廻ってボールを奪取していたからね。ま、いわゆる「労働者」そのもんでした。

 

今回のフランスもまったくそう。カンテなんて史上最大の労働者だし、ポグバだって、黒子に徹してたし(あ、肌の色じゃないよ!プレースタイルのことね!)、マテュイディだって彼らに負けじと、労働に労働を重ねていて、そらもう「働き方改革」施行後は、カンテもマテュイディも、労働過多で、基準局からお達しが出そうなくらい。

 

前のグリーズマンだって、ジルーだって、華麗さよりは勤勉さの方が目立ったし、エンバペは未成年だからシャンパン飲んだらアカンし。。。

 

あ、それと、ユニフォームについても一言。フランスが(ブラジルも・・・)ナイキにフットボールの良心を売ってしまってから、もうずいぶんと経つんやけれど、今回のユニも酷かったねぇ~。ピチピチのユニはまぁ百歩譲って許せるとしても、あの首の後ろに回った変な切り替えしのラインや、へんな濃淡のコンビネーションも、かなりダサい。

 

なんだかなぁ~~。「フランスおめでとう!」「フランス20年ぶりの優勝!」「フランス2回目の優勝!」なんて文字が飛び交うのはいいんだけれど、誰か「フランスよ、それでいいのか?」「シャンパンサッカーはもう蘇らないのか?」「それにしてもユニフォームもダサいぞ!」「アディダスのあのユニはもう蘇らないのか?」「フランス、気の抜けたシャンパンで、不味い味でもとにかく優勝」みたいな、そんな粋な記事を書く人、いね~のかなぁ~?

 

プーマオンラインストア

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

阪急電車で聞いた「日本もここまで来たか」感の話

いやぁ~~、日本もえらい国になったもんです!! というのが本日のお題。   別

記事を読む

ガンバレ!スルガ銀行!

皆さんは「スルガ銀行」という銀行をご存知だろうか?   関東地方の方ならまだし

記事を読む

Jリーグと吉本新喜劇はどちらが刺激的か?

このブログを読裏クラブとしてアップしているワタクシの事を知っている人が少数ではありますがいらっしゃい

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループGの巻

【お詫び】このネタは、6月17日にアップしたつもりがアップし損ねておりました。既に結果が出かかってお

記事を読む

『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おうおう、またガセかよ?」「ほぅ~

記事を読む

チリ戦(コパ・アメリカ)の採点

それではチリ戦の採点です。 GK 大迫 5.0 おお!?おおさこ!?って代表にもう一人いたんやね

記事を読む

代表がいっぱい。令和元年の6月は代表三昧!

令和になって1ヶ月強。いよいよ6月15日からは、コパ・アメリカが始まる。東日本大震災のために、辞退し

記事を読む

2018年の名古屋グランパスは台風の目になるジョー?

先日、2018年度を戦う名古屋グランパスの新加入選手とともに全メンバーの背番号も発表されました。

記事を読む

ロペテギの後任は、ひさびさ・爽やか・アルゼンチン人、サンティアゴ・ソラーリ!

レアルのロペテギ監督が解任された。先のクラシコで1-5の大敗を喰らった時点で完全にアウト!やったね。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券