*

フランス、気の抜けたシャンパン!まったく違う味で優勝。

ロシアワールドカップが終わりました。優勝はフランス。ま、今回のフランスは優勝候補の一角に名を連ねていたので、彼らが優勝したのはそれほど驚きではありません。

 

ただ、その内容は驚きでした。

 

はっきり言って、フランスのイメージは全く変わってしまったね。その昔、82年のスペイン大会で見せつけられたシャンパン・フットボールは、それはそれは美しく、見事なプレースタイルでした。

 

ミシェル・プラティニ、アラン・ジレス、ジャン・ティガナ、そしてベルナール・ジャンジニ(名前もすっげーフランスっぽいし、口髭も印象的やったし、それに左利きなのがまたオシャレ)。彼らがダイレクトでポンポンとパスを廻す体は、まさしくシャンパンのコルクがポンポンと飛び交うような、シャンパンのような爽やかで甘く、美しいものでした。

 

フランスと言えばシャンパン・サッカー。シャンパン・サッカーと言えばフランス。そのボールの軌跡は、スペインとバルセロナの黄金期だったティキ・タカとは微妙にその距離感や、コースや、ボールの速さや角度が違っていて、また「青・白・赤」のユニのバランスも、すっげ~、お洒落で、恰好よくて。。。フランスサッカーには一種の憧憬さえ感じておりました。

 

が、しかし、ばっと、はうえばー・・・。

 

それももう消え去ったね。某国営放送の解説を務めた人なんかは、「もう感動でした!その言葉しかありません!感動的な決勝戦でした!」なんて、そらもう陳腐な感動という言葉を、それこそ何十回も叫んで、自分なりにこの決勝を、勝手に感じている高揚感で表現しようとしえいたけど、この決勝は、そらサッカーのクオリティで言えば間違いなくクロアチアでした。

 

フランスは、もうミエミエのカウンター狙い。ゴールをあげるのは速攻カウンターか、そこで拾えるセットプレー。そこで点を入れたらあとはもうガッチリ守って、ボールをカットすればエムバペの前に蹴って「走って点獲ってこいやぁ~~」。。。の繰り返し。

 

もうシャンパンのかけらもない。気の抜けたシャンパン?いや、それでもない、もう別の飲み物になっちまいました。

 

 

 

<Sponsered Link>



 

そら、無理もないわ。監督はデシャンやもん。某国営放送は、「フランスが優勝すれば、選手と監督で優勝を経験する史上3人目となり、デシャンの偉業」なんて持ちあげておりました。が、その20年前に優勝したフランスも、実はもうシャンパンサッカーからかなり姿を変えていたように思います。

 

それを気づかせなかったのは、ジダンという稀代の天才がいたから。ジダンのプレーを見るだけで楽しく、酔わせてくれたので、それをシャンパンの味だと勘違いしていたのかもしれない。そこには「ガチィ~~~」と守るデシャンが、それこそ走り廻ってボールを奪取していたからね。ま、いわゆる「労働者」そのもんでした。

 

今回のフランスもまったくそう。カンテなんて史上最大の労働者だし、ポグバだって、黒子に徹してたし(あ、肌の色じゃないよ!プレースタイルのことね!)、マテュイディだって彼らに負けじと、労働に労働を重ねていて、そらもう「働き方改革」施行後は、カンテもマテュイディも、労働過多で、基準局からお達しが出そうなくらい。

 

前のグリーズマンだって、ジルーだって、華麗さよりは勤勉さの方が目立ったし、エンバペは未成年だからシャンパン飲んだらアカンし。。。

 

あ、それと、ユニフォームについても一言。フランスが(ブラジルも・・・)ナイキにフットボールの良心を売ってしまってから、もうずいぶんと経つんやけれど、今回のユニも酷かったねぇ~。ピチピチのユニはまぁ百歩譲って許せるとしても、あの首の後ろに回った変な切り替えしのラインや、へんな濃淡のコンビネーションも、かなりダサい。

 

なんだかなぁ~~。「フランスおめでとう!」「フランス20年ぶりの優勝!」「フランス2回目の優勝!」なんて文字が飛び交うのはいいんだけれど、誰か「フランスよ、それでいいのか?」「シャンパンサッカーはもう蘇らないのか?」「それにしてもユニフォームもダサいぞ!」「アディダスのあのユニはもう蘇らないのか?」「フランス、気の抜けたシャンパンで、不味い味でもとにかく優勝」みたいな、そんな粋な記事を書く人、いね~のかなぁ~?

 

プーマオンラインストア

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

ガンバ大阪の遠藤保仁、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が秒読みへ?

本日驚愕のニュースが我々の元に飛び込んできた(★)     あ

記事を読む

バルセロナがシメオネを一蹴。終わってみればやっぱりメッシ。

リーガエスパニョーラもいよいよ終盤に差し掛かってきて、首位バルセロナがこのままゴールのテープを切るの

記事を読む

平成最後の日にはやっぱりこれかな?

いやぁ~~~、ずいぶんとご無沙汰してしまってました。こんだけネタを上げずにいたのはいつ以来かなぁ~?

記事を読む

1試合2億5千万、1ゴール12億5千万貰って帰っていった男。

1試合で2億5千万、1ゴールで12億5千万貰えたら、アナタはどうしますか?  

記事を読む

スコアレスドローの「魅力と美しさ」をもっと知って欲しいです!サッカーは点が入らないから面白い!

スコアレスドロー。この言葉を聞いて何を想像されるだろう?    

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループBの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

なぜ「イブラヒモヴィッチ(様)」には異常なほどの敬語を使わなければならないのか?

  先日、正確には日本時間の2020年、1月11日の(夜)11時の試合、セリエA第19節の

記事を読む

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表されます」というニュースが午前中

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




サッカーが無くなった日々で是非見て欲しい番組がこれ!

今は4月。2020年の4月。ときがときならば、あと3ヵ月で開幕するオリ

神様「志村けん」が、神様になった日

 志村けんが亡くなりました。コロナでまさかこんなことになるなん

サッカーで5つの新ルール変更を実験!その内容と結末は?

  サッカー(というより、フットボール)が、なぜこれほど世界

コロナウィルスでルミナス神戸2が破綻!

ついに、とうとう・・・ 「ルミナス神戸2」(正式名称=ルミナスクルー

こんなパス廻しは見た事ない!13分間の「最強のパス」廻し

  最強のパス廻しとは、どんな状態を言うのだろう? &nbs

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券