*

CLの準々決勝カードが決定!さぁ、ここからがホンマのCLだ!

17-18チャンピオンズリーグの準々決勝カードが抽選の結果決まりました!改めてここでその4カードをご紹介!という前に・・・

 

 

この準々決勝のカードぐらいが、チャンピオンズリーグとしても一番美味しいというか、面白いというか、脂が乗り切るというか、つまり、もっとも「らしい」感じになってくるよね?

 

 

正直言って、本大会と言えども、グループリーグともなると、「泡沫」みたいなクラブが入っていて、いわゆる「KASU」カードというか、その言い方に語弊があるのなら「SUKA」カードというか(え?SUKAもKASUも変わらんやないか!?って?マエとウシロが入れ替わっただけやないか?って?そら失礼しました)、それでもだめなら「HEBO」カードというか。ま、表現はいろいろあるんですが、要は「チャンピオンズリーグっぽくないよな」というカードが混じることもままあるわけで。

 

 

でも、これが準々決勝ともなろうもんなら、やっぱり「おお~!これは豪華なカードやん!ちょっと見てみたいやん!そうそう見られへんカードちゃうのん?どっちが勝つんか、メチャメチャ興味あるやん!?」的なカードになってきます。ま、これを短く端的に言うと「これぞCL!これぞチャンピオンズリーグ!」てなとこですな。

 

 

そもそもチャンピオンズリーグの元々の姿は「チャンピオンズカップ」。つまり「どの国のリーグが一番レベル高いか?勝負してみようやん!?大会」なわけです。あのスペインの雄、「レアル・マドリー」と、イングランドの1部リーグで強豪と言われていた「リバプール」や「マンチェスター・ユナイテッド」(今は見る影もないですが、ノッティンガム・フォレストとか)とが勝負したらどっちが勝つんやろ?どっちが強いんやろ?と。

 

 

イタリアの強豪「ユベントス」と、ドイツのブンデスリーガで何連覇もしていた「バイエルン・ミュンヘン」が勝負したらどっちが強いんやろ?とか。普通にサッカー大好き人間やったら、そらもう興味津々。考えるだけで、想像するだけで、お●っこが漏れそうなくらいドキドキする対戦を、「それじゃ実際にいっぺんやってみようぜ!」ってなったのがそもそものチャンピオンズリーグの前身であるチャンピオンズカップ。なわけです。(その考え方の別のシリーズが、「カップ戦で一番強い、一発勝負で一番強い、それぞれの国のカップ戦の優勝者ばっかり集めて大会やろうぜ?」が、カップ・ウィナーズ・カップですな)

 

 

だからやっぱり、チャンピオンズリーグがチャンピオンズリーグたらんとするならば、そんな「これ、どっちが勝つんやろ?」的な「ちょっとメチャメチャ豪華やん?」的なカードでないとアカンと思うわけで、そういう色合いが出てくるのがこの準々決勝あたりになってくるんですよね。

 

 

てなわけで、私の感想を一言加えさせてもらいながら、今年も決まった「4つの豪華カード」を振り返りましょう!

<Sponsered Link>




●バルセロナvsローマ

バルセロナとローマってなかなか見られないカードかな?っていうイメージがあるけれど、調べてみたら2年前のCLグループリーグで対戦してるんだよね。その時はバルセロナの1勝1分け。まぁ順当な結果なのでしょう。その昔はローマと言えば・・・というよりも、イタリアのクラブが出てきたら、そらもう一発勝負の勝負強さが群を抜いていたので、それだけでカードに箔がついたもんでした。名前は豪華やけれど、たぶん、かなり、「こっち」が勝つんやろうね。

 

●ユーベvsレアル

やりました!前年の決勝の再現!ちょっと準々では勿体無い!ぐらいの豪華カード。クラブの格といい、現在の実力といい、たぶんこの4つのカードの最高峰でしょう!もう解説の余地なし!前年のブッフォンの悔しそうな顔が忘れられませんな。

 

●リヴァプールvsマンチェスターC

プレミア同士のぶつかり合いがここで登場となるのも、ちょっと勿体ないけど、まぁしょうがないです。この「勿体無い」というのもある意味CLの独特の贅沢さというか、宿命というか。「ここでこの二つがぶつからんでもええのになぁ~」という感覚を味わうのもCLの準々決勝の楽しみの一つですね。個人的にはクロップvsペップという構図に大変興味を持ちます。

 

●セビージャvsバイエルン・ミュンヘン

ジョゼ大好き人間の僕としてはここはマンチェスター・ユナイテッドに勝ち上がってもらって、バイエルンとやって欲しかったっす(マンチェスターが勝ち上がっていたとして抽選でバイエルンと当たるという保証は別にないけどね)。でもまあそれもCLです。セビージャが曲者で厄介な存在であることは、世界中のサッカーフリークなら誰でも感じているはず。「もしかしたら食われるんじゃないの?」指数は、少なくともローマよりも全然ありますわね。

 

 

とにかく、ここぐらいからは急激に面白くなりますチャンピオンズリーグ。4月上旬はプロ野球開幕に、ワールドカップ2ヶ月前に、新生活に、そしてチャンピオンズリーグの準々決勝。4年に一度のこの贅沢!ここで言うセリフはもうこのセリフで決まりですな

 

 

「は、いそがし!は、いそがし! by「谷しげる(吉本新喜劇参照)」(爆)

 

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

コスタ・リカvsセルビア戦の所感。巧い!セルビア!さすが東欧のブラジル!

ブラジルがいよいよ登場!というグループEの裏カードが、ブラジルvsスイスより先に行われました。コスタ

記事を読む

長谷川健太の同級生「さくらももこ」さん死去。頑張れ!清水エスパルス

また訃報です。今年は特にそう感じるんだけど、一報を聞いて(正確にはスマホのニュースが飛び込んでくるの

記事を読む

レアルに挑む、鹿島アントラーズというクラブの実体は?

あまり盛り上がってない(というのは僕だけか・・・)2018クラブワールドカップ。久しぶりにアジアを制

記事を読む

スコアレスドローの「魅力と美しさ」をもっと知って欲しいです!サッカーは点が入らないから面白い!

スコアレスドロー。この言葉を聞いて何を想像されるだろう?    

記事を読む

やったぜ!関西学院!ジャイアントキリング!こりゃ、ロシアワールドカップに向けて幸先がいいね!

ロシアワールドカップを直前に控えて、ここ日本ではひっそりと(苦笑)天皇杯が行われております。

記事を読む

CWCは無事に!レアルが優勝。鹿島の敗戦で、ちょっと安堵している僕をお許しください。

ちょっと時間が経過しましたが、2018年のクラブ・ワールドカップも無事、大いに盛り上がり(って誰も思

記事を読む

ガンバ大阪の遠藤保仁、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が秒読みへ?

本日驚愕のニュースが我々の元に飛び込んできた(★)     あ

記事を読む

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

ドイツvsメキシコ戦の所感。やっぱ守備やなぁ~。もう一度アギーレを呼ぶ?

人はよくスペインのことを「無敵艦隊」と呼んでいるが、僕から言わせるとホンマの無敵艦隊こそドイツ。ドイ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑