*

東京の積雪は、東京で知らせてください。

公開日: : 最終更新日:2018/01/26 エンターテインメント , ,

昨日、今日とTVは関東地方(東京)の豪雪、積雪のニュースでもちきりでした。

 

「ここ、新宿でも、ほら・・・こんなに雪が積もっていて、交通機関は大幅にダイヤの乱れが・・・」みたいな。そらもうどこかアナウンサーも気持ちが壊れていると言うか、どこか運動場に雪が積もって銀世界になったのを見てはしゃいでいる小学生みたいなノリで、「雪です!雪!雪!」てな調子で、積雪を連呼します。

 

しかし、これを見ているといつも僕は怒りを覚えずにはいられないのですよ。おそらくこの怒りは僕だけではなくて、多くの方々もお持ちなんじゃないでしょうか?いや、神戸にいる僕よりも、新潟や青森や北海道の人たちはもっともっと怒っているのではないでしょうか?(除く東京の人たち)

 

その怒りとは何か?というと・・・

 

<Sponsered Link>



 

それはつまり「全国放送で、何で一地方(東京という一部の地域という意味ね)の天気のネタをバンバンとワイドショーやモーニングショーで流しとんねん!」ということです。

 

雪!雪!雪!やったら、新潟や青森は毎日毎日ワイドショーで言わんとアカンやん?ということです。

 

もちろん今回については関西では雪の「ゆ」の字もないし、もちろん九州も四国もそう。逆に東北や北の方では「何をセンチ単位の積雪でギャーギャー騒いどんねん!こっちは積雪2メートルじゃ!今でもドカ雪が降っとんねん!」という事になるでしょう。

 

東京の天気のネタを全中(全国中継の略です。はい。全中連の略ではありません。はい)でやる意味がどこにあんねん!?

 

「全中ニュースを配信する僕たちが住んでいる街が日本の中心だから、その日本の中心の街に雪が積もって交通機関が麻痺することって、すっごくビッグニュースなんだよ!」って思ってるんやろうなぁ~。

 

なぁ、地方のTV局の編集さんよ。「ネットが東京の天気ネタをやるんだったら、俺たちその間のネット代、払わへんから!」って一度勇気を出して言ってみてよ!

 

 

サイドバナー




関連記事

今年の大晦日はこれで決まり!井之頭五郎が瀬戸内を巡る。孤独のグルメSP編が生放送。

大晦日と言えば「紅白歌合戦」と言われた時代。それが今は「絶対に笑ってはいけない」日となって久しいけれ

記事を読む

六甲おろしを一番歌ったアナウンサー、中村悦一さん死去

年齢が40歳にならない人なら、ご存知ないかもしれません。  

記事を読む

大杉漣さん逝く。サッカー界の名バイプレーヤーよ永遠に!

「大杉漣さん死去」。それは突然の訃報だった。「え?」っと思わず絶句した人もホントに多かったのでは?

記事を読む

帰らぬ人となった、帰ってきたヨッパライ。「はしだのりひこ」さん死去

はしだのりひこ氏が死去されました。享年72歳。今のご時世、まだまだ若

記事を読む

週一回の水曜日が楽しみでしょうがない理由、それは「おんな酒場放浪記」

実は私には密かな楽しみがあるのである。その密かな楽しみは1週間に1度やってくる。その密かな楽しみは水

記事を読む

誰が何と言おうと、ダレノガレ明美のハリウッド挑戦を素直にリスペクト!

ダレノガレ明美のハリウッド挑戦宣言を聞いて、というよりも、彼女がツィートした文言を見て、久々に爽快な

記事を読む

羽生永世七冠の偉大さを、わかりやす~~~~~~く説明することにトライしてみました。

  羽生善治19世名が「永世七冠」を獲得した。と、一行で書けば書けるこの偉業。でもこ

記事を読む

秋は引退の季節。一人の男が引退を決めた理由に「それ、わかるな~」。

秋です。秋といえば?まぁ、いろいろありますが、これでもアスリートの端くれとして生きてきた「ワタクシ」

記事を読む

世界一受けの良いジョーク

僕は宇宙が好きだ。そして宇宙を考える宇宙物理学が好きだ。   その宇宙物理を考

記事を読む

アルパチーノのジャスティス。ラストシーンの英語の力が素晴らしい!

実は私、これでも「映画好き」。映画が好きなことなら、人後に落ちないとは思っています。 &nbs

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




Jリーグ開幕!ビッグ3で黒星スタート!だからサッカーは面白い

平成最後の・・・あ、いや、新元号の最初の・・・Jリーグが、いよいよ始ま

オリンピックからあのマークが消える日!?

来年の事を言えば鬼が笑う・・・と言いますが、かと言って来年になってしま

ガンバレ!スルガ銀行!

皆さんは「スルガ銀行」という銀行をご存知だろうか?  

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろん

僕にも巨人軍の後輩ができました!その名は坂本!

皆さんは、出身の学校で有名人のOBや、有名人の後輩がいらっしゃるでしょ

→もっと見る

  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑