*

広告は何回目から嫌になる?ザイオンス効果はどうなってるの?

公開日: : 最終更新日:2017/12/30 ビジネス

最近、仕事がらみである商品の事をかなり詳しく調べています。

当然今の時代、調べるのはPCであり、スマートフォンがその道具となります。調べたいことが即時に目の前に出てくるわけですし、調べたい事をいろいろな角度から(つまりいろいろな検索ワードを使って)調べられる。まさしくネット時代になって調べものの量やスピードは昔にくらべてはるかに大きくなりました。

ただ、そこで、かなり目立った現象が発生しています。この現象、想像つきますか?はい。そうです。おんなじ広告が「これでもか」というぐらいに出てくるわけです。

「あなたはこれに興味があるのでしょう?検索の行動を見ると明らかですよ!さて、このバナーをクリックして、早くこの商品を買ったらどうですか?」と言わんばかりの頻度で目の前に同じ会社の同じ商品の広告が出てきます。

<Sponsered Link>



実はこの現象、今ではもう常識です。広告の専門用語でいう「リタゲ広告」ですね。一度接触したワードやサイトに興味があるターゲットとして私はロックオンされているわけです。厳密にはキャッシュという私が残している痕跡を追跡されているわけですが。

ただ、これ、かなり「目障り」になってます。「またか?」というのが素直な感情。もっと言うと「もう見たくないよ!」という感情の方が強くなってきて、最後にはこの広告に載っている商品自体に嫌悪感さえ覚えるようになってきました。はっきり言って逆効果です。

広告の世界ではセオリーとして「ザイオンス効果」というものがあります。いわゆる「接触回数が増えれば増えるほど、消費者はその対象物に好感を覚える」というもの。今まではそうでした。例えば、最初は何も思わなかったTVのCM。それが何度も見ていくうちに、その映像や音楽、出演するタレントに親近感を覚えるようになって、挙句そのCMシリーズを楽しみにしていたり、そのCMシリーズと共にその世界観を共有するようになったり。最近では携帯キャリアのあの会社の「三太郎」シリーズなんかが有名です。

まさに「ザイオンス効果」。それはいまだに生きていますザイオンス効果はその回数が重要だというのが鉄則。つまり同じCMを1時間流されて見るよりも、3分ずつ20回視聴する方がその好感度は高くなります。

しかし、どう考えてもリタゲ広告はこの法則とは逆の感情を呼び起こします。

そこである調査機関がこの件でアンケートを取りました。その質問はズバリ「広告は1日何回まで許されますか?」というもの。学術的には「消費者側から見た広告との接触回数別の好感度」調査。そこで出た結果はかなり興味深いものでした。

結果は意外にも84%もの人が「1日3回以上で同じ広告を目にするとマイナスの印象を受ける」というもの。これは先のザイオンス効果とまったく逆行します。

また個別意見としも「印象に残り過ぎる広告だったり、派手気味な広告であればあるほど嫌気がさします」とか「単純に見る回数よりも見せ方の問題。バナーの位置がサイトを見るのに邪魔な場所だと、1回でも不快に思う」とか、今の現代人はかなり短気な傾向にあるようです。

広告を出す方は好感度が重要。できるだけ好感度を上げるためにはその露出頻度を上げるのが鉄則。しかしその頻度がかなり低い時点でマイナスイメージを持つポイントメイクとなります。広告の頻度が少なければその効果は出ない。でも頻度を上げればその効果は逆に働く。

現代の広告は非常に難しい時代に突入したように思います。だからこそ、頻度に頼らず、その内容、コンテンツがより吟味される、そんな時代だということなのでしょう。

サイドバナー




関連記事

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上げる」と言われながら、世間の景

記事を読む

「トイザらス」と「祇園精舎」

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・

記事を読む

百貨店でアダルトグッズを販売?さて、その売上は?

先日、「びっくらこいた」ニュースを目にしました。   まぁ、僕もこれでもマーケ

記事を読む

4Pから4Cの時代へ

変化が激しい今の世の中。何が求められて何が必要なのか?が見えなくなってきた世の中だか

記事を読む

アナタは【逆(に言う)男】に出遭ったことがあるか?

また随分とアップが滞ってしまいました。 実はこれはサッカーネタではありません。昔のスポナビでは

記事を読む

なぜメルカリは鹿島アントラーズの経営権を取得したのか?昭和と令和のスポンサードの違いを探る

メルカリが鹿島アントラーズの経営権を取得した。実際は、鹿島アントラーズを運営する鹿島アントラーズ・エ

記事を読む

QOQってどう読むの?3Qo3Qってどういう意味?

QOQなんて用語が、最近の経済指標、事業計画書や決算書によく見られるようになりました。qoqなんて半

記事を読む

今年の大晦日はこれで決まり!井之頭五郎が瀬戸内を巡る。孤独のグルメSP編が生放送。

大晦日と言えば「紅白歌合戦」と言われた時代。それが今は「絶対に笑ってはいけない」日となって久しいけれ

記事を読む

10月31日は「コーチ」が「タペストリー」になる日

あなたはブランド品というものをどれだけ持っているでしょうか?ブランドモノの定義もある

記事を読む

究極のセール「1円セール」は問題あり?

どんな地域でも、どんな街でも、どんな場所でも、どんな店でも。そしてそれはリアルな

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




史上最大のダサさの日本代表新ユニフォームは、アレに似てる!?

久しぶりのサッカーネタ。いろいろ書きたいことがあって「はてさて・・・何

Jリーグと吉本新喜劇はどちらが刺激的か?

このブログを読裏クラブとしてアップしているワタクシの事を知っている人が

アナタは【逆(に言う)男】に出遭ったことがあるか?

また随分とアップが滞ってしまいました。 実はこれはサッカーネタで

金田正一氏死去。永遠に生きると思ってた人の一人でした。

「かねやん」こと、金田正一さんが亡くなられました。享年86歳。

6得点が入るリーグってどうよ?

「サッカーは得点が少ないから面白くない」   昔

→もっと見る

  • 2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券