*

吉野家の数量限定サーロイン使用「特選 すきやき重」は、本当に数量限定なんだろうか?

私(読裏)は、普段は広告戦略やマーケティングなどのコンサルティングをしております。

 

その際によく質問されるのが「売れる広告ってどう作るんですか?」とか「売れるチラシの作り方を教えてください」というもの。

 

もちろん個々の相談される方々の商品やサービスに沿って広告は作っていきますし、その時に何をピック(特徴を拾い上げるの意味ね。ちょっと業界っぽいっしょ?笑)するか?は、毎々違うわけですが・・・

 

それでも、いわゆる「売れる広告」のセオリーみたいなもんは確実に存在します。

 

例えばデザインとか、例えば色づかいとか、例えば写真の撮り方、その画像の置き方、価格の載せ方とかね。

 

そしていわゆる「タイトル」や「コピー」、そして「惹句」(これは漢字で書くよりも、カタカナでジャックと書いた方が『感じ』ではあります)

 

そこには確実に心理学の世界が拡がっており、その人間心理に訴えるタイトルやコピー、そして惹句が効くわけです。

 

そんなセオリーの中で、売れる広告の中で、最も効く!最も利く!のが、「限定」というフレーズ。

 

限定◎◎様限り!  限定◎◎個限り!  今月末までの限定キャンペーン! 限定商品のため売り切れ次第で終了となります!

 

というヤツね。

 

これ、かなり売れます。

 

人間は(特に女性は)、とにかく「限定」ものに弱い。何故人は、何故女性は(特に関西地方のご妙齢のご婦人は)「限定」という文字にかくも弱いのか?というのはまた別の機会に書くこととして(←このネタは私の講演セミナーの鉄板ネタでもあります=苦笑)

 

当時私がまだ勤め人だったころ、「読裏さん、この売れ残ってる色、どうやったら捌(サバ)けますかね?って、バイヤーに聞かれたときには、迷わず「おう!ほんなら、限定付けとくわ!何枚限定でいく?」てな感じで、「困ったら限定」という図式はかなりの鉄板セオリーでした。

 

そんなこんなで「限定」という文字には人一倍神経過敏なこの私。

 

こんなチラシ(ポスター)を、見てしまったのです。

 

8月14日から吉野家創業記念として始めたこのメニュー。

 

 

「サーロイン」という、日本人が弱い品名に、興味をそそる「価格ギャップ」860円。

 

「すき焼き」という日本人が最も好きなメニュー。

 

そして極め付けが・・・

 

数量限定という、この「ミエミエ」のピクト(SPマークのことね)!

 

しかしなんと!この数量限定のピクトには数量が書いてないという・・・

 

そのうえ、かなり意識的というか、もっと平たく言えば「ワザとやってんじゃね?」と思えるのが

 

数量限定の下に797という文字(数字)。

 

数字自体は商品の価格、税抜きの本体価格なんですが、見る人の一部が「限定=797食」と、勘違いしないでもない。

 

かなり「あざとい」配置ですわね。プロの仕事という感じがプンプン。

 

見た瞬間、「このチラシ、正確には有利誤認なんじゃないの?」という専門的なツッコミも頭に過ぎりましたが、そこは良心的で小市民的な私、別に店に乗り込んで「このチラシ、数量限定の数字が書いてないじゃん!?これは有利誤認なんじゃないのか?え?」なんていう、無粋で暴力的で、下品な行動に出るわけもなく、フツーに店前をスルー。

 

でも結構、この「数量限定=数量記載なし」が気になったので

 

ちょっと調べてみたんです。この数量がどれぐらいなのか?

 

すると出てきた答えが「50万食」

 

え?

 

<Sponsered Link>



 

「ご・・ご・・ごじゅうまん?」

 

そうか、店単体ではなく、吉野家全体で50万食ということか。

 

吉野家が日本全国で何店舗あるか知らんし、調べてみるとこの限定メニューを出していない店もあるみたいで、1店舗当たりの限定数量が何食分になるのかは不明です。

 

とにかく全国の店全部で50万食分売れたらその時点で終了するメニュー。

 

1食=860円(税込)ということなので、計算すると

 

¥860×500,000で、¥430,000,000(税込)になります。そう、限定商品が全部売り切れたなら売上4億3千万円!

 

約4億!

 

4オク円だよ!?

 

これ、4円を置くのと違うよ?(←定番のトミーズネタです)

 

これを限定って言うかなぁ~~?

 

ま、チラシを作ったのは、どう考えても「プロ」だろうし、たぶんこの「限定付けたら売れるじゃん!」というセオリーも充分に知っていたとは思うけどね。

 

なんか、これって、ホンマに限定かね?

 

正確にはこのピクト(SPマーク)は、「数量限定」ではなくて

 

「売上計画・売上予算=50万食分=4億3千万」!っていうことになるんじゃね~の?

 

それだったら、僕なんか、これを逆手にとって

 

「8月14日からの限定企画!吉野家売上予算4億3千万必達メニュー!サーロイン使用 特選 すきやき重!!」なんていう、どこか真夏の、どかか暑苦しい、そんなコピーでいくけどなぁ~。

 

「あ、その手があったか!遅かりし由良之助!」なんて、吉野家さんの重役さんがおられたら、次の広告戦略、私に頼んでみまっか?(爆)

 

というわけで、職業柄このメニューの売上結果が、かなり気になります。どっかでちゃんと調べて、また報告しよっかな?

 

このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。

サイドバナー




関連記事

レナウン娘はどこに行く?「レナウン」が民事再生法の手続きに

レナウン娘。。。と聞いて、すぐにあのメロディを思い浮かべる人が、このブログを読まれている方でどれだけ

記事を読む

台湾から生まれた?新しいメディアの形

目まぐるしい変化の幅が大きい今日。それは経済にも政治にもビジネスにも日常的に見られる

記事を読む

豆乳イヤホン登場!マルサンアイさん、お見事!

「瓢箪からでた駒」・・・「ウソから出たマコト」・・・なんて表現が正しいかどうか?は、解りませんが・・

記事を読む

2020年から10年間のキーワードはこれだ!(と、思う)

  2020年になりました。区切りのいい数字でもあり、新たな10年が始まるという意味でもあ

記事を読む

あの「ディズニー」が、あの「アナ雪2」で、まさかの「ステマ」!?

「あのビッグゲームの!」 「あのナイトゲームを!」 「スリーゲームも!」 コレ、ず

記事を読む

さすが英国!007に黒人女性。その驚きの表現がまた洒脱

英国のスパイ映画、あのジェームス・ボンドこと007シリーズ。   ショーン・コ

記事を読む

セブン・イレブンよ。初心に帰ろうぜ!?

セブン・イレブン。   こう聞いて   &nbs

記事を読む

究極のセール「1円セール」は問題あり?

どんな地域でも、どんな街でも、どんな場所でも、どんな店でも。そしてそれはリアルな

記事を読む

サバ缶がサヴァ缶になった日

食欲の秋です。読書の秋でもあり、スポーツの秋でもあります。   で、この3つを

記事を読む

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞いて、懐かしさと、ある種の畏敬を

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券