*

実は僕はフェンダーミラー派。なぜタクシーはフェンダーミラーにするのか?

最近、ふと、思ったことですが・・・。

 

タクシーの車種、タクシーの車が、変わってきたことに気付かれた方も多いのではないでしょうか?

 

「ずんぐりむっくり」で「背が高い」。。。ほら、こんな車。

 

 

なんか、外国のタクシーにも似て、僕的には嫌いじゃないです。ドアもスライドになってるので、特に乗り降りに苦労されるお年寄りにも親切な設計っぽいし。

 

ずっと長く、タクシーと言えばこんな感じでした。

 

 

で、実は、今回は、そんなタクシーの事を書くのではなくて・・・。タクシーといえばこれ!というこの部分について書いてみたいのです。

 

それは、ミラー。そう、タクシーと言えばフェンダーミラー。

 

僕が車に乗り出したころは、日本の法律は「フェンダーミラーが必須」であったので、僕も教習所ではフェンダーミラーで試験を受けたもんです。(もっといえば、ギアシフトもコラム式=ハンドルに付いているやつね)

 

いつから日本はドアミラーになったのか?って思ってちょっと調べたら1980年代に、どうやら外圧で法律が変わったらしい。で、法律が許されてからは一気にドアミラーに。ちょうど車のトレンドが流線形=スポーツセダンという時代だったために、我も我もと皆んなドアミラーになっちまいました。

 

<Sponsered Link>



 

でもね、実はね、フェンダーミラーって結構便利なのよ。まず、目線を切らさずに確認できるのが一番!ドアミラーって、右側はまだしも、左を見る時は、確実に一回目線を前から切るもんね。安全性という意味でどうなんよ?って思わなくもない。

 

実際、法律上はどちらのタイプのミラーを装着してもよいはずなのに、約9割のタクシーがフェンダーミラーを採用しているのも、圧倒的にに安全性という理由かららしい。

 

そして、もう一つ。安全性以外にもあるフェンダーミラーの特徴、武器が「車幅」について。

 

実は都市伝説のように伝えられていたのが、「フェンダーの真下が、前タイヤの中心にある」というもの。だから、フェンダーを見ていると、タイヤがどこに位置しているか?脱輪の心配があるかなか?が解かるというもの。これ、実際よう利用させてもらいました。

 

だから、数年前、新車に乗り換えようとしたとき、ディーラーさんに「ねぇ、この車、フェンダーに出来るの?」って聞いたら、ごっつい不思議な顔されて・・・

 

「いやぁ~、やろうと思えば出来るでしょうけど、どうしてですか?やる意味なんかあるんですか?」って。まるで「明日からタクシーでもやるんですか?」みたいな顔をされたんです。

 

その時僕はホンマに「うん。実は、タクシーの運転手になるんで・・・」って言ってやろうか!と思ったけど、ま、大人げないから言いませんでした(苦笑)

 

だから、今、ここで、突然、告白すると・・・。僕は「フェンダー派」なのですよ。スタイルよりも機能。恰好良さよりも安全性。まるで僕のサッカープレーを彷彿させるでしょ?(爆)

このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。

サイドバナー




関連記事

ついに決着!「赤いきつね」と「緑のたぬき」の勝者は!?

キャンペーン企画で「勝負もの」が流行しています。いや、流行というよりはこれ系のネタは昔からあったかも

記事を読む

セブン・イレブンよ。初心に帰ろうぜ!?

セブン・イレブン。   こう聞いて   &nbs

記事を読む

図解思考の技術を身に付けると、世界がホント変わります!

図解思考という考え方をご存知でしょうか?これ、平たく言えば「文字よりも絵の方が理解し易いよ」というも

記事を読む

ヴィファーレン長崎をJ1昇格させた社長は、いつまでも夢を追う人

J2のヴィファーレン長崎が念願のJ1昇格を果たしました。この昇格劇の背景には知る人ぞ

記事を読む

2020年から10年間のキーワードはこれだ!(と、思う)

  2020年になりました。区切りのいい数字でもあり、新たな10年が始まるという意味でもあ

記事を読む

勝者の姿が今ここに!「きつね」が「たぬき」を取り込んだ決定的画像!

つい先日、と言っても前の時代に(平成31年2月3日のネタです)、「赤いきつね」と「緑のたぬき」のどっ

記事を読む

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上げる」と言われながら、世間の景

記事を読む

東芝のサザエさん降板のコメントについて

サザエさんと言えば、国民的番組であり、そりゃもうどれだけ視聴率が低くなろうが、ど

記事を読む

究極のセール「1円セール」は問題あり?

どんな地域でも、どんな街でも、どんな場所でも、どんな店でも。そしてそれはリアルな

記事を読む

QOQってどう読むの?3Qo3Qってどういう意味?

QOQなんて用語が、最近の経済指標、事業計画書や決算書によく見られるようになりました。qoqなんて半

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

成人の日に一番ふさわしい本

  成人の日。昔は1月15日という決まった日だったけど、今は

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券