*

変わらないデザインで60年。スーパーカブの偉大さ

公開日: : 最終更新日:2017/12/29 ビジネス

2017年10月、あのホンダのスーパーカブが、熊本工場の出荷にて通算台数1億台を突破したようです。

一言で1億といっても想像がつかない数ですし、それが日用品や最寄り品ならともかくも、一人一台というテレビやラジオならともかくも、一番使っているヘビーユーザー層が「蕎麦屋」とか「丼屋」とか「寿司屋」とかのあのスーパーカブ。

その偉大さは、まさにスーパー級です。素直に素晴らしいと思いますし、素直に脱帽、リスペクトに値する1億台突破です。

そして、台数以上に素晴らしく、偉大なのが「60年間、基本デザインを変えていない」という事実です。人は移り気であり、新しいモノ好き。だからついつい「売らんがな」のために、作り手(メーカーさん)は、今までのモデルを一気に捨てて「フルモデルチェンジ」などの宣伝文句とともに、過去の良き伝統やコンセプトを、フォルムやスタイルを変えて世に登場させようとします。

<Sponsered Link>

 

それをこの「スーパーカブ」は真正面から否定し、60年、ほぼ同じスタイル、同じデザインで製造を続けました。

もちろんそれには当初からの非常に卓越したデザイン感や、マーケットに受け入れられるようなスペックの工夫が施されていました。

例えば、運転する両手の自由度を飛躍的にアップさせた「左足でペダルを踏む変速クラッチ」

例えば、当時は全道路の1割しか舗装されていなかった日本の道路インフラを鑑みての馬力の強化を至上命題としたエンジンの搭載と、それをスムーズに発揮させるための当時としては異例の大きさのタイヤの開発。

女性がスカートのままでも乗り降りが楽にできるようにしたデザイン。エンジンも「むき出し」には敢えてせずに、足元の泥よけで囲い、そして前から見たときの「スーパーカブ」を「スーパーカブ」にするあの風防。

まさに、長く愛される理由がそこかしこに散りばめられた名車です。

市場のニーズをとことん追求し、妥協を許さず、そして生産者の誇りと技術で、圧倒的な完成度を当時から誇っていたからこその名車です。

「変わらないのは、変える必要がないから」というコピーをどこかの宣伝で見たことがありますが、まさにスーパーカブこそ、このコピーを体現したプロダクトなんだろうと思いますね。

とは、言いながら・・・。まず僕は「カブ」には乗らへんけど。だって、出前持ちに間違われるし!(爆)

サイドバナー




関連記事

アトリビューションを知らなかったらこうやって覚えよう

アトリビューションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?もともとは金融の世界の用語で、「~~~のお

記事を読む

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上げる」と言われながら、世間の景

記事を読む

図解思考の技術を身に付けると、世界がホント変わります!

図解思考という考え方をご存知でしょうか?これ、平たく言えば「文字よりも絵の方が理解し易いよ」というも

記事を読む

三越伊勢丹がまた閉店。業界人が語る、どうなる日本の百貨店!

百貨店と言えば? デパートと言えば?   誰でも思い浮かべるのはたぶんココでし

記事を読む

台湾から生まれた?新しいメディアの形

目まぐるしい変化の幅が大きい今日。それは経済にも政治にもビジネスにも日常的に見られる

記事を読む

広告は何回目から嫌になる?ザイオンス効果はどうなってるの?

最近、仕事がらみである商品の事をかなり詳しく調べています。 当然今の時代、調べるの

記事を読む

「トイザらス」と「祇園精舎」

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・

記事を読む

QOQってどう読むの?3Qo3Qってどういう意味?

QOQなんて用語が、最近の経済指標、事業計画書や決算書によく見られるようになりました。qoqなんて半

記事を読む

今年の大晦日はこれで決まり!井之頭五郎が瀬戸内を巡る。孤独のグルメSP編が生放送。

大晦日と言えば「紅白歌合戦」と言われた時代。それが今は「絶対に笑ってはいけない」日となって久しいけれ

記事を読む

「タヌキ」とは違う「狸の置物」

アナタの周りには「タヌキ」はいますか?そう聞かれて「いるよ!いるいる!」と真っ先に思い浮かべ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑