*

「トイザらス」と「祇園精舎」

公開日: : 最終更新日:2017/11/18 ビジネス

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・・」。その昔学生時代に「平家物語」で習った概念が、まだ印象的に私の心に残っています。

つまり、「どれだけ栄華を極めている者でも、まるで春の夜の夢のように、いずれその勢いは消えていくものなんだよ。どんな存在も永遠に栄えるものなんてのはないんだよ」という考えかた。

あれから、数十年。祇園精舎の鐘の声を何度も聴いてきました。例えば「山一証券」、例えば「ダイエー」、例えば「百貨店のそごう」。ここだけは大丈夫だろうというところが脆くも崩れ去っていく瞬間に幸か不幸か立ち会いました。

<Sponsered Link>



で、つい先日、これに似た感覚を覚えたニュースが飛び込んできました。

あの「トイザらス」が、本拠地のアメリカで、なんと経営破綻したらしいのです。ニュースによると、アメリカのおもちゃ販売大手「トイザらス」が、日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を裁判所に申請して経営破綻したことを明らかにしたとのこと。

インターネット通販などの企業の躍進でそのマーケットシェアを大きく落としたらしいです。たぶんそのインターネット通販の企業というのは「a」が頭文字である企業なんでしょう。負債総額は49億ドル。日本円にして約5,400億円。

ニュースによれば、これはまだアメリカの話であって、日本の同店への影響はないし、アメリカとは財務的には独立している日本の同店への影響はないので、今後とも日本の同店は従来通り営業を続けていくということなのですが、同店(同社)だけに限らず、この「a」が頭につく通販企業は、日本でもかなりの勢いでその存在を膨らませていますから、「日本もやっぱりか」という日が来ないとも限らない。

トイザらスが日本に上陸したのは、今から約30年前の1991年。その圧倒的な存在感は、当時の私から見ても非常に印象的でした。あのキリンの顔が迎えるあの広大な売り場に足を踏み入れた瞬間、結構アメリカを感じたものでした。そう言えば、つい2~3年前、私が住んでいる街のモールの屋上にあったトイザらスが、いつのまにか「ユニクロ」になって、その姿を消してしまってます。

「こんなことになるとはねぇ~」というのが正直な感想ですね。もちろん当時は、インターネットなんて一部のマニアックな世界でしかなかったし。携帯電話だって肩からかけるボックスを持ちながらだったし、当然「スマホ」なんて影も形もなかったわけで。

トイザらスに「今日(こんにち)の時代が来ることを読めなかったの?」って言ってもそれは酷な話。誰も読めなかったよね?こんな時代。

まさに「祇園精舎~~」です。そういう意味では平家物語を書いた作者だけがこの事態を読んでいたことになる?のでしょうか。平家物語の作者は未だ不明らしく、もしかしてもしかしたら、「トイザらス」のこの事実を知っているタイムトラベラーだったりしてね(苦笑)

サイドバナー




関連記事

YOYの意味って?MOMはどう読むの?

最近の経済指標、事業計画書や決算書にYOYなんていうアルファベットを見たことがある人も多

記事を読む

台湾から生まれた?新しいメディアの形

目まぐるしい変化の幅が大きい今日。それは経済にも政治にもビジネスにも日常的に見られる

記事を読む

あの大ヒット企画「ガチャめし」が帰ってきた。その名も「ゆくガチャ・来るガチャ」

今年の夏。一つのヒット商品が、関西の高速道路、ところは「舞鶴若狭道 西紀SA下り線」で生まれた。その

記事を読む

図解思考の技術を身に付けると、世界がホント変わります!

図解思考という考え方をご存知でしょうか?これ、平たく言えば「文字よりも絵の方が理解し易いよ」というも

記事を読む

吉野家の数量限定サーロイン使用「特選 すきやき重」は、本当に数量限定なんだろうか?

私(読裏)は、普段は広告戦略やマーケティングなどのコンサルティングをしております。  

記事を読む

今年の大晦日はこれで決まり!井之頭五郎が瀬戸内を巡る。孤独のグルメSP編が生放送。

大晦日と言えば「紅白歌合戦」と言われた時代。それが今は「絶対に笑ってはいけない」日となって久しいけれ

記事を読む

サバ缶がサヴァ缶になった日

食欲の秋です。読書の秋でもあり、スポーツの秋でもあります。   で、この3つを

記事を読む

10月31日は「コーチ」が「タペストリー」になる日

あなたはブランド品というものをどれだけ持っているでしょうか?ブランドモノの定義もある

記事を読む

究極のセール「1円セール」は問題あり?

どんな地域でも、どんな街でも、どんな場所でも、どんな店でも。そしてそれはリアルな

記事を読む

変わらないデザインで60年。スーパーカブの偉大さ

2017年10月、あのホンダのスーパーカブが、熊本工場の出荷にて通算台数1億台を突破

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




崎陽軒のシウマイと似た世界はここにもあるよ。関西学院の読み方の都市伝説について

ひょんなことから話題になった「崎陽軒のシウマイ」。”ひょんなこと”とい

もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

→もっと見る

  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券