*

「タヌキ」とは違う「狸の置物」

公開日: : 最終更新日:2017/11/18 ビジネス

アナタの周りには「タヌキ」はいますか?そう聞かれて「いるよ!いるいる!」と真っ先に思い浮かべた人はそのタヌキは、たぶん「人間」のことでしょう?(苦笑)

それは「タヌキおやじ」だったり、もっとイメージの悪い「アイツはタヌキだから・・・」なんていうタヌキのことだと思います。

でも、今回はそのタヌキではなくて、本物のタヌキ。あ、いや、本物のタヌキではなくて、偽物だけど、タヌキの格好をしたタヌキのお話しです。そう、あの店先に置かれている焼き物のタヌキ。信楽焼のタヌキのお話しです。

<Sponsered Link>



あの、タヌキ、何故店先に置かれているのでしょうか?何故店先にはいつもタヌキなのでしょう?例えば縁起の良いものなら、もっと他にもあるはずです。「招き猫」の「猫」でもいいし、動物でなくてもいいのなら、ダイレクトに「大黒様」という手もあります。

なのに店の玄関に鎮座ましますのは、あの独特の表情のタヌキ。(雰囲気的にはタヌキよりも狸という漢字の方が雰囲気かもしれません)

それにはいろいろ説があるようです。ので、ここではその理由をご紹介します。

まずその名前のタヌキは、「他抜き」という語呂に繋がります。つまり「他に抜きんでて商売が繁盛するように」という意味があります。

また、「信楽狸の八相縁起」あるいは「八相縁喜」と言って、タヌキの体の部位やアイテムが縁起のよい物事を表しています。

あのまん丸とした大きな目は、「正しく先を見る」という意味に通じ、愛嬌のある顔はもちろん商売に大事な「愛想の良さ」を思い浮かべ、特徴のある大きなお腹は「大胆な決断」を意味し、ちょっと後ろに隠れた尻尾は、「終わりをしっかりと〆る」という意味に、そして金の袋は当然のように「金運」を、傘は「悪事と災難から守り」、一番印象的な徳利は「人徳」を、通い帳は「信用」を示しているというわけです。

まさに、商売の要素がびっしりと詰まった最高に縁起の良い動物ということになります。

でも本当のタヌキを見た人がいたら感じてもらえると思いますが、本当のタヌキは決してあんな感じではありません。徳利を持っているわけでもないし、通い帳を持っているわけでもない(当たり前ですけどね)

本当のタヌキは実に可愛くて愛くるしい姿をしています。もともと狸という字は大陸ではヤマネコの事を指していたとか。これが日本に入って、そのヤマネコがほとんどいなかったためにこの狸という文字は今のタヌキにあてがわれたそう。

こうして旧くからタヌキは人間をだましたり、煙に巻いてドロロンと消えてしまったり、ある時はウサギさんに火をつけられて沈められる運命となる、どこか可哀想で、どこか悪役の役回りを演じてきました。でも、動物学上で言えば本当は非常に憶病もので、大きな音には驚いて、狸寝入りどころか、本当に気絶して動かなくなってしまうほどの小心動物なんだそうです。

最近タヌキをとんと見なくなりましたが、今度店先でこのタヌキを見つけたら、ちょっと思い遣って「頭を撫でて」みてはいかがですか?

サイドバナー




関連記事

東芝のサザエさん降板のコメントについて

サザエさんと言えば、国民的番組であり、そりゃもうどれだけ視聴率が低くなろうが、ど

記事を読む

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上げる」と言われながら、世間の景

記事を読む

アトリビューションを知らなかったらこうやって覚えよう

アトリビューションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?もともとは金融の世界の用語で、「~~~のお

記事を読む

4Pから4Cの時代へ

変化が激しい今の世の中。何が求められて何が必要なのか?が見えなくなってきた世の中だか

記事を読む

10月31日は「コーチ」が「タペストリー」になる日

あなたはブランド品というものをどれだけ持っているでしょうか?ブランドモノの定義もある

記事を読む

三越伊勢丹がまた閉店。業界人が語る、どうなる日本の百貨店!

百貨店と言えば? デパートと言えば?   誰でも思い浮かべるのはたぶんココでし

記事を読む

ZOZOTOWNの送料自由化でわかる人間性善説の可能性は、62%?

毎日いろんな記事を見ていて絶対に出てくるフレーズ、単語があります。そのうちの一つが「EC」という単語

記事を読む

百貨店でアダルトグッズを販売?さて、その売上は?

先日、「びっくらこいた」ニュースを目にしました。   まぁ、僕もこれでもマーケ

記事を読む

今年の大晦日はこれで決まり!井之頭五郎が瀬戸内を巡る。孤独のグルメSP編が生放送。

大晦日と言えば「紅白歌合戦」と言われた時代。それが今は「絶対に笑ってはいけない」日となって久しいけれ

記事を読む

台湾から生まれた?新しいメディアの形

目まぐるしい変化の幅が大きい今日。それは経済にも政治にもビジネスにも日常的に見られる

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さ

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑