*

台湾から生まれた?新しいメディアの形

公開日: : 最終更新日:2017/11/22 ビジネス

目まぐるしい変化の幅が大きい今日。それは経済にも政治にもビジネスにも日常的に見られる景色です。そしてその影響が最も色濃く出ているものの一つがメディアというモデルかもしれません。

日本ではないのですが、先日、そんなある印象的な景色を彷彿させるニニュースが発信されていました。

発信場所は台湾。

台湾という国は政治色がいろんな意味で色濃く出る国です。ゆえに、台湾のジャーナリズムはその政治勢力に影響を受けやすく、客観性に欠ける記事が多いという声とともに、自社のポリシーや自社独自の視点で記事にしたりすることも少ないので、台湾ジャーナリズム全般に対する不満の声も絶えず多いとか。

そんな中で注目メディアがあります。それは「stay true」というオンラインのニュースメディア。2014年設立と、その歴史は浅いものの、今後のジャーナリズムを変えるような画期的な試みが試されています。

ペイド・サブスプリクション・モデルがそれ。

同モデルは、一般的には月額いくらという低額を払ってメディアを定期購買するものを指しますが、それならばそれほど珍しいものではありません。今ではよくあるサービス、よくあるモデルとも言えます。

今回のこの台湾のモデルはそれとは少し違っています。

形としては「ペイド・サブスプリクション・モデル」は「ペイド・サブスプリクション・モデル」なのですが、正確に言うと、読者が掲載予定の記事を購入して、その記事が掲載されたときに支払ってそれを読むというもの。

で、もう少し中身を見ると、実はその記事を書く記者や契約ライターが、まず自分達が書きたい、書こうとする「特集記事」を読者(候補)にあたる人たちに提案します。

その提案に対して「それならば読んでみたいかもしれないから、書いてもいいよ。お金払うし!」となれば、めでたくその時点からその記者は、取材をスタートさせて、自費で独自の調査や、人知れずの事実を突き止め、最後に自分の意見や主張や論を張る原稿の執筆に入るという順序です。

つまり「ニュースの、記事の、受注発注システム」と言えるもの。

これは、従来のメディア、従来の記事の順番とまったく逆のスタンスですね。こうなると、メディアと読者がダイレクトに繋がります。そして繋がると同時に、読者がその記事の編集に対して干渉できるという特性を持つことになります。「●●の記事なら読むけど、■■を書くつもりなら読まないと思うよ」ということが成り立つわけです。

この考え方、この概念、ちょっと画期的だと思いませんか?見たいものを作ってくれたら見るよ・・・というもの。ある意味凄く自然だし、ある意味凄くフェアだとも言えます。

そんなメディアがこれからもっともっと増えていきそう。「読裏オンラン」もそんな実験、してみようかな?(苦笑)

サイドバナー




関連記事

実は僕はフェンダーミラー派。なぜタクシーはフェンダーミラーにするのか?

最近、ふと、思ったことですが・・・。   タクシーの車種、タクシーの車が、変わ

記事を読む

「タヌキ」とは違う「狸の置物」

アナタの周りには「タヌキ」はいますか?そう聞かれて「いるよ!いるいる!」と真っ先に思い浮かべ

記事を読む

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上げる」と言われながら、世間の景

記事を読む

ドルガバ、D&G炎上!たった数時間でブランドが消える時代

ブログ、 フェイスブック、 ライン、 インスタ。   いわゆるSNSと呼ばれる

記事を読む

広告は何回目から嫌になる?ザイオンス効果はどうなってるの?

最近、仕事がらみである商品の事をかなり詳しく調べています。 当然今の時代、調べるの

記事を読む

4Pから4Cの時代へ

変化が激しい今の世の中。何が求められて何が必要なのか?が見えなくなってきた世の中だか

記事を読む

NHKの勝ち?ワンセグ受信の受信料は支払う義務がある

TVワンセグ受信機能が付いている携帯電話は、受信設備といえるか?   &nbs

記事を読む

10月31日は「コーチ」が「タペストリー」になる日

あなたはブランド品というものをどれだけ持っているでしょうか?ブランドモノの定義もある

記事を読む

ついに決着!「赤いきつね」と「緑のたぬき」の勝者は!?

キャンペーン企画で「勝負もの」が流行しています。いや、流行というよりはこれ系のネタは昔からあったかも

記事を読む

アトリビューションを知らなかったらこうやって覚えよう

アトリビューションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?もともとは金融の世界の用語で、「~~~のお

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




コパ・アメリカのセレソンのロッカールームでの会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世

さすが英国!007に黒人女性。その驚きの表現がまた洒脱

英国のスパイ映画、あのジェームス・ボンドこと007シリーズ。 &

実は僕はフェンダーミラー派。なぜタクシーはフェンダーミラーにするのか?

最近、ふと、思ったことですが・・・。   タクシ

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ

ハムストリングの別名は「紅茶の美味しい〇〇〇」

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよく言われるフレーズであるが、世につ

→もっと見る

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券