*

台湾から生まれた?新しいメディアの形

公開日: : 最終更新日:2017/11/22 ビジネス

目まぐるしい変化の幅が大きい今日。それは経済にも政治にもビジネスにも日常的に見られる景色です。そしてその影響が最も色濃く出ているものの一つがメディアというモデルかもしれません。

日本ではないのですが、先日、そんなある印象的な景色を彷彿させるニニュースが発信されていました。

発信場所は台湾。

台湾という国は政治色がいろんな意味で色濃く出る国です。ゆえに、台湾のジャーナリズムはその政治勢力に影響を受けやすく、客観性に欠ける記事が多いという声とともに、自社のポリシーや自社独自の視点で記事にしたりすることも少ないので、台湾ジャーナリズム全般に対する不満の声も絶えず多いとか。

そんな中で注目メディアがあります。それは「stay true」というオンラインのニュースメディア。2014年設立と、その歴史は浅いものの、今後のジャーナリズムを変えるような画期的な試みが試されています。

ペイド・サブスプリクション・モデルがそれ。

同モデルは、一般的には月額いくらという低額を払ってメディアを定期購買するものを指しますが、それならばそれほど珍しいものではありません。今ではよくあるサービス、よくあるモデルとも言えます。

今回のこの台湾のモデルはそれとは少し違っています。

形としては「ペイド・サブスプリクション・モデル」は「ペイド・サブスプリクション・モデル」なのですが、正確に言うと、読者が掲載予定の記事を購入して、その記事が掲載されたときに支払ってそれを読むというもの。

で、もう少し中身を見ると、実はその記事を書く記者や契約ライターが、まず自分達が書きたい、書こうとする「特集記事」を読者(候補)にあたる人たちに提案します。

その提案に対して「それならば読んでみたいかもしれないから、書いてもいいよ。お金払うし!」となれば、めでたくその時点からその記者は、取材をスタートさせて、自費で独自の調査や、人知れずの事実を突き止め、最後に自分の意見や主張や論を張る原稿の執筆に入るという順序です。

つまり「ニュースの、記事の、受注発注システム」と言えるもの。

これは、従来のメディア、従来の記事の順番とまったく逆のスタンスですね。こうなると、メディアと読者がダイレクトに繋がります。そして繋がると同時に、読者がその記事の編集に対して干渉できるという特性を持つことになります。「●●の記事なら読むけど、■■を書くつもりなら読まないと思うよ」ということが成り立つわけです。

この考え方、この概念、ちょっと画期的だと思いませんか?見たいものを作ってくれたら見るよ・・・というもの。ある意味凄く自然だし、ある意味凄くフェアだとも言えます。

そんなメディアがこれからもっともっと増えていきそう。「読裏オンラン」もそんな実験、してみようかな?(苦笑)

サイドバナー




関連記事

アトリビューションを知らなかったらこうやって覚えよう

アトリビューションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?もともとは金融の世界の用語で、「~~~のお

記事を読む

三越伊勢丹がまた閉店。業界人が語る、どうなる日本の百貨店!

百貨店と言えば? デパートと言えば?   誰でも思い浮かべるのはたぶんココでし

記事を読む

図解思考の技術を身に付けると、世界がホント変わります!

図解思考という考え方をご存知でしょうか?これ、平たく言えば「文字よりも絵の方が理解し易いよ」というも

記事を読む

ZOZOTOWNの送料自由化でわかる人間性善説の可能性は、62%?

毎日いろんな記事を見ていて絶対に出てくるフレーズ、単語があります。そのうちの一つが「EC」という単語

記事を読む

究極のセール「1円セール」は問題あり?

どんな地域でも、どんな街でも、どんな場所でも、どんな店でも。そしてそれはリアルな

記事を読む

広告は何回目から嫌になる?ザイオンス効果はどうなってるの?

最近、仕事がらみである商品の事をかなり詳しく調べています。 当然今の時代、調べるの

記事を読む

変わらないデザインで60年。スーパーカブの偉大さ

2017年10月、あのホンダのスーパーカブが、熊本工場の出荷にて通算台数1億台を突破

記事を読む

今年の大晦日はこれで決まり!井之頭五郎が瀬戸内を巡る。孤独のグルメSP編が生放送。

大晦日と言えば「紅白歌合戦」と言われた時代。それが今は「絶対に笑ってはいけない」日となって久しいけれ

記事を読む

ヴィファーレン長崎をJ1昇格させた社長は、いつまでも夢を追う人

J2のヴィファーレン長崎が念願のJ1昇格を果たしました。この昇格劇の背景には知る人ぞ

記事を読む

NHKの勝ち?ワンセグ受信の受信料は支払う義務がある

TVワンセグ受信機能が付いている携帯電話は、受信設備といえるか?   &nbs

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さ

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑