*

ヴィファーレン長崎をJ1昇格させた社長は、いつまでも夢を追う人

公開日: : ビジネス

J2のヴィファーレン長崎が念願のJ1昇格を果たしました。この昇格劇の背景には知る人ぞ知る「長崎の顔」である、あの社長が深く関わっています。

 

その名は「ジャパネットたかた」の前社長、「高田 明」氏。「ジャパネットたかた」の通販番組を見ていない人って、かなり少ないのではないでしょうか?というよりも「私はあそこで羽毛布団を買ったわ」という人もいるだろうし「僕もここでパソコンを買ったよ」なんて人も多いでしょう。

 

その高田社長が、ジャパネットの社長を辞任したのが3年前。そして今年、経営危機に瀕していたヴィファーレン長崎を子会社化したジャパネットホールディングスの命で(というよりも事実上は息子さんの依頼で)同クラブの社長に就任したのが今年の4月。

 

そこから「現代のシンデレラ」ストーリーが始まります。でもただこのサクセスストーリーが偶然に出来上がったわけではなくて、やはりそこにはしっかりとした必然の理由と物語がありました。

 
<Sponsered Link>



スポーツにはあまり縁がなかったという高田社長。しかし、スポーツとビジネスとはかなり似通ったところがあると言うことです。それは「スポーツは人の幸せのために、元気を与えていく。。。ビジネスも商品を通していかに人々に幸せを与えるか。。。要は同じミッションを持っているのですよ」とのこと。

 

そんな高田社長がヴィファーレンに対して思い描き、そして実行したことで印象に残ったものを少し取り上げてみます。

 

『現場に足を運び、見て、そして(課題を)感じる』・・・この行動によって、スタジアムの中のいろいろな部分が確実に変わっていったといいます。

 

『ちょっとした変化が勝利を呼ぶ』・・・例えば今年、ヴィファーレンの本拠地「トランスコスモススタジアム」にはゴール裏にLED電光看板が設置され、ゴールの時には選手を称えるメッセージが、そして相手クラブにもリスペクトメッセージが流れ、スタジアムの雰囲気がすっかり変わっていったといいます。

 

今年一番のトピックスは、上位対決で昇格の関ヶ原といえた「名古屋」との一戦。この日の前日と当日には、あの、誰もがみた、そしてどこか懐かしく、そしてどこか元気の出る、あの甲高い声で「明日はヴィファーレンがJ1昇格をかけた大事な一戦、名古屋戦です!明日のスタジアムにはなんと!先着1万名様に、Tシャツをプレゼント!そして花火も打ち上げちゃいます!さぁ、明日は皆でトランスコスモススタジアムでヴィファーレンを応援しましょう!」なんていう30秒スポットが地元では流れるという、そんな一幕もあったようです。

 

『不可能を可能にするのはパッション=情熱・気力』

 

『自己更新。死ぬまで自分を更新していく。つまり夢をつないでいく。死ぬまで何かにチャレンジしていく』

 

『とにかく県民が寝ても覚めても気になってしまうようなクラブにしたい』『小さな夢を大きな夢に』『平和という発信を世界に発することが出来るクラブにしたい』

 

長崎という一地方から、全国に通信販売の魅力を発信し続けて、ここまできた「ジャパネット」の高田社長だからこそ、この言葉に現実味を感じます。

 

 

『さぁ、もう切り替えましょう。あすからは次の試合、そしてJ1になったらどのようなクラブにしていくかという夢はどんどん階段を上がって前へ前へと進んでいきますよ~?』

 

 

J1昇格を決めたスタジアムで観客に挨拶した高田社長のメッセージは、いつものあの甲高い声での、あの肥後弁調でした。まるで次の瞬間には「ビデオカメラ」や「パソコン」、「コードレスクリーナー」や「羽毛布団」が出てくるんではないか?という、例の口調。長崎の人だけでなく、日本人全員に元気を与えてくれる、そんな口調でした。

 

サイドバナー




関連記事

今年の大晦日はこれで決まり!井之頭五郎が瀬戸内を巡る。孤独のグルメSP編が生放送。

大晦日と言えば「紅白歌合戦」と言われた時代。それが今は「絶対に笑ってはいけない」日となって久しいけれ

記事を読む

「トイザらス」と「祇園精舎」

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・

記事を読む

動画で自分の名前が呼ばれる時代

リッチテキストなんてフレーズ、最近は徐々に聞かなくなりました

記事を読む

あの大ヒット企画「ガチャめし」が帰ってきた。その名も「ゆくガチャ・来るガチャ」

今年の夏。一つのヒット商品が、関西の高速道路、ところは「舞鶴若狭道 西紀SA下り線」で生まれた。その

記事を読む

サバ缶がサヴァ缶になった日

食欲の秋です。読書の秋でもあり、スポーツの秋でもあります。   で、この3つを

記事を読む

三越伊勢丹がまた閉店。業界人が語る、どうなる日本の百貨店!

百貨店と言えば? デパートと言えば?   誰でも思い浮かべるのはたぶんココでし

記事を読む

NHKの勝ち?ワンセグ受信の受信料は支払う義務がある

TVワンセグ受信機能が付いている携帯電話は、受信設備といえるか?   &nbs

記事を読む

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上げる」と言われながら、世間の景

記事を読む

10月31日は「コーチ」が「タペストリー」になる日

あなたはブランド品というものをどれだけ持っているでしょうか?ブランドモノの定義もある

記事を読む

広告は何回目から嫌になる?ザイオンス効果はどうなってるの?

最近、仕事がらみである商品の事をかなり詳しく調べています。 当然今の時代、調べるの

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?  

8181、ポケベル。50年の歴史に幕

ポケットベル。略してポケベル。   そのポケベル

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(

フィンケ退任に思うこと。

名古屋が優勝したその日、もう一つのニュースが飛び込んできていました。浦

もしも巨人軍に「巨人軍ユース」があったなら?

本日はちょっと「ハイブリッド(掛け合わせ)」なネタ展開です。 &

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑