*

ドルガバ、D&G炎上!たった数時間でブランドが消える時代

ブログ、 フェイスブック、 ライン、 インスタ。

 

いわゆるSNSと呼ばれるツールのお陰で、私たちは50年前の人たちでは考えられない環境を享受できています。

 

それはほとんど無料で自分の意見や考え、思いや好み、そしてあらゆる感情、を世の中に発信するということ。

 

そんな事が出来るのは、今まで放送を担う一部の事業体しかできませんでした。

 

昔、世界史(だったと思う)の授業で教わったことが非常に印象的でして、今でも強く憶えているんやけど。

 

その先生曰く

 

「ある組織が国を転覆させたり、乗っ取ったりしようと企むとき、一番重要なものは何か?ヒントは、もしクーデターにせよ何にせよ、その組織がまず最初に【自らが新政権である】と宣言する時、何をするか?で考えてみなさい」

 

で、その答えが

 

「まず情報発信機能を抑えること」でした。

 

昔からどんな政府も政権樹立の宣言はいつもTV画面を通じて行われてきました。逆に言えばそれしか情報を一瞬にして世に拡げる方法がなかったから。そして情報操作が政治を司るのにもっとも重要だったから。それは軍の整備よりも優先順位は高いよう。

 

でも今は違います。誰でもSNSで好きなことを不特定(特定?)多数に発信できるという・・・

 

今はそんな「エライ世の中」になったと痛感したのが、今回の「D&G炎上事件」

 

<Sponsered Link>



 

きっかけはドルガバ(D&G:ドルチェ&ガッバーナ)が流したプロモーション動画。これだって別にTVで流したわけではなくて、あるSNSを使って流されたもの。この動画はもはや削除されて見ることが出来ないのだけれど、これが観る人によっては「中国を侮辱しているという」ということになって、その評判があっと言う間に拡がって、ついにデザイナー本人が言い訳とも言い放ちともつかぬ形でご登場(この人、以前からこういう登場の仕方をして、それなりに話題をさらうような行動を起こしていたので降臨とまではいかないかな)。

 

その詳細をここでいちいち書いて、どうこうするつもりはありませんが「デザイナー本人のステファノ・ガッバーナ氏があるイユーザーの投稿に反応して、やりとりが始まり、その内容は徐々にエスカレートして、大いに盛り上がった・・・」というよくあるストーリーが、なんとこれまたSNSで全部公開されたために、かなりの炎上となったようです。

 

そこでは「中国人は○○!」とか「中国人は○○で■■な△△△△」なんていう、まぁお上品とはかけ離れた言葉が並んだらしく、そらもう「炎上上等!」てな感じですわね。

 

このやりとりが公開されてから事は一気に進みました。

 

まず速攻で予定されていたD&Gのショーに参加予定だったタレントたちが、続々と参加拒否という行動にうつり、今度はショーどころかD&Gと契約を結んでいたタレントたちも次々にその解消を表明。もちろん中国国民が同社の商品を買おうという気持ちは一気に飛び散り、おそらく今後しばらくは「D&Gの商品を中国で売る」という行為は、おそろしく難度の高いオプションとなりそう。

 

こわいね~~。

 

で、ここで注意しておきたいのは、この騒動というか、この事件というか、これが始まってから、中国全土にD&Gの悪評が拡がったのがなんと数時間(4~5時間)でしかなかったということ。

 

その昔、雪印牛乳のエライさんが「私は寝てないんですよ!」という一言で、それまで営々と築き上げてきた同社のブランドが一気に地に堕ちたという事件がありましたが、それでも事が起きてから世の中にそれが拡がったのには数日かかったと記憶しています。

 

今や何十年のブランド構築作業が数時間のSNSの炎上電話消え去るという・・・

 

そういう時代に僕たちは生きているんやねぇ~。

 

いやぁ~、こわいっす。

 

僕もこのブログを書きつづけて10年(スポナビ時代から数えてね)。ここではコメント欄が薄いので、そんなことはまずないんだろうけど、気を付けないと、長い年月で確立した「フットボールのことなら読裏さん、何でも知ってる読裏さん、♪一度は逢いや読裏さん!」というブランドが一気に消滅しかねません。そうなれば「読裏ブランド」の崩壊やもんね。

 

これからは「しょうもない記事」も考えてから書こっと!(爆)

 

MoMA STORE

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

10月31日は「コーチ」が「タペストリー」になる日

あなたはブランド品というものをどれだけ持っているでしょうか?ブランドモノの定義もある

記事を読む

サバ缶がサヴァ缶になった日

食欲の秋です。読書の秋でもあり、スポーツの秋でもあります。   で、この3つを

記事を読む

ヴィファーレン長崎をJ1昇格させた社長は、いつまでも夢を追う人

J2のヴィファーレン長崎が念願のJ1昇格を果たしました。この昇格劇の背景には知る人ぞ

記事を読む

広告は何回目から嫌になる?ザイオンス効果はどうなってるの?

最近、仕事がらみである商品の事をかなり詳しく調べています。 当然今の時代、調べるの

記事を読む

YOYの意味って?MOMはどう読むの?

最近の経済指標、事業計画書や決算書にYOYなんていうアルファベットを見たことがある人も多

記事を読む

4Pから4Cの時代へ

変化が激しい今の世の中。何が求められて何が必要なのか?が見えなくなってきた世の中だか

記事を読む

ZOZOTOWNの送料自由化でわかる人間性善説の可能性は、62%?

毎日いろんな記事を見ていて絶対に出てくるフレーズ、単語があります。そのうちの一つが「EC」という単語

記事を読む

あの大ヒット企画「ガチャめし」が帰ってきた。その名も「ゆくガチャ・来るガチャ」

今年の夏。一つのヒット商品が、関西の高速道路、ところは「舞鶴若狭道 西紀SA下り線」で生まれた。その

記事を読む

「トイザらス」と「祇園精舎」

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・

記事を読む

あの「ディズニー」が、あの「アナ雪2」で、まさかの「ステマ」!?

「あのビッグゲームの!」 「あのナイトゲームを!」 「スリーゲームも!」 コレ、ず

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

「彼」のような立場になるとマトモに生きる自信がない。

「彼」の評判がどんどん上がっている。 今「彼」は、超ビッグなワー

ついに再開したJリーグ。そこでは懐かしい景色が

コロナ禍で止まっていたJリーグが、ついに再開。  

ブンデスリーガ66日ぶりに再開!世界にフットボールが戻ってきた!

世界にフットボールが戻ってきた!と、大袈裟に言いたくなる気持ちをおさえ

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券