*

10月31日は「コーチ」が「タペストリー」になる日

公開日: : 最終更新日:2017/12/29 ビジネス

あなたはブランド品というものをどれだけ持っているでしょうか?ブランドモノの定義もあるでしょう。アディダスだってブランドモノですし、ユニクロだってそう。もっと言えばフクスケの靴下だって、グンゼのシャツだって、ブランドモノといえばブランドモノ。

でもまぁ、一般的にはやはり「高級路線」を中心としたバッグや時計などのブランドがすぐ頭に思い浮かびますよね。そんな路線なら「グッチ」「ヴィトン」「シャネル」なんて一度は聞いたような名前に並んで、「案外人気があるブランド」として、結構な位置を確保していたブランドがあります。

それが「コーチ」。「コーチ」と言われると何か「運動部の先輩」みたいな感じがするので「COACH」と表記したほうがいいのかも。ファッションにあまり興味がない人でも「COACH」というブランドロゴと、あの特徴のあるデザインは好きな人も多いのではないでしょうか?

そんな「コーチ」の社名が、この17年10月31日に変更になるらしいのです。実に76年ぶりなのですが、その社名が少し評判?話題?を呼んでいます。

<Sponsered Link>



その名は・・・「タペストリー」。なんか、ファッションブランドが、住宅展示アイテムの会社になったみたい(苦笑)。いきなり「キャンプ用品」というか「アウトドア」というか、そんな感じもするこの社名。

「この社名を決めた最高経営者を即刻退任させるべき!」という厳しい声も巷には飛び交っているとか。

社名を変更した理由は、「コーチ」という単独アイテム、単独ブランドではなかなか単独の生き残りが難しいと判断した現経営陣が、この数年で、靴の「スチュアート・ワイツマン」、服飾ブランドの「ケイト・スペード」などを一気に買収し、ブランド多角化の道へ一気に加地を切ったからというもの。

つまり、「いろいろなブランド(糸)が色を織りなす(タペストリー)」企業体になるその区切りの意味、ブランド戦略の宣言としての、社名変更(タペストリー)らしいのです。

しかし、これは両刃の剣という側面がありますね。「コーチ」という76年間築きあげた無形のブランド価値を一旦は「ゼロベース」にして再スタートを切るわけですから。

「今度コーチのバッグを買ってあげるよ」と言うのは何となく「サマ」になるように思いますが、「今度タペストリーのバッグを買ってあげるね」と言ってもなんか変な感じが残ってしまう・・・と思うのは、もう考え方が旧いのでしょうか?(苦笑)

サイドバナー




関連記事

YOYの意味って?MOMはどう読むの?

最近の経済指標、事業計画書や決算書にYOYなんていうアルファベットを見たことがある人も多

記事を読む

アトリビューションを知らなかったらこうやって覚えよう

アトリビューションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?もともとは金融の世界の用語で、「~~~のお

記事を読む

4Pから4Cの時代へ

変化が激しい今の世の中。何が求められて何が必要なのか?が見えなくなってきた世の中だか

記事を読む

「トイザらス」と「祇園精舎」

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・

記事を読む

「タヌキ」とは違う「狸の置物」

アナタの周りには「タヌキ」はいますか?そう聞かれて「いるよ!いるいる!」と真っ先に思い浮かべ

記事を読む

あの大ヒット企画「ガチャめし」が帰ってきた。その名も「ゆくガチャ・来るガチャ」

今年の夏。一つのヒット商品が、関西の高速道路、ところは「舞鶴若狭道 西紀SA下り線」で生まれた。その

記事を読む

今年の大晦日はこれで決まり!井之頭五郎が瀬戸内を巡る。孤独のグルメSP編が生放送。

大晦日と言えば「紅白歌合戦」と言われた時代。それが今は「絶対に笑ってはいけない」日となって久しいけれ

記事を読む

サバ缶がサヴァ缶になった日

食欲の秋です。読書の秋でもあり、スポーツの秋でもあります。   で、この3つを

記事を読む

台湾から生まれた?新しいメディアの形

目まぐるしい変化の幅が大きい今日。それは経済にも政治にもビジネスにも日常的に見られる

記事を読む

広告は何回目から嫌になる?ザイオンス効果はどうなってるの?

最近、仕事がらみである商品の事をかなり詳しく調べています。 当然今の時代、調べるの

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さ

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑