*

サバ缶がサヴァ缶になった日

食欲の秋です。読書の秋でもあり、スポーツの秋でもあります。

 

で、この3つを全部まとめると

 

秋の夜長に、ビール片手にサッカーを観たり、本を読んだり、(ネットを徘徊したり)。これ、至福の時。

 

で、そんな3つの秋を満喫しようと、先日何となく、雰囲気で、「お!今日はちょっとサバ缶でも買ってつまむか」と思いつき、仕事帰りに近所のスーパーへ行ったのですよ。

 

ところがそこで異変に気付いた というか、イメージと違う景色が目に飛び込んできたのです。

 

缶詰の棚に、サバ缶だけがないのです。サンマの缶詰もあるし、焼き鳥の缶詰もあるし、そらもう「酒の肴」系の缶詰はいくらでもあるのに、サバ缶だけがない。

 

「おいおい!売り切れかよ!」と。「こんな定番もんのサバ缶を切らすなんて、ここも終わってるよな。だから〇〇〇なんだよ!」なんて独りぐちっておりました。

 

その日は「今日はサバ缶とビールだ!」なんて、変に気負ってたもんだから、「こうなったら明日は絶対食べるぞ!明日こそビールとサバ缶だ!」てな決意を新たに、次の日にスーパーに行ったら・・・またまたサバ缶の姿は見えず。

 

「どないなっとんねん!しかし!もうしょうがねぇなぁ~、そんじゃあっちのスーパーか」って思って、ちょっと遠回りして別のスーパーに行ったのですが、そこにもサバ缶はなくて。

 

「おいおい!これ、どうなってんの?」

 

「今年はサバが不漁なのか?」

 

「しかし、サンマの不漁は聞いたことあるけど、サバの不漁なんて聞いたことねぇぞ!?」って思って、ちょい調べてみたら。

 

はい。私が無知でした。

 

はい。時代に取り残されておったのです。

 

<Sponsered Link>



 

実は昨年からサバ缶が大ブレイクしていた(今もだから、正確には「ブレイクしている」が正しいか)模様で、万年品不足状態なんだとか。

これでもワタクシ、中小企業診断士のはしくれでして、普段は町の社長さんや、創業を考えている人たちに「マーケティングとは何ぞや?トレンドとは何ぞや?」なぞと偉そうに話しているわけです・・・

 

でも、「知らんかった」んですよ。こんなにサバ缶の人気が沸騰しているとは。

 

そうなると、ちょっとコンサル魂というか、マーケッターとしてのDNAがメラメラと燃えてきて、いっぺんちゃんと調べてやろうと。

 

すると、そこにはもう僕の思っているサバ缶の世界はまったくなくて、新しいサバ缶の世界が繰り広げられていました。まさにサバイバルに打ち克った、サバの一大逆襲です。

 

実はメーカー各社ではここ数年サバ缶の売上がメチャメチャ伸びていて、2017年10月から半年間の間では売上が前年同時期(YOY)に比べて、な、な、なんと!4割増なんだとか!

 

これはブームなのか?確かにどうもブームらしい。ただ、今のサバ缶人気は、実は第2次ブームらしく、1次は今から5年前、TV番組で「サバ缶がダイエットによい」と紹介されたことがきっかけだったらしい。

 

強いよなぁ~、このダイエットという要素。当時はサバ缶に豊富に含まれる成分EPAが「痩せるホルモン」といわれる「GLP-1」を出す細胞を刺激する==なんて評判となり、サバ缶がバカ売れ(恥ずかしい話、この第1次ブームも私は知りまへんでした)。まぁダイエット=バカ売れという定番コースをこの商品も辿ったわけですが、実はサバ缶が他の商品と違うのはここから。

 

で、このサバ缶の逆襲が始まるまで、つまり2013年前までは、缶詰の王者として君臨していたのは「ツナ缶」だったらしい。そら、サラダにも合うし、パスタにあえてもええし、サンドイッチにも使えるし。女性の一番なので、その地位は不動。その点、サバは男性ファンの一番人気品。大衆食堂や定食屋ではトンカツ定食やハンバーグ定食に混じって必ずと言っていいほど「サバの煮つけ定食」なるもんがあるしね。

 

なので、ツナ缶が「レディス缶」であるのなら、サバ缶は「メンズ缶」という立ち位置。

 

で、マーケティングの基本は「女性の購買を制する者は市場を制す」。

 

この鉄板セオリーに「メンズ缶」のサバ缶もダイエットという道具を使ってしっかりと乗っかったのが第1次ブームのようです。

 

んで、今起きている第2次ブーム。

 

ダイエットに効くという、機能面で訴求したのが第1次ブームだとしたら、今のブームはそれに「お洒落度」を付け加えたもので、その姿はまさに未来系。

 

なんと!これがサバ缶かよ?というほど、お洒落になっとるわけです。

 

そのキッカケとなったのがこれ。

 

サバでなくてサヴァ。

 

これは巧い!

 

もう「見た目」で勝負あった!という感じ。

 

この3色はもちろん理由があって、赤がパプリカチリソース味、黄色がオリーブオイル漬け、そして緑がレモンバジル味。もうカタカナのオンパレ!(オンパレード)。これがまたバカ売れしているヒミツ。

 

ここには「煮つけ」の世界も「塩焼き」の世界もありまへん。どれもが洋食の薫りがプンプンします。そら「お洒落洋食大好き女子」は飛びつきますわ。

 

「和食のサバさんサヨウナラ!私たち洋食のサヴァなのよ」てなもんです。

 

まさに、デザイン力の勝利ですわね。なんと、このデザインに惹かれて「サバ缶がお洒落そうだから買ってみた」という女性が続出したらしい。もう隔世の感です。

 

もひとつ、こんなのもありました!

 

サバでなくNo38

 

これも巧い!

 

お洒落過ぎる!

 

これならギフトにも好適ですわ。

サヴァ缶アソートセット×6個

 

昔の大衆食堂メニューが、なんと高級ギフト商品に化けてしまう。これぞデザイン力。

 

いやぁ~、こうやってみると、まだまだいろんな可能性が、いろんなところに残ってる・・・ってことを実感します。

 

「売れない・・・売れない」と愚痴る前に、こういう発想の転換がやっぱり必要なんやろうねぇ~。

 

はい、今回はここまで。

 

それじゃ!サヴァ!(ホンマはこんな最後に使う挨拶コトバやないけれど、雰囲気でこれで〆てみました=爆)

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

サイドバナー




関連記事

変わらないデザインで60年。スーパーカブの偉大さ

2017年10月、あのホンダのスーパーカブが、熊本工場の出荷にて通算台数1億台を突破

記事を読む

動画で自分の名前が呼ばれる時代

リッチテキストなんてフレーズ、最近は徐々に聞かなくなりました

記事を読む

10月31日は「コーチ」が「タペストリー」になる日

あなたはブランド品というものをどれだけ持っているでしょうか?ブランドモノの定義もある

記事を読む

究極のセール「1円セール」は問題あり?

どんな地域でも、どんな街でも、どんな場所でも、どんな店でも。そしてそれはリアルな

記事を読む

QOQってどう読むの?3Qo3Qってどういう意味?

QOQなんて用語が、最近の経済指標、事業計画書や決算書によく見られるようになりました。qoqなんて半

記事を読む

4Pから4Cの時代へ

変化が激しい今の世の中。何が求められて何が必要なのか?が見えなくなってきた世の中だか

記事を読む

東芝のサザエさん降板のコメントについて

サザエさんと言えば、国民的番組であり、そりゃもうどれだけ視聴率が低くなろうが、ど

記事を読む

YOYの意味って?MOMはどう読むの?

最近の経済指標、事業計画書や決算書にYOYなんていうアルファベットを見たことがある人も多

記事を読む

ヴィファーレン長崎をJ1昇格させた社長は、いつまでも夢を追う人

J2のヴィファーレン長崎が念願のJ1昇格を果たしました。この昇格劇の背景には知る人ぞ

記事を読む

あの大ヒット企画「ガチャめし」が帰ってきた。その名も「ゆくガチャ・来るガチャ」

今年の夏。一つのヒット商品が、関西の高速道路、ところは「舞鶴若狭道 西紀SA下り線」で生まれた。その

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑