*

アトリビューションを知らなかったらこうやって覚えよう

公開日: : 最終更新日:2017/12/30 ビジネス

アトリビューションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?もともとは金融の世界の用語で、「~~~のおかげ」「~~~に起因する」という意味です。

 

「Aという現象が起きたのはBという要因があるからです」という当たり前といえば当たり前の世界を、格好良く「アトリビューション分析をすると、BがAの起因要素だね」みたいに言います(言いますって・・・そう言っているのは僕だけ?苦笑)。

 

数年前から、広告の世界でもこの「アトリビューション」の考え方で、広告の効果を見直そうという動きが出てきました。最終的に商品購入の決め手になった広告だけで評価してよいのか?ということです。

 

<Sponsered Link>



 

例えばこれは、代表的なスポーツ、野球やサッカーに喩えられます。

 

たとえば・・・

 

点数を稼いだヒットを打ったのは松井秀樹選手

塁に出ていたのはイチロー

 

だとして、今までは(今でも?)ヒーローは松井秀樹であり、試合を決定付けたヒットは松井秀樹が打った。だから、ヒーローインタビューは松井選手!というパターン。

 

確かに、打点をあげたのは松井秀樹選手・・・だけれども、その時出塁して2塁に立っていたイチローの価値も十分に認めるべきでしょう?イチローだとしても出塁していたからこそ、松井のヒットに打点がついたのだからね!という考え方は非常に自然なことに見えます。

 

たとえば、サッカーのゲーム。得点を上げたのは、ストライカーであり、ボールをしっかりととらえて、強烈なシュートを撃ったトップの選手だとしても・・・。そこへボールが渡るためには、その前でパスを供給した選手がいたはずだし、もっと言えばそのパスを出す選手にボールを渡した選手がいたはず。そしてもっともっと遡れば、相手からボールを奪ったディフェンスの選手の力があったからこそ。という考え方も非常に自然に感じます。

 

これを、オンライン広告に喩えると、こうなります。皆さんは、一度くらいはネットで買い物をしたことがあるでしょう?その時、どのような行動を取っていたでしょうか?

 

ちょっと思い出してみましょう。

 

あなたの行動がそのまま当てはまるかどうか?は、解りませんが、一般的にはネットで買い物をする人の行動は、下記のような経路を辿ると言われています。

 

  • まず、記事広告などでそのモノの存在を知ったり、SNS広告などで、初めてそのモノに触れる。
  • そのモノについて興味が湧いてきたので、少し検索をして、そのモノがどんな評判を得ているのか?今、どういう風に流行っているのか?人の評判は本当はどうなのか?などを調べてみる。
  • でも、そればかりを調べるわけにもいかないし、日頃忙しくしているので、さっき調べたこともすっかり頭から離れて、しばらくはそのモノ自体も忘れてしまっている。ただし、その検索の言葉から紹介されたサイトのバナーを一度クリックしている。
  • その数日後、ネットで他の情報に触れていたら、さりげなく、あなたの目に、先日検索したサイトの広告が目に入って、そのままクリック。そこでそれがやっぱりほしくなって、思い切って「購入」。ここではお客の立場では「購入」という行為でも、売り手の立場では「成約」という行為に言い換えられるわけで、これを広告の業界用語では「CⅤ=コンバージョン」なんて言います。

 

あなたもこのような経験ありませんか?

 

さて、この成約で、いったいどの広告が貢献したのでしょうか?ということをもう一回ちゃんと考えようよ!というのが「アトリビューション」というわけ。

 

広告で貢献したのは、イチローか?松井か?ということですね。

 

どうですか?あなたも明日からちょっとだけ「アトリビューション」って言葉を使って仕事をしてみては?会議でこの言葉を使ってみては?ちょっと「俺、イケてる?」みたいな感じになっちゃうかもよ?

 

ところで、どうも「アトリビューション」って覚え難いなぁ~って言われる人には、この言葉の覚え方をヒミツでお教えしちゃいましょう!用意はいいですか?(苦笑)

 

「後(アト)から、(その広告のどれが)アタリか分かる」ということで、アトカラアタリ、アトアタリ、はい。「アトリ・・・」ビューション!バンザ~イ!バンザ~イ!(爆)

 

 

サイドバナー




関連記事

NHKの勝ち?ワンセグ受信の受信料は支払う義務がある

TVワンセグ受信機能が付いている携帯電話は、受信設備といえるか?   &nbs

記事を読む

動画で自分の名前が呼ばれる時代

リッチテキストなんてフレーズ、最近は徐々に聞かなくなりました

記事を読む

広告は何回目から嫌になる?ザイオンス効果はどうなってるの?

最近、仕事がらみである商品の事をかなり詳しく調べています。 当然今の時代、調べるの

記事を読む

あの大ヒット企画「ガチャめし」が帰ってきた。その名も「ゆくガチャ・来るガチャ」

今年の夏。一つのヒット商品が、関西の高速道路、ところは「舞鶴若狭道 西紀SA下り線」で生まれた。その

記事を読む

豆乳イヤホン登場!マルサンアイさん、お見事!

「瓢箪からでた駒」・・・「ウソから出たマコト」・・・なんて表現が正しいかどうか?は、解りませんが・・

記事を読む

セブン・イレブンよ。初心に帰ろうぜ!?

セブン・イレブン。   こう聞いて   &nbs

記事を読む

台湾から生まれた?新しいメディアの形

目まぐるしい変化の幅が大きい今日。それは経済にも政治にもビジネスにも日常的に見られる

記事を読む

ついに決着!「赤いきつね」と「緑のたぬき」の勝者は!?

キャンペーン企画で「勝負もの」が流行しています。いや、流行というよりはこれ系のネタは昔からあったかも

記事を読む

10月31日は「コーチ」が「タペストリー」になる日

あなたはブランド品というものをどれだけ持っているでしょうか?ブランドモノの定義もある

記事を読む

ヴィファーレン長崎をJ1昇格させた社長は、いつまでも夢を追う人

J2のヴィファーレン長崎が念願のJ1昇格を果たしました。この昇格劇の背景には知る人ぞ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑