*

勝者の姿が今ここに!「きつね」が「たぬき」を取り込んだ決定的画像!

つい先日、と言っても前の時代に(平成31年2月3日のネタです)、「赤いきつね」と「緑のたぬき」のどっちが勝つか?キャンペーンに決着がついたーーというネタをあげさせてもらいました。

 

「きつね」と「たぬき」の闘い。それはイコール「うどん」と「そば」との闘いであり、「揚げ」と「天ぷら」との闘いであるという、壮絶なる姿をご紹介しました。

 

これ、有名な東洋水産の定番MDの勝負もの企画。「マーケッター」としては「捨ておけん」という企画(苦笑)。

 

で、勝者は「赤いきつね」だったという・・・「ソバ派(=ミドリ派)」にとっては結構ショッキングだった結果も詳しくこの日のネタでリポートしました(あ、因みにミドリ派は、当然のように「読売クラブ=ヴェルディ=ミドリ」派と掛けているのです)。

 

で、しばらく「令和」騒ぎや「GW」騒ぎがあったので、ちょっぴり、どっぷり、しっかり、すっぽり、この企画の事は失念しておったのですが、この企画の最終章は、勝った「きつね」が負けた「たぬき」を取り込んで「あかいたぬき」として期間限定で商品化されるというオチがついていたわけで、その商品販売が始まっていたのです。

 

<Sponsered Link>



 

で、その商品がこれ。

 

はい。買いましたがな。

 

いや、別に彼ら(東洋水産)の思惑にまんまと「乗っけられた」というわけではなくて、広告屋として、マーケッターとして、これは手元に置いて、じっくり、しっくり、きっちり、かっちり、見届けなければならんだろうと。つまりその、ビジネスの最前線を行く読裏さんとしての義務感から生じた購買(この費用は商品調査費としてしっかり費用計上させてもらいます!はい!爆)行為なわけです。

 

ま、難しいことはさておき。

 

その全容はこんな感じです。

 

 

全体的には「赤」のトーンでまとまっているので、『勝利者=赤』というメッセージは充分に伝わってきてますな。

 

で、いよいよその中身をのぞいてみると・・・

 

 

まけた「たぬき」が、ドーン!と、目の前に現われ、全体の上に鎮座ましましていて、勝者が敗者の影に隠れているという構図になっとります。おいおい?これは「負けるが勝ちさ!」という、東洋水産のN清食品に対する企業メッセージを含めているのか?という、うがった見方もできなくもなくもない。。。でもない(笑)

 

で、その勝者と敗者を融合させる「高度に加熱され、分子の活動が活発になった状態のH2Oという物質」(ま、つまり、お湯のことっすわ)が加わるとこうなります。

 

 

おおお!ここで一気に「敗者」を「勝者」が取り込む姿に変貌を遂げたような感じ・・・が、しないでもないし、しないでもないというほどのものでもないような気がしないようなするような(笑)。

 

さ、いよいよ勝負(食する)開始!その決定的な瞬間画像がこれ!

 

 

勝者が堂々と顔を出して「ドヤ顔」でこの私に勝利宣言してきたのです。その圧倒的な迫力に思わずたじろぎそうになったのですが、そこで負けるわけにもいかず、その勝者を私の身体に「ど~ん」と、取り込んだのでした。その時間、約7~10分。

 

はい、あっという間の出来事でした(笑)

 

ここで、結論。

 

キャンペーン企画は強い!!

 

こうやって、購入後もニュース(ネタ)となっていろんなところにその情報が飛んでいって・・・ね。もちろんいつかはこの情報も人々の記憶から薄らいでいくんだろうけど、少なくとも効果は「0」ではないはず。で、よくある企画は「リベンジ」ものとか「新たな戦いシリーズ」とかで続編を仕掛けるというもの。ま、それもず~っとやっちゃうとマンネリでイメージダウンになりかねないけどね。

 

生産ライン的には「A」の製造ラインに「B」の部材を載せるという工程さえ変更できれば出来上がるので、コストも新規MDのライン設置よりもかなりお安くつきそうだし。

 

この企画、次もやって欲しいなぁ~。次こそ「ミドリ」が勝って欲しいからね!

 

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

東芝のサザエさん降板のコメントについて

サザエさんと言えば、国民的番組であり、そりゃもうどれだけ視聴率が低くなろうが、ど

記事を読む

変わらないデザインで60年。スーパーカブの偉大さ

2017年10月、あのホンダのスーパーカブが、熊本工場の出荷にて通算台数1億台を突破

記事を読む

QOQってどう読むの?3Qo3Qってどういう意味?

QOQなんて用語が、最近の経済指標、事業計画書や決算書によく見られるようになりました。qoqなんて半

記事を読む

ZOZOTOWNの送料自由化でわかる人間性善説の可能性は、62%?

毎日いろんな記事を見ていて絶対に出てくるフレーズ、単語があります。そのうちの一つが「EC」という単語

記事を読む

YOYの意味って?MOMはどう読むの?

最近の経済指標、事業計画書や決算書にYOYなんていうアルファベットを見たことがある人も多

記事を読む

百貨店でアダルトグッズを販売?さて、その売上は?

先日、「びっくらこいた」ニュースを目にしました。   まぁ、僕もこれでもマーケ

記事を読む

今年の大晦日はこれで決まり!井之頭五郎が瀬戸内を巡る。孤独のグルメSP編が生放送。

大晦日と言えば「紅白歌合戦」と言われた時代。それが今は「絶対に笑ってはいけない」日となって久しいけれ

記事を読む

ヴィファーレン長崎をJ1昇格させた社長は、いつまでも夢を追う人

J2のヴィファーレン長崎が念願のJ1昇格を果たしました。この昇格劇の背景には知る人ぞ

記事を読む

サバ缶がサヴァ缶になった日

食欲の秋です。読書の秋でもあり、スポーツの秋でもあります。   で、この3つを

記事を読む

あの大ヒット企画「ガチャめし」が帰ってきた。その名も「ゆくガチャ・来るガチャ」

今年の夏。一つのヒット商品が、関西の高速道路、ところは「舞鶴若狭道 西紀SA下り線」で生まれた。その

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




ウルグアイ戦(コパ・アメリカ)の採点

それではウルグアイ戦の採点です。 GK 川島 7.5 不思議なもの

オリンピックチケット。当たるも幸せ、落ちるも幸せ?

2020年東京オリンピック、チケット抽選結果が6月20日に発表されまし

地元ブラジルでノーゴール判定!?命知らずな審判にある疑いが

ブラジルのゴールが3度も取り消し!という事がコパ・アメリカのベネズエラ

チリ戦(コパ・アメリカ)の採点

それではチリ戦の採点です。 GK 大迫 5.0 おお!?おおさこ!

日本人でまさかの禁断の移籍! 「時代はここまで来たか?」感

コパ・アメリカが始まるまさにその直前! なんと! 久保建英のレアル・マ

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券