*

4Pから4Cの時代へ

公開日: : 最終更新日:2017/12/30 ビジネス

変化が激しい今の世の中。何が求められて何が必要なのか?が見えなくなってきた世の中だからこそ、マーケティングの必要性は再認識されます。ただマーケティングは奥が深いし、その範囲も非常に広い。

そんなマーケティングの中には数字とアルファベットで組み合わされたセオリーが登場します。例えば3Cとか、5Fとか、3Rとか。その中でも最も有名なフレーズの一つが「4P」です。

その「4P」とは

・製品(Product)

・価格(Price)

・流通(Place)

・販促(Promotion)

の4つのPから始まる単語のこと。「どんな製品を、どんな価格で、どんな売り場(経路)で、どんな売り方をするのか?を決めていきましょう!」というものです。

もちろんこの4Pにはそれぞれに正当性がありますし、有効な場合も決して少なくありません。が、その4Pではなかなか今のマーケティングには対応できなくなってきました。

<Sponsered Link>



それは、この4Pが、すべて「売り手」の立場から発想されているからです。

「お客様は神様です」とは、旧く旧く遠い昔の国民的歌手のワンフレーズですが、その言葉が今ほど真実味を帯びている時代もないでしょう。

今や「顧客のニーズ」を無視したり、そうでなくて軽視するだけでも、そのダメージは非常に大きいものがあります。

そこで新しい4つの頭文字として登場したのが「アルファベット」が「C」です。そしてそのCはそれぞれ4PのPに対応しています。

・製品の(Product)に対応するCは、顧客価値のC(Customer Value)

・価格の(Price)に対応するCは、顧客にとっての経費(Cost)

・流通の(Place)に対応するCは、顧客の利便性(Convenience)

・販促(Promotion)に対応するCは、顧客とのコミュニケーション(Communication)

です。

非常に上手く対応していますよね?で、ここで気付くのはすべてCに顧客という単語が入っていること。つまり、PがProduct、製造者からの見方、立ち位置なのに対してCはCostormerのCの見方、立ち位置だということです。これも上手い掛詞となっています。

別の表現で言うと「プロダクト・アウト」から「マーケット・イン」への立ち位置の変更ということになります。

4Pから4Cへ。これは覚えておかなければならない概念でしょうね。

なお、注意したいのは、既にマーケティング論の中に3Cというものがあって、これはこれで有効なフレーズです。そしてこの3Cのうちの1つのCにCostomerが入っているので、少し混同し易い。注意しないと、4CってCostomerとCompetitorとCompanyと・・・「え~っと、あと1コ、なんだったっけ?なんてことになるので、ご注意を(苦笑)

サイドバナー




関連記事

YOYの意味って?MOMはどう読むの?

最近の経済指標、事業計画書や決算書にYOYなんていうアルファベットを見たことがある人も多

記事を読む

サバ缶がサヴァ缶になった日

食欲の秋です。読書の秋でもあり、スポーツの秋でもあります。   で、この3つを

記事を読む

アトリビューションを知らなかったらこうやって覚えよう

アトリビューションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?もともとは金融の世界の用語で、「~~~のお

記事を読む

図解思考の技術を身に付けると、世界がホント変わります!

図解思考という考え方をご存知でしょうか?これ、平たく言えば「文字よりも絵の方が理解し易いよ」というも

記事を読む

ZOZOTOWNの送料自由化でわかる人間性善説の可能性は、62%?

毎日いろんな記事を見ていて絶対に出てくるフレーズ、単語があります。そのうちの一つが「EC」という単語

記事を読む

10月31日は「コーチ」が「タペストリー」になる日

あなたはブランド品というものをどれだけ持っているでしょうか?ブランドモノの定義もある

記事を読む

台湾から生まれた?新しいメディアの形

目まぐるしい変化の幅が大きい今日。それは経済にも政治にもビジネスにも日常的に見られる

記事を読む

今年の大晦日はこれで決まり!井之頭五郎が瀬戸内を巡る。孤独のグルメSP編が生放送。

大晦日と言えば「紅白歌合戦」と言われた時代。それが今は「絶対に笑ってはいけない」日となって久しいけれ

記事を読む

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上げる」と言われながら、世間の景

記事を読む

百貨店でアダルトグッズを販売?さて、その売上は?

先日、「びっくらこいた」ニュースを目にしました。   まぁ、僕もこれでもマーケ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さ

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑