*

究極のセール「1円セール」は問題あり?

公開日: : 最終更新日:2017/12/30 ビジネス

どんな地域でも、どんな街でも、どんな場所でも、どんな店でも。そしてそれはリアルな店でなくても、例えばネットショップと言われるものでも「セール」という販売促進は行われています。

あなたも見たことがあるでしょう?赤い札や、赤い看板で「SALE」と書かれていたり「特別価格」とか洒落で「得値」とか書かれている看板やPOP広告を。

それでは、その「SALE」、いわゆる究極のものってのは何でしょうか?

究極のセール。おそらくそれはこういうものではないでしょうか?

<Sponsered Link>



「特別価格 1円」

これ以上安くなると「0円」になってしまうので、それはもう商品ではなくて、景品、オマケになってしまいます。ですので、販売商品としての究極の価格は「1円」なのでしょう。

「まぁ、話としては解るけれど、そんな安売りしてるわけないじゃん?」って?

いえ、それがあるんです。最近その「究極の安売り」で問題が発生しました。

愛知県のスーパーマーケットが、ライバル店の目玉商品の野菜安売り特価への対抗案として、主力商品の野菜6種類をなんと一週間もの間「1円」で販売したのです。これ、消費者にとっては大歓迎!まさにプチ天国のような「究極のSALE」。

これに公正取引委員会が物言いをつけたのです。

言い分はこうです。「採算を度外視した安売り競争は、公正で自由な価格競争とは言えない。独禁法は、仕入れを大幅に下回る価格設定など、周辺の他者の事業を困難にさせる過度の安売り行為」に該当するというもの。

安売りは消費者にとっては嬉しいのに。やっぱり国は消費者の邪魔をするんだ。と、思うのは少し早合点。

この法律の趣旨はこうです。

「例えば大手が長期間、採算度外視の安売りを続ければ、経営体力で劣る中小規模の地元業者などは撤退に追い込まれかねない。そういう撤退に追い込んだあとに、大手が独占の強みを生かして価格を吊り上げられたら、最終的に困るのは消費者でしょう?」と。

確かにね。これはかなり筋が通ってます。

ただ公取さんも世事にはそれなりに理解があるようで、この愛知県のスーパーの例だって「1日だけのセールだったらここまで言わなかったんだよ・・・」とのこと。

これって逆に言うと「お上」が「1円セール」を限定的にとはいえ、公式に認めたことになります。ので、アナタの近くの店で「1円セール」をやっていたのなら、それって1日だけの可能性が高いので、直ぐにお店に直行してください!(爆)

サイドバナー




関連記事

「トイザらス」と「祇園精舎」

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・

記事を読む

あの大ヒット企画「ガチャめし」が帰ってきた。その名も「ゆくガチャ・来るガチャ」

今年の夏。一つのヒット商品が、関西の高速道路、ところは「舞鶴若狭道 西紀SA下り線」で生まれた。その

記事を読む

アトリビューションを知らなかったらこうやって覚えよう

アトリビューションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?もともとは金融の世界の用語で、「~~~のお

記事を読む

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上げる」と言われながら、世間の景

記事を読む

10月31日は「コーチ」が「タペストリー」になる日

あなたはブランド品というものをどれだけ持っているでしょうか?ブランドモノの定義もある

記事を読む

NHKの勝ち?ワンセグ受信の受信料は支払う義務がある

TVワンセグ受信機能が付いている携帯電話は、受信設備といえるか?   &nbs

記事を読む

東芝のサザエさん降板のコメントについて

サザエさんと言えば、国民的番組であり、そりゃもうどれだけ視聴率が低くなろうが、ど

記事を読む

三越伊勢丹がまた閉店。業界人が語る、どうなる日本の百貨店!

百貨店と言えば? デパートと言えば?   誰でも思い浮かべるのはたぶんココでし

記事を読む

広告は何回目から嫌になる?ザイオンス効果はどうなってるの?

最近、仕事がらみである商品の事をかなり詳しく調べています。 当然今の時代、調べるの

記事を読む

4Pから4Cの時代へ

変化が激しい今の世の中。何が求められて何が必要なのか?が見えなくなってきた世の中だか

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さ

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑